マリーシア・ウエブ malicia web

私たちは1992年の結成以来
横浜F・マリノスを応援しています。

2階の目線 2階の目線2012

蘇る悪の華 0-0 鹿島(日産)
2012年3月31日 石井和裕

樋口監督のやりたいサッカーの一部が帰ってきた。中盤の底に中町を据え、4231の3の真ん中に中村大先生の。中村大先生には前で闘ってもらうシステムを導入。前の中村、後ろの中町。2人が前後でパス交換しながら少しづつ前にボールを進めたシーンは、この試合で最も樋口監督の意図するポゼッションを出来たのではないだろうか。60分過ぎに、膝の怪我の影響からか中町の運動量が減ると、中村大先生が後ろに下がってボールをもらいに来てしまうシーンも増えたが、それまでは、ほぼ樋口監督の意図する高い位置でのプレー。チャンスの芽は増え、ピンチは減った。柏戦で披露した、昨年までとは違う樋口スタイルを少し取り戻した。

「おお、行くのか!?」
「下げないじゃないか!」
兵藤のプレーはいつになく積極的。気遣いに優れたこの男は、中村大先生の動きによって出来た穴埋めに、前節までは終始していた。昨年もそうだ。しかし、中村大先生のポジションが固定されることで、兵藤のミッションも単純化。すると、いつもの弱気な後ろへのパスは激減し、攻撃的な姿勢で何度もチャレンジを見せる。

パスの出しどころがなく停滞したままに終わった鳥栖戦とは違い、選手たちにやりにくさが見えなくなった。これならばサッカーになる。

オリベイラは偉大だった。監督がジョルジーニョに変わった鹿島は元の鹿島になった。何度もファールを繰り返す。
「鹿島メルダ!」
「汚いぞ鹿島!」
「好い加減にしろ!」
ホイッスルがなると、皆、一斉に叫ぶ。
「でもみんな、楽しそうだなー。」
そう、汚い鹿島が帰ってきたのだ。悪が栄えてこそ正義は際立つ。鹿島はまさに、北関東に咲いた悪の華なのだ。この試合で鹿島が与えてくれたフリーキックは26。数も多いし悪質だ。加えて、ペナルティエリア内で頭を蹴られても副審が間接フリーキックにすらしないという悪運。悪の攻勢が強まれば強まるほど、スタンドは結束し手拍子は高鳴る。

鹿島は重症だという。中盤の連動性がみられない。フォワードが孤立する。それでも、たくさんの決定機を作り出し、飯倉が間一髪のところで防ぐ。トリコロールとの差は何か。それは、勇気と行動力だ。素早くバイタルエリアにボールを運び込む勇気、パスを出したらスペースに走って、新しいトライアングルをピッチに描く行動力だ。

勝てない2つのクラブの差は小さい。基本に忠実な分だけ鹿島に分がある、それ位の差だ。スコアレスなのは妥当。

「狙うのは山村だ。」
「奴を狙え!奴は怯えたイタチのような眼をしているぞ!」
「見たのかよ!?」
もう、汚い鹿島にスタンドは絶好調だ。

特に目を見張る活躍を見せたのは金井だ。外で中で、鹿島の攻撃に身体を張って防御する。動きを読んでカバーする。そして、ただ跳ね返すだけではなく、絶妙な身体の入れ方でボールを奪い取る。ボール奪取の度に何度も拍手が沸き起こる。谷口も本来は小椋のポジションで懸命に闘う。前後左右に動きすぎることなく、どかっと腰を据えてアンカー役をこなす。前節までは得点が欲しいがゆえに両サイドバックが同時に上がってしまうことが多々見られた。その度にボランチの兵藤がサイドバックのポジションに入ってカバーする。すると、本来の兵藤のポジションがぽかんと空いて、そこを突かれて大ピンチになるというシーンが見られた。それが完全に改善された。穴はない。

そうは言っても、最後の10分間、勝利を奪い取ろうという気迫を感じられたかというと、それは少し薄かったように感じる。それゆえ、試合終了のホイッスルがなると、声は2つに別れる。
「この鹿島に勝てなかったら、どこに勝てるんだよ!?」
「シュート撃たないとダメだろ!」
「よく走った!」
「よく凌いだぞ!」
拍手があればブーイングがある。だが悲壮感は漂わない。なぜなら、前節までと比べて、ハッキリと変化が現れているからだ。

ペナルティエリア内で、どうすればゴールを奪えるのか、まだ選手たちには共通のイメージを描けていないのであろう。サイドにパスを出した後、どうすればディフェンスラインの裏を取れるのかも確信がないのだろう。もっとディフェンスラインを高くするだけでもゴールへの距離は縮まるが、その勇気を持てるほどの自信もないだろう。でも、選手たちの表情と、試合後のコメントをみれば小さな手応えを感じているはずだ。

一歩前進勝ち点1。次に日産スタジアムでホームゲームを闘うときには、大きな飛躍を感じるはずだと信じたい。







感想・ご意見をfacebookへどうぞ。貴方の気持ちを仲間に伝え、情報を交換しましょう。




題字:書道家うどよしさんに書いていただきました。