マリーシア・ウエブ malicia web

私たちは1992年の結成以来
横浜F・マリノスを応援しています。

2階の目線 2階の目線2012

確かな手応え 2-1 札幌(日産)
2012年5月6日 石井和裕

札幌には河合がいる。「だからラッキーなんだよ。河合がいれば緩んだ試合をするわけにいかないだろ。」

河合竜二はトリコロールにとって特別な選手だ。トライアウトから這い上がり、連覇の原動力に。特にチャンピオンシップで古巣浦和から奪い取ったヘディングシュートのゴールは、トリコロールの歴史に残る名シーンだ。

連勝の後の下位との対戦となれば、舐めたプレーでの取りこぼし敗戦が心配される試合だが、このさいにかぎっては、その不安は不要だった。札幌を、最初から最後まで圧倒し続けた。失点は不運だった。他にピンチらしいピンチは砂川に裏へ抜け出されたときだけ。完勝だ。力強い手拍子は鳴り続けた。勝ちに飢え続けてきたスタンドは連勝では満足しないのだ。

序盤から再三再四、決定機を外し続ける大黒が、再び一対一を止められたとき、落胆と怒りがスタンドを一瞬、支配しかけた。しかし、そのとき、一羽のカモメッシがボールを掠め取り、そこに中村大先生が登場する。振り抜いた左脚は、正確に選手の間を射抜き、フィールドプレーヤーではクリアできない高さでゴールネットを揺らす。力づくで奪い取った一点だ。

この一点は、今年のクラブの底力を示した。キャンプに失敗しで遅れたものの、やろうとしているフットボールが誤りではないこと、樋口監督の考えにブレがないことを示している。
「俺たちは強いぜ!」
天に向かって叫ぶ。まだ同点であるのにもかかわらず、三連勝を確信する。

何時の間にか、リーグ序盤の課題が解消されている。両サイドが上がりっぱなしで足を止めることはなくなった。ふわりとしたクロスよりも、サイドから中にドリブルで切り込んで行くスタイルが優先されるようになった。トップしたにポッカリと穴が空くことも珍しくなり、ボールはスムーズに流れている。これに戸惑っている。これまでm私たちのクラブは、スタートは良くとも夏頃から、次第に調子を落としていくことが常だった。しかし今年は逆だ。どん底のリーグ序盤から、一つずつ階段を登っていくように、問題が改善されていく。攻めのスピードが上がり、決定機が増えていく。こんなシーズンはなかなか無い。毎試合、変化が楽しみだ。

変化していくクラブの姿の一方で、変わらないものもある。日本人は伝統的に型を楽しんできた。代表的なのは歌舞伎。お約束の型を美しく披露することに観客は熱狂する。テレビの時代劇もそうだ。誰もがわかっていることだが水戸黄門は最後に印籠を、決まったポーズで見せる。そこに変化はない。しかし、日本人はそれを求めてきた。ジャイアント馬場の16問キックも型の一つ。命中すれば試合は終わる。

そんな型の一つが谷口のヘディングだ。それはニアサイドのヘディングに限定される。ファーサイドのヘディングシュートをポストの左に外した直後、今度はニアサイドをズバリと決める。そのフォームは一見、不合理だ。ゴールに少し背中を見せる半身の体制で、尻を大きく突き出す。それでいて上半身を大きく振ってボールをゴールに叩き込む。この不思議なフォームは、かつての「顔面戦士」小村に少しばかり共通項を感じる。頼りになる空中兵器だ。

興奮を維持し、安心をもたらす残り時間の使い方も今期の進歩。コーナーキープでは数秒しか使えない時間を、こうしてゆっくりと料理する。そして、あわよくばゴールを奪おうとゴール前へ。実に素晴らしい。一試合ごとに力強さを増していく。メンタルの強い選手たちが増えた。前へ進もうとする意識を感じる。このクラブは、ここ数年の停滞期を乗り越えて、飛躍の季節に入ったのかもしれない。







感想・ご意見をfacebookへどうぞ。貴方の気持ちを仲間に伝え、情報を交換しましょう。




題字:書道家うどよしさんに書いていただきました。