マリーシア・ウエブ malicia web

私たちは1992年の結成以来
横浜F・マリノスを応援しています。

2階の目線 2階の目線2012

想いのリスク 2-0 浦和(熊谷)
2012年12月15日 石井和裕

試合開始前は日差しが暖かかった。試合中は熱気が寒さを忘れさせてくれた。そして試合後、待てど暮らせどやってこないバスをじっと寒気の中で待ち続ける時間、それでも大声で騒いだり暴れたりしないでいられるのは、この試合が今期一番の完勝であったから。リーグ最終節の鳥栖戦も完勝だったが、この日はさらに高いレベルで浦和を完封した。そして、急遽の出場となった狩野の2ゴールに絡むサプライズプレー。数ある天皇杯会場の中で最悪の運営と定評のある熊谷でも、心を広くしてバスを待っていられる。

秋から冬にかけて完成度を急ピッチで上げているトリコロールの選手たちの連携は、いつも通りに冴え渡る。休むことなく繰り返される前線からの守備は、短時間でのショートカウンターに繋がる。攻撃的な守備で浦和を混乱させる。
「いいか!2と6と13を狙え!」
「2と6と13は下手だぞ!」
「解るだろ!2と6と13は下手だ。全体の1/3は下手なんだぞ!!」
浦和が最後尾からパスをつなぐサッカーをやるには、この3選手は技術が低い。前から追い込むのであれば、この3選手にプレッシャーをかけるのが手っ取り早い。リーグ戦と同様に、これらの選手のミスを誘発しチャンスを創る。序盤から主導権を握る。

リーグ戦との違いは浦和の方にある。負ければ田中達也が退団のラストゲーム。そんな事情は、本来はカップ戦を闘う上では不要なことなのだが、不運なことに浦和は監督が手術のために帰国。代わりに堀コーチが指揮を執っている。いや、不運なのではなく、監督がカップ戦を投げ出し、タイトル奪取よりも御涙頂戴のストーリーを浦和が追い始めた時点で。この勝負はついていたのかもしれない。勝負に情を持ち込んだ。

元々、浦和はクリーンな奇麗なチームというわけではない。それでも序盤からのファールの連発は異常な選手のテンションを感じさせる。タッチを割ったと執拗に繰り返し副審へアピールする槙野の心理状態は、どうみても正常とは思えない。
「これはついているぞ。」
私たちには特別なことは必要ない。

「出た!出た!」
「槙野!出たよ!!」
まだタッチラインから1メートルほど内側でドリブルする槙野に声が飛ぶ。先ほど3度にわたって「出た!出た!」と副審へ抗議を繰り返した槙野へスタンドからの報復だ。見苦しい抗議には恥ずかし目を受けてもらわなければならない。

そんなムードの中で浦和の選手たちは、勝手に平常心を失っていく。宇賀神が判定に抗議してボールをピッチの外へ。
「カードだ!」
「馬鹿野郎!!」
「あいつ馬鹿だな。ボール動かすにしてもピッチの内側に蹴れば良いのに、外に蹴り出したらカードだろ。」

その直後、ユウジーニョは、浦和の乱れた宇賀神のサイドを取り逃がさなかった。兵藤がスペースに走りながらボールを受ける。
「えっ?パスかよ!」
ゴールまで一直線に見えたが兵藤は外のユウジーニョにパス。自らはゴール前に走る。ユウジーニョはタッチライン際をドリブル。悪い山田をショルダーチャージで吹っ飛ばすと、悪い山田はユウジーニョを掴んで倒しにかかる。それでも、それを我慢してボールを前に運び、倒れ込みながらも槙野の股を抜くパス。そこに走り込んできた狩野が迷わずグランダーでクロス。中に待っていた兵藤がゆっくりとボールをゴールに流し込む。力強くて美しいゴールはスタンドを沸騰させる。そして浦和の守備陣が見苦しいのが、またよい。
「よーし決めた!!」
「うぉー!!!」
「もらったぜ!」
膝の上に乗せていたブランケットも吹っ飛び、仲間と跳ねながら手のひらを合わせる。

浦和を攻守に圧倒する。トリコロールのユニフォームが枯れた芝の上で躍動する。浦和のチャンスは1つだけ。しかし田中達也が、とんでもないミスキックでふいにしてしまう。
「やっぱり、田中達也は、もうJ1レベルじゃないんじゃないか?」
田中達也は、残念だが他の選手の心理状態を乱し、自らも精彩を欠く。浦和にとっては負のスパイラルが生まれている。

一方、トリコロールのユニフォームを着る選手の中に、一人だけゲームに乗り切れていない選手もいる。それは狩野だ。確かにアシストをした。しかし、守備が甘く穴をあけてしまう。そして、攻撃では他の選手よりも動きだしが遅い。だから、狩野の前をギリギリで届かずにパスが通過する。そんなシーンが前半だけで3度。
「せっかくのチャンスなのだから、もうちょっと頑張らないと。」
それが、前半終了時の狩野の評価だった。

後半が始まる。前半と同様に主導権を握る。唯一、難しい守備の局面になるのは左サイドの金井の左右に浦和の選手がポジションをとって、そこに、もう一人の選手がドリブルで突っかけてくるときだ。要は、狩野のところをスルーして選手とボールが金井に襲いかかてくるシチュエーションだ。そこで金井は簡単に飛び出すことなく、中の選手へのパスを奪い取ることを意識しながら外の選手のケアを行なう見事なポジショニングで対応。そこへ富澤が助太刀に入る。失点はしないものの、富澤が下がってきてしまうと攻撃の枚数が不足する。狩野のアリバイ守備では、このサイドは持ちこたえられないかもしれない。

その不安は追加点で消える。決めたのは狩野。狩野のよさを思い出すことが出来る見事なゴールだ。狩野は静岡学園から入団。一年目は出場機会がなかったが2年目は岡田監督に抜擢を受ける。ナビスコカップのガス戦とリーグのガンバ戦で連続してゴール。なぜかボールがこぼれてくるところを察知して、軽くゴールに流し込むゴールだった。そのとき狩野は不振の岡田マリノス4年目の救世主となった。この日の熊谷でのゴールは、それを思い出す。

金井からスペースに出た縦パスを後ろから巻き込むように左足で弧を描いて軽くインパクト。ボールはゆっくりとゴールの右隅に転がっていく。
「決めたぞ!!!」
「やったぞ!!」
「狩野だ!!」
「狩野だぞ!!!」
そのときのスタンドは、まさに蜂の巣を突いた騒ぎ。騒然とする。
「勝負したな、狩野!!」
崖っぷちでの急なチャンス到来が、狩野に積極性を取り戻してくれた。そして、不思議なことに、このゴールの直後から、守備でも積極的で責任感あふれるプレーを繰り返すようになる。
「いいぞ狩野!!」
「ナイスプレー!」
守備のアプローチにも賞賛の声が飛ぶ。

終盤に足が止まり、なんどか苦しい展開。特に、サイドを崩され、バイタルエリアにグランダーのマイナスクロスを入れられる展開は肝を冷やす。ここで狩野に代えて谷口。
「納得の交代だ。」
選手交代で浦和の勢いを止める。そのまま試合終了まで持ち込めるかと思ったが、ここでアクシデント。ユウジーニョの足が攣ってしまう。

「おっ、もう交代選手は準備できているみたいだぞ。」
「もう小野は動けないから、すぐに入れろ。」
といっても、そうはいかないのが樋口采配だ。
「え〜何を説明しているの?」
「この状況じゃ説明いらないだろ。」
「動けないんだから、まずは入れることが先決なんじゃないのかよ。」
いつまでもベンチ前での説明が終わる気配はない。
「頼む、頼むから早く入れてくれ。」
比嘉がピッチに足を踏み入れたときには、もう、時計の針は90分になっていた。

ピッチに入った比嘉は、いきなり挨拶代わりに迫力あるヘディングの競り合い。それだけで拍手がわき起こる。
「いいぞ比嘉!」
「そうでなくっちゃ!!」
「よーし行け!比嘉!!」
しかし、次のプレーでアクシデント。比嘉がバックチャージ。これに激怒したポポが比嘉の胸を突いて怒る。
「おいおい!手を出したぞ!退場だ!!」
私たちは怒っているのだが、どうしても顔がにやけてしまう。確かに手を出せば退場になるはずだ。だが、そのきっかけを作った比嘉のプレーは、明らかにダメなプレーだ。
「あれやられたら怒るだろうなー。」
「あれは無いわ。」
「っていうか、比嘉、面白すぎるぞ、二連発で。」
カードを出せというアピールは、いつの間にか比嘉が面白すぎるという話題になっている。
「おいおい。あいつ黄色かよ。え?比嘉にはカードが出ないのか!?」
「ねぇ、もしかして、樋口監督の長い話は・・・これをやれって指示だったのでは・・・。」
「怒りだしそうな相手の優先順位を説明していたとか。」
「これは新しい逃げ切り策だぞ。」
「いや、も〜しこれが樋口さんの指示通りだったら樋口さんは名監督だぜ。」
「これから、この作戦は使えるんじゃないか。だって、リーグならカードが出たとしても4試合はこのパターンでやれるってことだぜ。これやられたら、相手は怒るだろー。」
などと話をしているうちに試合終了。
「素晴らしい試合だった。」
「最後の最後に比嘉には笑わせてもらったし。」
「狩野はよくやったなー。」 

他会場の結果を見ると、やたらとゴール数が多い。しかし、本来のカップ戦制覇の定石は守備を固めること。リーグ戦と比べてゲームに面白さは求められない。1-0で勝てればよいのだ。その観点で言えば、私たちは最も優勝に近い闘いを出来ている。そして、リーグ戦上位のクラブは既に敗退している。私たちは間違えなく本命に浮上した。
「ACLなんておまけだよ。俺は、ただ天皇杯の王者を奪還してほしい。」
「タイトルを穫ろうよ。」
「あと3つだぞ!」
「優勝するぞ!!」
ピッチ上の嬉しそうな選手たちに声援を送る。

そして、待てど暮らせどやってこないバスをじっと寒気の中で待ち続けることになる。







感想・ご意見をfacebookへどうぞ。貴方の気持ちを仲間に伝え、情報を交換しましょう。




題字:書道家うどよしさんに書いていただきました。