regend
Jリーグ・超高校級列伝

1992年のプロ化以来、金の卵と称されてプロの扉を叩いた有望株が数多くいた。しかし、その全てがプロとして大成したわけではない。刻み込まれた超高校級の歴史。その記憶をここに留めよう。 

山田隆裕(横浜マリノス)
清水商業では超高校級と呼ばれ大活躍。ルーキーイヤーの天皇杯決勝戦で豪快なゴールを決めるなど順調なスタートを切った。日本代表でも1試合出場し、比較的大成した選手ではあるが、そのポテンシャルを持て余した印象が強い。アジア・カップウイナーズ・カップ決勝戦でサウジアラビアの選手を殴るなど、メンタル面での問題が原因と言われている。引退後はOB戦で日産スタジアムに凱旋。激太りした顔が、元女性ファンに悲鳴をあげさせた。

財前恵一(横浜マリノス)
野田知とともに室蘭大谷で大活躍。全国選手権ベスト4進出に貢献し超高校級と呼ばれた。当時、日本リーグの日産自動車にプロ契約で入団し、大いに期待されたが、度重なる怪我に泣き、目立った活躍をすることはできなかった。三ツ沢球技場のこけら落としゲームで木村和司を差し置いて、背番号10を背負って先発出場をしたのが、最大の晴れ舞台だった。

田原豊(横浜マリノス)
名門・鹿児島実業で活躍。恵まれた体格から繰り出す豪快なプレーで超高校級と呼ばれた。高校時代から練習嫌いで知られ、その成長が懸念されたが、予想通りに伸び悩み、放出された。ルーキーイヤーにサポーターが勤務するパチスロ店に頻繁に出入りするなど、私生活に問題も多かった。京都移籍後は二部練習の合間にタクシーで街に繰り出そうとしたところ、運転手に説教をされて断念するなど、常識はずれのエピソードには事欠かせない。

安永聡太郎(横浜マリノス)
清水商業で活躍しユース代表の一員として超高校級と呼ばれた。アトランタ五輪予選にも招集されるなど順調な成長を見せるが、Jリーグでの初ゴールまでの道のりは田原以上に長かった。スペイン二部での活躍後に不摂生がたたり、また、自由奔放発言がチームに波紋を呼ぶことも多く次第に出場機会を失い30歳で若くして引退。

森崎嘉之(ジェフ市原)
市立船橋で大活躍し全国選手権優勝に貢献。得点王となり超高校級と呼ばれた。プロ入り後は、まったく活躍ができず、門限破り、飲酒による体調コントロール不能などが原因として報道された。「超高校級の象徴」として、現在でも記憶に残る選手。

小松晃(ヤンマー)
日本サッカー史の伝説的な超高校級選手。全国選手権ではキックオフ直後の約50メートルのロングシュートを決めるなど、豪快なシュートで期待され、当時は「釜本二世」と呼ばれた。現役高校生ながら国際Bマッチにも出場。

羽中田昌(---)
交通事故で選手生命を絶たれた悲劇の超高校級選手。韮崎高校時代は全国選手権2年連続の準決勝に貢献。主力選手として活躍するが、卒業後にオートバイの事故で下半身不随となる。その後、指導者への道を志し海外留学。S級ライセンスを取得した。

高田昌明(横浜フリューゲルス)
市立船橋高校で頭角を現した超高校級MF。バルセロナ五輪最終予選で総監督に就任した横山謙三が世論の反対を押し切ってボランチとして起用。現役高校生には荷が重すぎたため、すっかり芽を潰されてしまった。



confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK