message
キャンペーン

格差社会を理解しようキャンペーン
生活格差は大きな社会問題となっています。

格差はちょっとしたところから生まれます。
全てが中流と思われていた時代は過去のもの。今の社会では、同じ横浜市に住んでいても、至る所に格差が生じています。それは、ちょっとしたファションの色選択だけでも、あなたの社会的ポジションを左右してしまう恐ろしいものなのです。

「格差は能力の差」という考え方。
ある人材派遣会社の社長は「格差は能力の差」という発言をしました。残念ながら、それは現実にサッカーの世界では当てはめることができます。「市民クラブ」として最初の一歩を踏み出したはずが、関係者同士の内輪もめを繰り返すことで経営に破綻をきたし、「日本社会において市民クラブの成立は難しい」という悪しき事例を作ってしまったことが、横浜における大きな格差を生み出している一因です。この格差は「能力の差の結果」であるということを関係者は認めなければなりません。

格差は不幸を生み出します。
横浜における格差社会は2007年2月16日に「能力の差」の結果として噴出しました。なんと、横浜ダービーマッチのチケット発売初日にホーム側ゴール裏チケットが最後まで売れ残ったのです。日本の格差社会が想像以上に重大な問題であると社会が認識した大きな事件となりました。

格差で差別が行なわれ、ますます格差が広がっています。
格差を理由に不当解約が行なわれるなど、悪質な例が生まれてきています。
・デートの誘いを断る。
・セクハラの告発をしたことの報復としての解約。
・ネクタイの色を理由に減俸。

・水曜日ナイトゲームの日に残業を強要。
・海外出張の際に使用駐車場を指定
・セクハラを強要された上に使用ホテルを指定
・他社の内定を断らせてまで採用したのに中途解約。

・気に食わないから、正当な理由なくして解約。

格差は急に生まれたものではありません。
すでに20世紀から格差は生まれていました。横浜ダービーマッチにおいてフリューゲルスは人文字を表現しようとしましたが、フリューゲルス側ゴール裏2階席に横浜市民が寄り付かず、結局は人文字を披露することができなかった、という史実もあります。

格差を埋めて幸せな社会を創りましょう。
格差社会を解消し社会構造を大きく変化させる必要があります。格差社会解消を目的とした運動が街頭で展開されるケースもあります。商店街から水色が消えてしまった例も報告されています。また、スタジアムでも格差解消を求めて水色を消し去ることが行なわれています。






confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK