reference マリーシア アウエー遠征旅行保険
仙台遠征に関する保険

不安なアウエー旅行に行く際には、ぜひアウエー旅行保険をご利用ください。きっと、最悪の事態を免れる事が出来るはずです。もし万が一、酷い試合にアウエースタジアムで遭遇しても「保険を用意しておいてよかった。」と胸を撫で下ろす事でしょう。

仙台遠征には、「牛タン」だけではなく「海の幸」でもリスク回避を。
●牛タン保険 ●牡蠣保険 など

東京から新幹線往復+牛タン店がパッケージチケットで発売されているなど、仙台は身近なアウエー旅行として人気がある。ただし、仙台スタジアムが地下鉄駅から徒歩圏にあり交通の便に恵まれているが故に、無計画に臨むと、試合を見る以外に何もせずにアウエー旅行を終えてしまう事もある。それは、あまりに危険だといわざるを得ない。

まず、仙台といえば誰もが牛タンを思い浮かべる。有名、無名の専門店が軒を連ねる。駅ビルにもイートインショップがある。最近では東京に支店を進出する店も出てきたいる。しかし、正しい知識を身に付けておかなければ、試合での惨敗並みにダメージを被る事もありうるのでで注意が必要だ。マリーシアが保険としてお進めするのは伊達の牛たん。肉の厚み、味付け共に最高レベルだ。そして、数あるメニューの中でも「極厚芯たん」だ。柔らかでジューシー。この数量限定の貴重な肉を、マリーシアメンバーはおかわりするという暴挙に出た事すらある。

試合後に宿泊する場合は市内の安いホテルに宿泊する事も手だが、海に、山に、絶好の宿泊地があるので、そこを保険として押さえることができれば、試合中に何が起きても心配不要となる。山は秋保温泉。まずは、豪快な風呂とロビーの吹き抜けが大胆な伝承千年の宿・佐勘。女性に人気のある宿で、日帰り温泉も人気だ。そして、日本の旅館の中でも人気上位にランクされる名宿の一つ、茶寮宗園。その空間に脚を踏み入れるだけで心が解放されるくつろぎの宿。仙台牛のステーキは絶品。ただしオリジナルの日本酒を頼むと目が飛び出るような請求が来るので注意が必要だ。海は松島一の坊。日本三景の一つ、松島を望む絶好のロケーション。

仙台では海の幸も忘れてはならない。代表的な食材といえば牡蠣。かの有名なかき徳は牡蠣づくしのコースメニューが絶品。ランチのかき丼は牛たんよりも価値有りという声も。予約が必要な店なので注意が必要だ。ウエブに残されたノロウイルス戦記は涙を誘う。他に牡蠣の美味い店といえばかき鮮 海風土がある。居酒屋、寿司屋、オイスターバーをミックスしたような業態の店舗で、各地の牡蠣を食べ比べる事が出来る。このあたり、まさに仙台海上保険といった感じだ。

さらに仙台から電車でわずかに15分。寿司の街・塩竈に脚を伸ばせば、どんなリスクも回避できるだろう。特に、この街の寿司屋でお勧めなのはすし哲。マグロのかまや秋刀魚がお勧め。超人気店なので必ず予約が必要だ。近くの魚屋では東京や横浜まで持ち帰り出来るように魚を梱包してくれる。安くて美味いマグロを買える。

仙台駅で仲間と待ち合わせをするならばずんだ茶寮がおすすめ。同じ名前のスイーツ販売店は最近、東京や浦和にも複数店舗が開業しているが、この仙台西口店はイートインショップ。ずんだシェイクやずんだあんみつを店内で楽しむ事が出来る。ほろ苦い試合の思い出も、きっとほんのり甘く包んでくれるだろう。


さて、万全の保険をかけたら大丈夫。勝っても負けてもアウエーは楽しい。



confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK