malicia witness 2階の目線2007
Jリーグヤマザキナビスコカップ 07-08シーズン Bグループ

3月21日 大宮アルディージャ  三ツ沢球技場

試合前に知ったディフェンンスラインは水沼スタイルの田中裕介、那須、中沢、栗原。しかし、試合が始まってみれば5分と経たずに解る。田中裕介、那須、中沢、栗原・・・その前に、ディフェンダーとして松田が陣取る変則の5バック。昨シーズンに光明を見いだした4バックとは似て非なるものだった。

左サイドの攻撃は山瀬と上野が食い止める。田中裕介も前への守備の意識が強い。ところが問題は右だ。栗原の前のスペースは広大に広がり、そこに送り込まれるサイドチェンジのボールやドリブルには対処のしようがない。もちろん、本来であれば対処ができるのは当たり前だ。しかし、そこを埋めるはずのマルクスは動きが緩慢。もう1人の松田は、ボランチとしてどのように振る舞えば良いのかが判っていないようだった。

松田に罪はない。

ボランチが何であるか、理解途中のベテラン選手を出場させる監督が悪いのだ。そして、松田の要領を得ないプレーに指摘をする選手もいなければ、ポジションチェンジを要求する選手もない。松田はボランチではなくディフェンダーとしてプレーした。

彼は、それほどまでに特別なのだろうか。誰もが触れてはいけないアンタッチャブルなのか。そして、慣れない「ボランチ」に急遽コンバートしてまで出場をさせなければならない理由は何なのだろうか。しかも、ボランチとしてのプレーができないことは練習で見抜けなかったのだろうか。それとも、そんな松田を出場させて結果を得る見込みが立つだけの秘策があったのだろうか。

右サイドをドリブルで駆け上がった波戸(トリコロールでは散々年俸でごねておきながら「ポジションがない」と弱音を吐いて逃げ出して行った男だ)は余裕をもってクロスを入れる。そこにノーマークの小林大悟がヘッドで合わせて失点。まるで練習のようなゴールだった。
「そりゃ、あれだけフリーにすれば、いくら波戸の左脚だって良いクロスを入れるよ。」

攻めに守りに2人少ないも同然のトリコロールには、ゲームの主導権を奪い取る力はない。やっとプレーをする人数が11人となり、那須がボランチに戻り、清水が流動的なトップ下のありかたを披露することで、やっとゲームは拮抗する。しかし、この11人vs11人の時間は、あまりに短すぎる。
あっという間にロスタイムは消費され、試合終了に言葉を失う。バックスタンド前にやってくる選手たち。今、目の前でうなだれている彼らは、最後の最後に闘っていた。ブーイングすることもできず、ぱらぱらと拍手の音がする。ゴール裏へ向かった彼らを迎えたのはブーイング。ただし、その音も迫力なく、この泥沼の深さを、どのようにサポーターが理解すれば良いのか、何か悩みながら、一人一人がスタンドから選手を見つめているようだ。

「早野は想像を超える馬鹿だった。」
「だいたい那須ボランチなんて気が付くのが3試合遅い。」
口々に不満を述べながら、重い足取りで坂を下りる。

三ツ沢試合後の定番、東急ハンズ裏のアイリッシュパブ「グリーンシープ」へ行ってみると、AFCチャンピオンズリーグの生中継を上映している。2000人の浦和サポーターが向かったというシドニーのスタジアムで、試合開始2分にシドニーがファインゴールで先制。23分には、極めて誤審っぽい、本来であれば存在しないはずのPKで追加点を挙げたときには「今日が良い日になるかもしれない」と、皆の機嫌が回復しかけた。しかし90分を終わってみれば2−2の引分け。どう考えても、今日は悪い日。最高潮の酔っぱらい達で溢れるドンキホーテ前を足早に通り過ぎ、横浜駅で解散した。

翌日、マリノスタウンへ行った仲間によれば、榎本哲也の飛び出しで失点。マイクは大学生のディフェンスに苛立ち、吉田と小宮山は好調のようだったのだそうだ。


今日のポイント

● 好守復活した高桑。
● 意図した守りができていないので右サイドは攻守の切り替えが遅い。
● 「トレーニングの40%のパフォーマンンス」と評した早野監督。
 100%がどれくらいなのかは、きっと本人にしか判らない






confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK