malicia witness 2階の目線2007
J1リーグ 07-08シーズン

4月7日 柏レイソル  日産スタジアム

主役は早野だと思われた。始まってみると、主役は田辺宏司主審に取って代わられた。しかし、最後の最後に主役となったのは、まったく枠にボールを飛ばすことができず17本もの無駄打をし続けたトリコロールの選手たちだった。あれでは勝てない。
「典型的な消化不良の試合だったな。」
油断からの2失点。佐藤由紀彦にまでゴールネットを揺らされ、昇格3チームに3連敗。しかも、全てが、この横浜の地でだ。
「後半なんか審判は関係ないじゃないか。」
「枠に撃たなきゃゴールなんて生まれないよ。」
「どうせ、選手は審判のせいにするんだろ。余計な言い訳を与えちゃったよ。」
「試合中の修正が利かないからなぁ。」
「今年のリーグは、今のところレベルが低いんだから、ちょっと頑張れば上に行けるのにさ。」
虚しさだけが残るスタジアムには、壁に柱にトリコロールが彩られている。それはそれでクラブの意気込みを感じるものだ。しかし、サッカーはフロントがやるものでも監督がやるものでも、はたまた審判がやるものでもない。もちろんサポーターは声援をおくり見守るしかない。やるのは選手だけだ。今は、選手が全力を出し切るしかないのだ。試合開始直後のプレーをやり続ければ良いだけのことだ。

試合直後にアップされた中沢のblogを見ると、同じようなことを考えているようだった。


今日のポイント

● なぜマイクは試合に出続けられ、鈴木はベンチ外なのか。
● 自由にやらせ過ぎたアルセウ。
● 飛ばし過ぎた上にゴールが奪えなかった前半の猛攻。
●前からの守備はしっかりできてきた。
●2階の風船を割る機会は今回もあった。
●結局水沼路線に回帰。


今日の査定
石井和裕

こんな凄い試合を見れるなんてラッキー。自慢できるよ。

田辺宏司主審のロスタイム

5

アルセウが全てを拾う

300

ぬか喜び

400
南にかけるプレッシャー
100

早野監督紹介のブーイング

200
大騒動
3000
4005

今野隆之

選手も切り替えができなかったかもしれないが、「帳尻合わせろ」などとはやし立てていたスタンドも切り替えができなかった。映像で確認するまで判定の真相を知らなかったとはいえ、チームもサポーターも、みんなで受け止めるべき敗戦だ。選手はシュート精度の向上に励み、サポーターはスタジアムに通い続けるんだ。そしてさっさと忘れよう。

まず守備の立て直しを

-300

打てども打てども枠に飛ばず

-300

誰よりも目立った主審

-300
しかしかなり帳尻合わせてた
200

多数の柏サポ来場

500
-200

なかむ〜

確かに判定は酷い。しかし、気持ちを切り替えて、決めるべきところを決めれば、勝ち点1は拾えたはず。 何はともあれ、田辺主審はインドネシアリーグに派遣でよろしく。

基本給          

100

改善されてきた内容

500

改善されないシュート精度

-100
改善されない下らない失点
-100
改善する術がない監督
-300

拙い田辺主審

-1000
-900

stan

力不足。

監督紹介

100

詰まらない失点

-500

大島ファールでゴール取り消しのゴタゴタ

-500
退いてくる相手への対処
-500

抉じ開けられない

-500

詰まらない失点

-500

田辺主審

-300
中原副審
-300
昇格チーム相手に3連敗
-1500
-4500






confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK