malicia witness 2階の目線2007
J1リーグ 07-08シーズン

4月14日 ジュビロ磐田  ヤマハスタジアム

全てをなかったことにしたかった。磐田駅から浜松駅に移動し、寿司屋に飛び込んでやけ食いする。会話は弾まないが、寿司は食う。それは言い訳作りだ。
「鰻と寿司を食べに浜松まで行ってきた。」
そう、月曜日に勤め先で言うためだ。更に帰宅後に食べるために白焼きを買う。畜生、呑んでやる。

試合を終え、重い足取りでゴール裏にやってきた選手たちを迎えたのは沈黙だった。今日の90分間は重たい。中には
「お前ら、ぜんぜん勝負していないじゃないか!」
という声も混じってはいたが、現実が厳しいのは誰もが分かっている。それを解決するのは選手たちだということも、みんな理解してきた。だとしても、あまりにベンチの策は非情だ。

活躍した若手を連続起用するというのは、ほぼセオリーとなっている。しかし、それができない。斉藤の出番は最後までなかった。サイドからのクロスが効果的でないことをベンチが嘆くのはよくわかる。太田のドリブルを止めたいのもよくわかる。そこで打った手は田中裕介の前に小宮山を固定するという手段だ。なんと単純な発想なのだろう。

早野は自ら左サイドに蓋をした。

前後の動きも左右の自由も失った田中裕介と小宮山。硬直化したトリコロールの間隙を縫って、磐田は、さらにゲームの支配を強める。運動量の落ちたトリコロールは瞬発力も判断力も創造性までをも失う。「乾が自信を失っているので遠征メンバーから外した」という新聞記事が掲載された。それは早野のリークだろう。彼には試したいことがあったのだから。

序盤の坂田の突破は光明を見せた。左サイドから切り込んで角度のないところからのシュートは枠を捉える。その坂田も、後半にはスピードを欠き競り合いに負ける。
「ここで頑張れよ!」
しかし、明らかに疲れてキレを失っているのは明白だ。
前半終了間際に「ここへ出せ!」とスペースを指差しながら自らが走らずボールだけが点々とした。フリーでのシュートは余裕を持って左脚。後半には、自らの目の前、右側を味方が裏へ抜け出し、パスさえ出れば1点と思われた瞬間に切り返し、左へボールを振り出した。この大島のプレーも疲れによる判断力の低下、なのかは判断に困るが、全ての選手に覇気がなかったことは事実だ。

守備で勝ちを拾ってきた。しかし、この試合では生命線の前線守備が機能しない。囲むことはない。奪いにいくことはない。ただ、なんとなく前に立ってコースを消しているかのような動きをするだけ。だから、簡単にパスを回される。ボールはフィールドを大きく動く。ワンテンポ遅れて追いかけるトリコロールは疲労する。焦りが加わり、後半は中距離から無理な体勢でシュートを放つばかり。全てが悪循環にはまっている。

帰りの会話は弾むはずがない。

「きっと早野のことだから、左の中盤で小宮山の能力を試してみたかった、とかいうことなんだろ。」
「試すなら練習で試してくれよ。」
「せいぜいサテライトでやってくれ。」

新幹線の中でコメントが携帯に表示される。

「小宮山は一週間前から二列目で試したいと考えていて」
みなで嘆く。
「そんな素人の予想通りのコメント出すなよ。」
「オレ的には、もう早野は終わりだな。」
「選手は疲れているよ。それを頑張り切れって言ったって無理があるよ。少しは監督が助ける方法を考えてあげないとさぁ。」

あまりに重い。

「もう、このカードはエコパではやってもらえないのかなぁ。」
空席の目立つスタジアムで、私たちは言葉を失った。あの脱力感は「なかったこと」にはできない重さがある。今でも心に重みが残っている。


今日のポイント

●「鈴木ハンド」を抗議した鈴木秀人。面白かった。
● 西、前田、カレン、上田、田中が不在の磐田に完敗。
● 教科書のような中山のオフザボールの動き。
● かなりおまけしてくれた家本主審。



今日の査定
石井和裕

アウエーでの最上級に悲しい試合だ。

ディフェンスラインと駆け引きする中山

500

山瀬はプレー続行

50

興味津々山瀬弟のドリブル

100
650

今野隆之

水曜日のナビスコ大宮戦でどれだけ走ったかはこの目で見ている。コンディション面の責任は全面的に監督にある。それでも敢えて言う。勝敗以前に、「疲れてんだからしょうがないじゃーん」という雰囲気がありありと漂っていたのは悲しかった。40歳を目前にした中山から学ぶことはたくさんあるはずだ。早野はもう査定項目に入れない。

クレバーかつ泥臭い中山のプレー 

1000

晴れた

300

小宮山に責任はない

200
1500

なかむ〜

疲労困憊覚悟で固定メンバー制を選択した監督のチーム管理能力はそれで問題だが、選手は選手で、起用されている以上は疲れていてもファイトする必要がある。主力の居なかった昨日の磐田にあの体たらく、このままでは残留すら怪しい。

固定メンバーで疲労困憊        

-300

疲れると小手先の技術に走る選手       

-300

小宮山を投入して中盤を機能不全にした謎采配

-300
時間と空間が無いと何もできなくなってる隼磨
-100
FWの役割をしてた坂田           
100

経験を生かした中山の動き

300
-600

stan

今やっているサッカーは走れなければやられる。キャンプからのボタンの掛け違いを 連戦をほぼ固定したメンバーで闘う事で補ってきたツケが如実に表れた。そして祐介と小宮山を縦に並べて左に蓋をし 交替枠を余らせる謎采配。台所事情の苦しい相手に負けたのは必然。

強風

-100

中山の老獪な動き

200

太田の抜け出す力

200
ベストメンバーから程遠い相手
200

山瀬兄が無事で良かった

100

累積リーチの河合が黄色いの貰わなくて良かった

100

いちいちプレーがワンテンポ遅い

-300
お洒落なプレーに憧れている
-200
サイドに張るとマークが付いて来なくて楽
-200
枠外でもとりあえず撃っとけばいいや
-200
ルーズな中盤守備
-300
疲労の蓄積とか気にしない
-300
適正を考えないコンバートが大好き
-500
走れなくても交替枠は余らせたい
-200
負けるべくして負けた謎采配
-1500
カードを忘れてきた家本主審
-100
-3100






浜松駅を下りて、目指すは巨大な鰻や。晴天に恵まれた。


このテカリが食欲をそそる。浜松の鰻はしつこくなくて良い。ユニフォームで食べるのが基本。


遅刻してきたK林さんには、おみやにして鰻をプレゼント。


浜松駅前で食べてもらう。


たいへんだ!ジュビロードの入り口にビルが建設されています。


新幹線が来る前に、寿司の一気食い。


久しぶりに来たら、浜松市は市町村合併でオール電化市になっていた。


confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK