malicia witness 2階の目線2007
J1リーグ 07-08シーズン

6月20日 ガンバ大阪  三ツ沢球技場

試合前にタッチライン際に現れ水を飲む。立ち上がって叫ぶバックスタンドに向けて、頭上で手を叩く。それに反応するバックスタンド。試合が始まれば存在感十分のプレーぶり。全ての選手が引き締まる。試合を無失点で終えると、シャツを脱ぐ。露になったアンダーシャツには、出場機会に恵まれない選手達(外国人選手を含む)の名前が書かれていた。若干、フラストレーションの溜まる試合であったし、ホームでの無得点。だが、その姿を見て、バックスタンドから松田直樹のチャントが始まる。太鼓不要。手拍子と生声による力強い歌声がスタンド全体に徐々に広がっていく。

帰ってきた将軍。

日本屈指の肉体派ディフェンダー、松田直樹がフィールドに帰ってきた。どのチームもが手を焼いているバレーとマグノアウベスを完封。常に余裕を持って対応するフィジカルコンタクト。それは、松田直樹にしか披露できないものだった。長い目で見て松田の起用に是非を問う者ですら、試合中には声援を、試合後には賞賛をフィールドに放射するよりほかない納得のプレーぶり。彼は、超攻撃的なガンバ大阪を完封した。

トリコロールは得点を多く望める布陣ではない。非常に守備的だ。そして、出場機会を奪われていた選手複数が起用されている。西野監督は、いつもとは逆に播戸を先発に起用し、序盤にトリコロールの混乱を図った。それは、ほんの少し成果を見せそうではあったが、些細な混乱を起こしたに過ぎなかった。トリコロールには、慌てる者はいなかったのだ。

「まずい!」
「ヤバい!」
「やられた!!」
さすがに、播戸が哲也と一対一になったときは観念した。ペナルティエリア至近からの遠藤のフリーキッックには祈るしかなかった。最後の二川のシュートがゴールポストに当たったのは幸運以外に理由がない。それでも、ほとんどの時間帯の試合運びは肝を冷やすほどではなく、「守って守ってカウンター」の、かつての堅守の日産を思わせるほどだ。

ガンバの強さは確認できた。

中央の守備は堅い。油断すれば、遠藤が、明神がボールをかすめ取る。楔のパスはシジクレイと山口が押さえ込む。考えてはならない。考える前に瞬時の判断で攻撃の選択肢から適切な者をチョイスし、一気に隙をついてガンバゴールに向かわなければならない。しかし、それはできなかった。考えるひと呼吸がパスコースを塞ぎ、前を向くことを困難にする。

対するガンバの攻撃はスピーディーだ。ボールは止まらない。ワンタッチをした瞬間に、次のプレーは選択されている。そして、両サイドのオートマチズム。大外から追い抜きをかけるサイドバックやボランチ。そこに単純にパスが出る。スピードを緩めることなく、難無くトリコロールの両サイドは蹂躙されていく。だが、クロスの入るその先には、松田直樹と中澤佑二がいる。

後半になると、ガンバは播戸と安田を下げてマグノアウベスと家長を投入。結果的には助かったが、この西野采配は、週末のゲームも見据えての戦略的なものだろう。彼らは優勝を狙っている。

トリコロールは持ち味を出し切れなかった山瀬弟をマイクに交代。吉田が本来の二列目に下がる。これで、シジクレイの動きが止まる。大きなターゲットがゴール前にいるためにシジクレイがマークで張り付くことになる。これにより、
「またシジクレイが止めるのかよ!」
というシーンは激減。坂田や吉田が、やや緩いマークでボールを受け得るシーンが増える。そして、両サイドを使った攻撃もトリコロールが主導権を握る時間帯も。しかし、マイクの見せ場がない。
「早くマイクが何かやらないと意味ないぞ。」
「このまま何もしないと、そのうち『意外と使えない』とバレるぞ。」
そのあたりを察知したのか松田が、バウンドボールを一見無造作に(だが、実は丁寧に)ゴールエリアの境界線付近に蹴り込む。これは、マイクが高さを活かしてシジクレイに競り合いに行けというメッセージが込められたボールだ。これをヘディングしてもシュートが枠に行く可能性は低いルーズボールだが、ハッタリで高さを見せつけるにはもってこいの弾道だ。
「行け!マイク!!」
多くのサポーターは声を張り上げた。だが、マイクの両足の裏は落下地点から遥か遠くの芝生の上にぴったりと密着したままだった。
「行けよ!マイク!!」
「勝負しろ!!」
次第に、状況を見切ったシジクレイはマイクから離れて自由に守備をするようになり、トリコロール優勢の時間は終了。試合終了間際には、シジクレイがゴール前にまで出現して決定機を迎えるほどの押し込まれた戦況となる。

苦しい中で、このJリーグ随一の攻撃力を保持するガンバ大阪を相手に絶望的な苦しさを感じなかったのは、やはり最終ラインの強さだ。河合はバランスを崩すシーンも多く、かなり体力を消耗しているように見える。それでも最終ラインは「きっと守り切れる」という安心感が漂っている。

得点は難しい布陣だ。

坂田を下げて斉藤を入れる。早野監督からすれば、予定通りのゲームプランで、予定通りの選手交代だろう。だが、大島不在の穴を、これほどまでに大きく感じるとは、試合前には予想し得なかった。攻撃は吉田と山瀬のコンビネーションに頼るしかない。ちょっと小粒だ。

ディフェンスラインの層の厚さを他チームは羨むだろう。実際は、得点するための守備という観点で言えば右サイドは問題点が大きいし、ボランチも、このまま河合が活躍し続けることが可能かどうかの不安も大きい。それでも、今のところはサイドが崩れても失点はしていない。

アタッカー陣の層の薄さは心配事だ。だが、無い物ねだりをしても仕方ない。今は、このトリコロールの戦士達に、見る者を惹き付けるプレーを全力で披露してもらうしかない。そして、その力を十分に持っている。ガンバ大阪と比べれば、熟成度は安物の白ワインとスパートスカーナくらいに大きな差がある。それでも、私たちはスタジアムに脚を運ぶ。その価値を感じている。

最後に、マイクは、これまで大きな声援を受けてピッチに立ってきた。昨年から今年まで、サポーターが彼の何に声援をおくってきたのか、今一度、自分自身で考え直してみた方がよい。ユース時代からの向上心を信じて声援をおくってきたサポーターを裏切ってはならない。張り子の寅が通用する時間は長くはない。


今日のポイント

●中沢不在のナビスコを前に、今後の選手起用を監督が迷いそうな
 松田の好プレー。
●ファーサイドに飛ぶとターゲットがいないセットプレー。
●円熟のダブルボランチ。
●奪われまくったマイボールのスローイン。
●松田のハンドよりもオフサイドが先だ、と、
 みんなで叫び続けてみたが、やっぱり副審はちゃんと見ていた。


今日の査定
石井和裕

松田は素晴らしかった。厳しい戦況の中で、よく我慢して完封してくれた。心から感謝したい。今の状態のマイクを使わなかればならないほど攻撃陣は駒がないのが苦しい。

松田からの思いやり溢れるパス

700

身体能力でバレーを完封する松田

500

播戸VS哲也

400

オフザボールの二川

200

スムーズなガンバの両サイド

700

明神の寄せ

200

やっぱり、そこにはシジクレイ

500

吉田の奪われないボールキープ

100
遠藤の緊迫感
300
試合後のマイクに付きっきりで話をしていた上野
200
入ればオランダ人っぽかったマイクの大車輪キック
100
残念だったマイク
-500
3400

白火

使われずとも腐らずに励んできたであろうことは 今日のプレーで一目瞭然。身体能力で跳ね返し、気迫で喰らいつく。心身ともに充実している松田が見られただけでも、来た甲斐があった。

平日ナイターで超満員の三ツ沢

1500

ガンバのオートマティズム

300

播戸の速さ        

100

バレーの強さ

100

松田を中心とした気を抜かない守備

2000

今日も走った河合・功治・吉田・坂田

1000

高いレベルでのプレーが普通にできている小宮山

500
競れ!マイク!
-500
助けられたシュートミス
100
全体的にクリーンファイト
500
5600

stan

待ちわびた日が遂にやってきた。 期待に応え、随所に松田らしさを見せてくれた。今後も松田の勇姿を見られる事を切に願う。

松田復活

3000

負担が減ってやりやすそうな中澤

500

榎本好調維持

500

嫌らしい動きの播戸

100

松田の新技「寝る」

300

吉田の存在はありがたい

200

走り回った坂田

300

シジクレイめ

100
もっと我武者羅に前へ行けマイク
-100
完封
1000
まともなスタメンまともな交代
200
でもそれって普通の事をしただけ
-200
勝ち点3あげたかったなぁ
500
やっぱりちゃんとしてる穴沢主審
300
6700

今野隆之

感動した。そして勝ちたかった。

松田・松田・松田

3000

まさに守護神だ哲也

1000

全員の集中力 

1000

マイクよそれが持ち味か

-500

播戸を下げてくれた西野 

500

FKをすべて外してくれた遠藤

300

最後のシュートをクロスバーに当ててくれた二川

300
TAVERNにステッカーを貼る
500
6100








K林さんがいち早く披露したマリーシアシャツのセカンドバージョン。駒場には、みんなで着ていこう。
confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK