malicia witness 2階の目線2007
Jリーグヤマザキナビスコカップ  準々決勝 1stレグ

7月8日 FC東京  三ツ沢球技場

得点の気配は乏しいものの、まずは無難だった前半を終え、後半が始まる。開始早々にゴール前にふわりと放り込まれた山なりのボールに、なぜか折り重なるように吉田とハユマが飛ぶ。ボールは簡単に跳ね返されて、ポポンポンっと小気味よくガスの選手を経由する。トリコロールの選手は近くに立っているものの、プレッシャーをかけるほどではない。そして、ハユマ不在でがら空きになった右サイドを栗原はケアできない。

前半も右サイドは狙われていた。ハユマが時折に前へ出ると、その空いたスペースへノリオが侵入してきてパスが出る。一瞬の判断で隙を突かれるわけではなく、オフサイドにはならない右のスペースをしばらく放置しているからだ。栗原は前にも横にも動かずに中央ででんと構えている。

この後半立ち上がり早々のカウンターも同じ。当然、そのスペースにはノリオが走り込んでくる。そして、距離を空け過ぎていて追いつかない(しかも全力で追うようには見えない緩慢な寄せ方)栗原の影はなく、フリーでファーサイドにシュートを叩き込まれる。ディフェンダーからのプレッシャーなしで、あのコースに撃たれたら止めることはできない。なぜ、ハユマは、あの場所にいたのか、なぜ、栗原は、あの場所をケアしなかったのか。まったくわからない、まさにもったいない失点だ。

ここからは怒濤のガスの攻め。

ずっと劣勢に立たされる。守備の組織は崩壊し、攻めの糸口すら掴めない。カウンターのチャンスにもドリブルを躊躇して時間を浪費し、ディフェンスラインにボールを戻す。
「勝負しろ!!」
「早野!ここで手を打たなかったら、打つときないぞ!!」
失点から約10分間の劣勢を持ちこたえ、マルケスの投入で、やっと息を吹き返す。しかし、なぜかマルケスは右で吉田が左。すぐに流れの中でマルケスが得意の左にポジションをチェンジ。やっと反撃に出る。小宮山とマルケスの連携は、ドゥトラとマルケスのコンビネーションを思い出させる(マグロン役がいないのがとても残念だ)。とはいっても反撃に転じたのは左サイドの局地戦のみ。フィールド全体には覇気が感じられず、受け身で試合を進める。なんとしてもタイトルがほしいガスは、縦へ縦へとチャレンジし、スタンドの半分を占めたガスのサポーター達が、一つの一つに反応してスタジアムの空気をガス臭く変えていく。なんと、情けない試合展開なんだ。
「勝負しろよ!!」
「ここで頑張らないでどうする!!頑張れ!!」
プレーが途切れると叫ぶ。手拍子に力が入り指が裂ける。それでも、そんな微力はフィールドの空気を入れ替えることができず、集中力を欠いたような動きで気持ちがキレている選手が出現する。

負けているというのに土肥の前に立って時間を浪費する。土肥がミスキックをしてチャンスボールが生まれるが、その選手がオフサイドエリアを歩いていたため、マイボールを展開しようとした選手はパスの出しどころを失いチャンスを無駄にする。もう、涙が出てきた。なぜ、こんなたった1点で試合に勝つことを捨ててしまう選手が現れるのだろう。安全でなければドリブル突破を試みない選手も、シュートを撃たない選手も、なぜ、ゲーム立ち上がりの気迫のプレーを続けられないのだろう。

「ボールを見ろ!審判なんて見るな!!」

相手選手に自ら当って倒れる。芝生の上から物乞いのように主審に視線を向ける。笛を吹かれないとわかると、ゆっくりと立ち上がり恨めしそうに去り行くボールを眺める。こんな無気力の試合が、負ければ終わりのノックアウトラウンドの闘いなのか。無駄なファールでカードをもらってしまったものの闘い続ける松田や河合らと闘わない者の気持ちの差が大きすぎる。相手の背中側からジャンプしてボディコンタクするヘディングは全てファールの笛が吹かれている。ジャッジは試合開始当初から一貫している。それなのに「なぜだ?」と主審に不満そうな表情を見せて抗議の言葉を吐く選手達、そしてスタンド。なぜ、ジャッジの基準を理解しようとしないのだ。選手が興奮しているのであればスタンドからかベンチからか、教えてあげなければならないのだが、ベンチを見れば、早野も腕を振り回して審判に抗議をしている。これでは、状況は悪化するばかりだ。

早野は、それでも、ほぼ必要な手を打った。攻めも守りも勝負しないハユマと栗原の右サイドは限界だった。那須を入れるのは致し方ない選択だ。守備から解放されたハユマは、残り時間が短くなると、なぜかゴール前に張り付く時間が長く右サイドのスペースはがら空き。終盤になると攻めの起点はマルケスと小宮山だけ。吉田もフィールドから姿を消し、運動量に難のある狩野が右サイドまで流れるわけもない。ガスにとっては守りやすいトリコロールの攻めだっただろう。前半には茂庭と藤山が不安定な守備の綻びをチラリと見せていたが、トリコロールは、そこを突いていこうとはしなかった。中央の攻撃は、最後まで単調で、ただ雄鶏がくちばしで突っかかるかのようだ。

不幸にも河合は退場。

腹立たしいガスの時間稼ぎの結果、ロスタイムは5分と表示される。まともなシュートは1本も撃てていない。守備の要は退場。しかし、アウエーゴールで先制されて0−1。このたっぷりある時間は反撃のためのものなのか、それとも、さらに攻め込まれるための試練なのか。各自の思考が混乱交錯するどよめきとともにロスタイムの5分間が始まる。けっして「攻め立てた」とまでは言えないが、それでも攻める。なんとかドローに持ち込んでほしい。その願いも虚しく、試合終了のホイッスルとともにガスサポーターの歓声がこだまする。

いつものことといえば簡単だ。油断による失点から動きが止まり、何も得ることなく試合が終わる。闘い?いやフィールド上にあったのは、ただの試合だった。けっしてタイトルを熱望する一戦には見えなかった。クラブは三ツ沢のチケット販売は頭打ちなので、ダービーマッチのPRに奔走した。ハーフタイムにはダービーマッチのチラシまで配布した(それは「頑張っているね」と褒めてもらえる行為だろうけれど、この完売の三ツ沢でチケットを入手して来場した人のほとんどはダービーのチケットは購入済みのはずだ)。Webを見てもタイトルに向けた決戦ムードは感じられなかった。対するガスは、唯一のタイトルを奪取したときの表彰式がポスターのビジュアルだ。クラブもサポーターも一丸になって、この一戦に臨んできていた。もちろん、トリコロールのサポーターにも、その危機を感じ取った人たちは多くいる。選手入場時には「思いは一つ、国立へ」という横断幕も掲出された。だが、スタンド全体のムードは緩いままだった。ゴール裏のコアサポーターがいくら頑張っても、人数でいえば、彼らは多数を占めているわけではない。ビッグフラッグを広げるメンバー達がいくら頑張っても、その想いを伝えるのには限界がある。クラブとトリコロールを愛する全ての人が、タイトルを熱望しなければタイトルは獲れない。当たり前のことだが、それを痛感する。このクラブが、そのような想いを巧く一つの方向にまとめあげていくことを苦手としていることは、もう経験でよくわかっているだろう。であれば、みんなで熱望しよう、タイトル奪取を。


今日のポイント

●あれを枠に撃てないならば、どんなクロスを小宮山が入れても無駄。
●反則をさせるために誘いをかけてくる福西の罠にまんまとはまる。
●一発を狙いすぎる中央の攻め。
●那須のサイド起用を反対した人までもが納得した那須の投入。
●反論の余地がない5枚の黄色。松田の2枚目は見逃してもらえた。






confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK