malicia witness 2階の目線2007
J1リーグ 07-08シーズン

8月29日 ジュビロ磐田  三ツ沢球技場

猛暑がいつの間にか過ぎ去り、秋を肌に感じる8月末の人夜に、大きく打ち上げた花火は4発。どれもが、スタンドに心地よい爽快な風を吹き込み、試合後のスタンドは興奮冷めあらぬ様子で、今日のヒーロー(それは久々のお立ち台だった)の声に耳を傾けた。
「一年に2点くらいしかとらないんで・・・。」
普通であれば、謙虚なコメントだが、あまりに自分自身を的確に捉えた一言に、スタンドがドッと沸く。その一年に2点のうちの1点は、試合をひっくり返す、そして恐ろしいほどに撃ち終わったフォームが美しいファインゴールだった。

坂を歩いて降りながら、話が盛り上がる。見事な逆転勝ちをした上に、鹿島国が敗れ、偽横浜も降格へ順調に歩を進めている。
「清水の1点は、次はどこで使うかねぇ。」
「そりゃぁ、カップ戦のアウエーだろ。」
「アウエーってことは2倍換算すると、年間3点にってことになるな。」
実にくだらない、サッカーの帰りならではの会話だ。

序盤は、非常に危険な試合運びとなる。雨のせいなのか、疲れでセーブしたかったのか、運動量は少なく競り合いはひ弱。倒れては振り切られ、濡れた芝の上から恨めしそうに審判の顔をうかがう。セットプレーの競り合いのこぼれダマに脚が動かず、どうみても二流でしかない加賀という選手にゴールを割られる。

「倒れないで闘うことからだぞ!!」

この失点で目が覚めたわけではない。まったく反撃の勢いが生まれない。
「やばい!」
広島との対戦で生じた守備のほころび。それと全く同じ方法で左サイドを攻略される。アジウソン監督は、スカウティングで攻略方法を選手に授けてきている。あの試合は、今後の各チームにトリコロール攻略の大きなヒントを与えてしまった。失点には繋がらなかったが、このプレーが、選手やベンチを大きく震撼させたのは間違えない。そこで、マルケスと山瀬弟のポジションをチェンジする。

ジュビロは下位が定位置になりつつある。ジュビロサポーターから、アジウソン監督は、あまり好かれていない。勝てないことはもちろんだが、その選手起用に原因がある。村井も太田も先発で使われることはない。中盤の底にブラジル人3人を配置することでトリコロールの前線からのプレッシャーを巧みに交わすことは出来る。しかし、「弱い読売」のような小さなパス回しはダイナミックさに欠ける。そして、守備は荒っぽい。
「6番、蹴ってるじゃねぇか!」
「その加賀ってやつ、さっきから掴んでるぞ!!」
安易にファールを使って止めに来るので、守備のポテンシャルが低いことは、すぐに見抜ける。

早野監督は早くも動く。

「清水が入ってきたぞ!」
「今日は手を打つのが早いな。」
これで、マルケスの動きもスムーズに。前線で連携が取れるようになる。大島のポストプレーは、この試合でもため息が出るような巧さ。
「マルケスがフリー!」
左にいるはずのマルケスはいつの間にか右サイドに回っている。ウエーブの動きでフリーになるのが見える。そこにボールが出るとマルケスは、すぐさまグランダーのクロス。ニアに一人とゴール前に大島。ネットが揺れる。
「よしっ!!!」
「決まった!!」
立ち上がるスタンドに水しぶきが飛ぶ。実に美しいゴール。スタジアムナビゲーターは大島のゴールであることを告げる。いまや日本代表入りも噂される大エースだ。すでに前半は終了間際となっていた。劣勢に追い込まれて行くジュビロは更にプレーが荒くなる。接触プレーに怒った成岡は、報復ファールを狙って河合に突進する。しかし、河合がそれを察知して、先に身体を入れてぐっと踏ん張ったので、成岡ははじき飛ばされてしまう。その腹いせになのか、次にはペナルティエリア内で中沢を後ろから蹴り倒す。

後半は川口をブーイングで迎えることから始まる。

成岡の姿がない。きっとハーフタイムにも荒れていて使えなかったのだろう。後半開始早々に、ペナルティアリア付近でファール。この時点で、この後の試合の展開は決まった。すぐに田中誠が、まさかのクリアミス。走り込んできた清水が一振り。日本代表ゴールキーパーが守る狭いコースを撃ち抜くファインゴール。その美しさにスタンドは熱狂する。そして、まさかのゴールの驚きも、喜びを倍加させる。ギュウギュウに詰まった自由席スタンンドでは、身体をぶつけ、見知らぬ者も手を合わせて喜びを分かち合う。

そして、その直後に山瀬がゴール。

角度のないところから放ったフリーキックは、ズバリと決まるのではなく、ごちゃごちゃとした混乱の中で、ボールをゴール内に呼び込んだ。
「うぉー!!!」
「ぬがぅあー!!」
言葉にならない声が天に響く連続ゴール。三ツ沢は興奮のるつぼと化す。序盤が嘘のような波状攻撃で、圧倒する。
「俺たちが横浜。もう誰にも止められない!!」

ジュビロのブラジル人トリオは、すっかり運動量が落ちてきている。前からのボールを奪う能力は個々に良いモノを持っている3人だが、ディフェンスラインとの連携は、出来ているようには見えない。脚が止まり、トリコロールが繰り出す深い位置を起点としたロングボールを押さえることとも出来ない。そして、若い選手が多いディフェンスラインは、指揮するはずの田中誠が冷静さを欠いていることもあって、まったくラインが作れない。高い位置にポジションを取りながら、守りの意図をそれ以上は表現できていないとなれば、その先に待っているのは崩壊だけだ。

ロングボールをトリコロールが縦一本に入れると、ジュビロのディフェンダー達はゴールに向かってボールを追う。それを背後から追うトリコロールの選手達。その先にあるのは2つ。トリコロールがボールを奪うかジュビロがファールをするか、その2つだけだ。そしてマルケスが突破する。序盤からファールの多かった加賀が、ここでもファールで止めにくる。マルケスは倒れる。しかいレフリーの高山さんはアドバンテージを見る。そこに、後ろから全力疾走で飛び込んで来るのは坂田。ジュビロのディフェンダーは3人もいたものの、坂田に難無く振り切られ坂田はゴール。
「素晴らしい!!素晴らしすぎる!!」
「どうだ川口!」
「泣け!!」
「地面を叩いてだだっ子みたいに泣けば良いんだよ。」
日本代表ゴールキーパーは、ディフェンダー達に檄を飛ばしている。しかし、その声は、彼らの耳には入っていかないようだった。

荒れるジュビロは、壁の中でのアンフェアな行為で警告を受けたり、怒りの行き場をなくして地面を蹴ったり、と、全くかつての華麗なサッカーの片鱗すらない。ディフェンスラインは乱れたまま、中盤の守備も放棄。最後を締めるのは、大島に裏を取られて諸手突きで後ろから倒した上田。エルゴラッソは、これを「不運な退場」と表現したが、どうみても両手でついているのだから「風雲」どころか「不名誉な退場」か「不潔な退場」もしくは「ふぬけな退場」という方が、本来の状況にあった表現となるはずだ。
「おめー馬鹿か?」
「3点差で負けていてた異常になるヤツなんて、普通いないだろう。」
「完全に試合を投げちゃってるよね。」
「別に相手は大島なんだから、追いかければ追い抜けるのに、なんで両手で押して倒してるんだ。」
「どこのどいつだ?」
「なに、上田?そんなヤツ呼ぶから五輪代表は勝てないんだよ。」
「二度とあんなヤツ呼ぶな。」
ジュビロのチームメイトも大差のない意見だったのか、レッドカードの提示に抗議をすることもなく上田はフィールドから姿を消しフリーキックに。
「おっ栗原がいるぞ。」
「よし、行け栗原!!」
「顔を狙え!ぶち倒せ!!」

雨は、いつの間にか上がっていたがフリーキックの後にスタンドはコーヒールンバとともに一斉に開いたトリパラで埋め尽くされる。夏休みの宿題で絵日記を書くように、多くのシーンを鮮やかな色彩で思い出すことが出来るすばらしいゲームを味わうことが出来た。
「川口、泣けば良かったのに。」


今日のポイント

● 何度やってもマルケスは左。

●次節、アウエー柏戦で停止はベストとも言える河合のイエロー。
● 次節以降を見越した的確な早野采配。
● 途中で不用意なプレーを連発したハユマだが、終盤にはシュート連発。
●アジウソン、普通はクビ。


今日の査定

石井和裕

実に楽しかった。誤審・退場・ラフプレーと大量得点が揃った好ゲーム。

プレミアっぽかった大島ゴール

500

美しくズバリと決めた清水ゴール

700

感動的に走り込んできて地を這うように決めた坂田ゴール

500

山瀬ならば角度がないところから決められる

400

荒れる川口

100

本当に荒れているジュビロ

200

弱かった成岡

100
高砂親方の現役時代を思い出すダメ上田 
800
的確すぎる早野采配 
300
終盤の積極的なハユマ
200
コンパクトにパシンと撃つマルケス
300
ディフェンスラインの裏へのボールと全力で追うFW
200
ブラジルトリオを無力化する清水
200
「平山」みたいで恥ずかしくて気持ち悪い「小宮山」のコール 
-200
4300

今野隆之

リードを許した試合をひっくり返したのはいつ以来か。試合の入り方を改善すれば横浜はもっと楽に戦える。前半の内容が内容なだけに、後半の驚きが倍増したのも確かではあるが。ああ気持ちいい〜。

よく手を使う加賀

-200

その加賀に先制された 

-300

名古屋戦に続き流れを変えた清水投入

500

その場でリプレイ映像を見たかった同点シーン

1000

衝撃の清水のニアぶち抜き弾

1000

ズバッと決まるよりむかつくかもしれない功治のFK 

1000

ざまみろ坂田のダメ押し弾 

1000
累積は仕方ない、今日も効いていた河合
500
入団以来最もすごかったマルケス
1000
的確な早野采配
500
後半の磐田
-200

27番はU22代表に呼ぶな

-300
5500

白火

雨が上がっても回り続けるトリパラ。三ツ沢の雨空を背景に、美しく咲いた花火4発。

消化不良な試合の入り

-200

案の定なミスからの失点

-300

清水投入による活性化

500

実に効果的だったマルケスの個人技

300

目の前で見れた大島の執念弾

1000

見違えた後半のニアぶち抜き3連発!

3000

もったいない河合のイエロー

-200
誰一人守備をさぼらないトリコロール
800
功治の得点への意識
500
采配の妙を堪能
300
なんかジュビロにがっかり
-50
5650

stan

この所試合の入り方が良くない。前半の殆どの時間を相手に支配され、 どうなる事かと思ったが、マルケスの御蔭で望外の大勝を手に出来た。 90分使えたのも収穫。次節居ない河合の位置をどうするか。

-100

松田不在

-300

誰も付いてなかったCK崩れの失点

-200

中澤今日もお疲れ模様

-100

前半のやられっぷり

-500

マルケスすげー!

1000

前3人揃ってゴール

1500
清水も相乗り
500
後半のやり返しっぷり
1000
河合ツモ
-200
磐田の失点力
400

相手が手を使う事には寛容だったがそれ以外は安定してた高山主審

200
勝ち点3
1500
三ツ沢上町駅の改札トラブル
-100
4600







confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK