malicia witness 2階の目線2007
J1リーグ 07-08シーズン

9月2日 柏レイソル  国立競技場

スタンドはひまわり畑のように黄色く染まり、国立競技場とは思えないほどにローカルで、かつ昭和の香りを漂わせて試合開始が近づく。しかし、近づくはずの試合開始は、なかなかやってこない。
「歌長過ぎ。」
「オンステージになってんじゃねぇか。」
柏馬鹿一代、そして、この木なんの木、気になる木・・・。

ハユマのやや緩慢の守備から、軽く放り込まれたクロスが中沢の頭に当たり、待ちに待った試合開始から1分と経たずに先制を許す。必至の想いで守備に奮闘する中沢だが、飛び出しのタイミングやルーズボールの落下点へ入るタイミングなど、やはり疲れが見える。栗原には、まだ、不調の中沢をカバーするほどのエネルギーはない。試合の主導権は柏の手の内にある。

後半に入ると、山瀬が切り返しからシュート。惜しくも南に跳ね返される。

「南!後ろ!!」

この「志村!後ろ!!」のようなお約束の野次は、きっと、南が引退するまで、各チームのゴール裏から飛び続けるだろう。だが、その野次も、リードを許した状況では、スタンドの気勢を挙げるには役立たない。攻めているののにもかかわらず、気が付けばゲームは終盤。そして、決定機は、ほとんど生まれていないのだ。。
「撃て!」
誰もが叫ぶ、そのタイミングで、トリコロールはシュートを放つ。しかし、そのコースには、黄色いストッキングを纏った脚が、ギリギリのところで飛び込んできて、ゴールヘの道を遮ってしまう。
「これって、実は柏ペースなんじゃないか?」
気が付いたときには、時すでに遅し。ゲームは終盤。打開策なく、ゲームはクローズの雰囲気を漂わせている

やはり、これが、残留を目指す柏のサッカーなのだ。

「なんとなく90分が終わったな。」
「なんともいえないよなぁ。」
ずっと攻めていた。誰が悪いわけでもなく、何かを間違えたわけでもない。ただ、90分は、私たちを置いてきぼりにしたまま、正確に刻まれていったのだ。

「まぁ、しょうがない。幸い、ここで2週間のインターバルがあるから、しっかりやり直して浦和戦に勝てば良いよ。」
「その前にガンバが・・・。」
「まっ、アウエーだから、しっかり頑張ってはもらって、ホームとカップは絶対に勝つ。」
会話の密度も薄く、脚はまっすぐに地下鉄の駅に向かう。まんまと罠にはまった、そんな90分と解釈するより、諦める方法が見つからない。


今日のポイント

● 悔やまれる緩慢な立ち上がり。

●目をつぶるよりほかない、マルケスが上がった左サイド中盤の穴。
●必要以上に大きく表示された電光掲示板の0−1。


今日の査定
石井和裕

こんな日もある。

山瀬の切り返り

300

慌てなかった南

100

日立社員が大集合

200

マルケスのドリブル

100

攻め続けた

100
なぜか負けた 
500
1300

今野隆之

試合終了直後はものすごく不機嫌だった。しかし、今季の序盤を思えば、今のチーム状態はまったくの望外ではないか。このところの好成績で個人的に余裕をなくしていたようだ。もっと冷静になれ自分。

2002年以来の自陣へボンバヘッ

500

柏の守備

500
1000

stan

連戦の最後は呆気無く散った。だがここまでを振り返ると責める気にはなれない。気持ちを切り換えて中断明けの上位との連戦へ向け牙を研げ。

意外とちゃんと来てた日立の人達

100

いきなりオウンゴールで失点

-500

那須はよく刈取ってた

200

相手の4番

100

マルケスは下げてほしくなかった

-200

守備陣は踏ん張った

500

攻撃陣も気迫は見せた

500
でも相手の気迫も凄かった
100
遅延に寛大な前田主審
-100
700







confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK