malicia witness 2階の目線2007
J1リーグ 07-08シーズン

9月29日 大宮アルディージャ  日産スタジアム

中盤のプレッシャーをかけずにパスを許せば、あっという間に失点に結びつく。2つめの失点は怠慢か戦術上の問題か、そのいずれかが原因だ。1つ目の失点は怠慢でしかない。

私たちは大宮に勝てないのではなく、自らに勝つことが出来ないのだ。やれば出来ることをやらずに追い込まれていく。その虚しさが、2つ目の失点の後の静寂に繋がった。それに、選手や監督は気が付いただろうか。

「今日は割れると良いねぇ。」
と、声をかけてくれたおばさま。次のホームゲームで風船を配るときに、彼女は何と声をかけてくれるだろうか。


今日のポイント

● 今日もずっと前にいたマルケス。
● 天野を入れて右サイドに選手を置かざるを得なくなった後手の采配。
● 常に競り勝っていた大島とマイク。
● 敵同士が衝突して2人が欠ける10年に1度のチャンスも活かせず。
● 前からの守備が機能しなければ得点は増えない。


今日の査定

石井和裕

あまりに情けない試合で、試合後には黙ってしまった。選手も監督も、上手く行かないときに、状況を分析して、早めに手を打つことを心がけた方が良い。ゴールナシではホームの観客は増えない。

マイクの空中戦

200

天野のクロス

100

波戸と藤本の激突

300

ゴール前での譲り合い

100

何時以来だろう平野のファインゴール

100
どたばた采配
200
持ち味発揮でトリコロールらしい展開
500
1500

今野隆之

さいたまに優しいですこと。

10000人入った

100
ホームで無様な試合
-10000
-9000

なかむ〜

こういう試合をやらかすのもまた、マリノス。やってるサッカーに自信が無いから、一度負けたくらいで考え込んでしまうのだろうか・・・。

平野が得点。マリノスっぽい義理堅さ

100

マリノスっぽい負け方      

900
1000

stan

前節で緊張の糸が切れたのか、何も無い試合だった。まるで覇気が感じられなかった。松田待ちか。次節が思い遣られる。

急に冷え過ぎ

-100

お約束の恩返し弾

-300

前節に続くSBの守備の拙さ

-300

吉原のトラップ

200

やっと出番が来た天野

100

天野のポジショニング

-100

マイクが落下点に入れるようになってきた

100
13000人割れ
-100
さいたまに弱いなぁ
-200
色々見逃す柏原主審
-100
-800







confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK