malicia witness 2階の目線2005
J1リーグ 05-06シーズン

7月13日 ジェフ千葉  日産スタジアム

放ったシュートは22本。そのほとんどは枠をとらえ歓声を巻き起こす。いきなり始まったシュート合戦は90分+3分の坂田の右足でドラマチックな幕切れ。大きな、大きな勝ち点3を手に入れる。
「ついに始まったぞ!!」
これこそが、トリコロールの、岡田マリノスの真骨頂だ。追撃開始だ。

技術・戦術ともに申し分なし。

序盤から積極的だ。左から大橋にサイドを変えて折り返しを上野がニアでヘッド。ジェフも深い位置から走り込んだポペスクが際どいシュート。次は逆に、カウンターから上野がシュート。押し上げ十分、迫力満々。
「撃て!」
「惜しい!」
歓声だけではない。
「すごい!」
「マジかよ!!」

「ちょっと待てよ!どうなってるんだよ!!」

目をこすっても、頬をつねっても、数えれば4人いる。ジェフのディフェンス登録は2名。2バックはありえないから、当然、最終ラインは3バック気味か4バック気味と、誰もが予想した。テレビで見ても、それはわからない。だが、日本人のシステム論議をあざ笑うかのように、そこには4人いた。トリコロールの4バックに張り付くように、4人のフォワードがいるのだ。
「4トップかよ!」
しかし、前がかりで守備の枚数が少ないのではない。しっかりと守備のプレッシャーはかけてくる。
「揃ってるぞ!」
「入れさせるな!!」
それでも、気がつけば、前線には4人。ペナルティエリアには十分な攻撃の枚数が揃っている。
「どうやれば、あんなに人数をかけられるんだ!!??」
しかも、試合後の記者会見で、オシム監督は「この試合は選手の運動量が少なく」と言っていたというから、恐るべしだ。

平日にも関わらずスタンドは熱い。

山瀬がマリオ・ハースにプレシャーをかける。たまらず、大きく櫛野にまでボールを下げる。ゴール裏からはブーイング。2階からは大きな拍手。2つの異なる手法ながら、その両方がスタジアムの空気を震わせ、トリコロールの守備を賞賛していることがわかる。ブーイングは、ただの悪意ではなく美しい守備の芸術への喝采である証明。Jリーグ史に、その名を残すであろう知将と日本人監督ナンバーワンの戦いは、ゴール前だけでなく、フィールドの隅々にまで高いクオリティ感で満ちている。

大橋から低いクロス。大橋のクロスの弾道の美しさはJリーグでも屈指だ。そこに、地面すれすれで那須が頭から突っ込む。那須と上野が、ここまで動けば、試合の主導権が握れる。
「今の誰?」
「那須!那須だよ!!」
ところが、その直後に那須が接触。
「ヤバいぞ!!」
「伸ばしたんじゃないか?」
「いや、これはヤバいぞ。」
「ここで、那須を交代させると、上野はフル出場しなきゃならないよ。上野もつかな。」
「いやぁ、これは大ピンチだ。」
かなり痛そうだ。
幸い、那須は打撲だったようで軽症。ボールタッチの多い上野とともに中央は制圧。対するジェフは素早いサイドチェンジで対抗する。持ったらすぐにサイドを変える。これには溜息が漏れる。

ジェフの4人のトップは2人になるときもある。2−4−4になったり3−3−4になったり、さらには3−5−2になったりと流動的だ。4人の両サイドもタッチライン際まで開いたり、中央に絞ったり、ポジションは微妙に動く。しかも、恐るべきことに気がつく。
「なんか、山岸ってドゥトラにマンマークじゃないか?」
「ずっと付いてるな。」
「プレッシャーかけるために流れで、こうなっているのか、意識して付いてるのかはわからないけど。」
「4バックのサイドバックにマンマーク付けるなんて、初めて見た。」
「こりゃぁ、面白いけど厳しい試合だなぁ。」

ボールは止まらない。

上野と那須が起点になり、囲まれても大島が楔に入る。ただ後ろに戻すのではなく、まずは前を向いて突破を試みる。そこに大橋やハユマが絡む。ドゥトラも上がってくるし、上野が飛び出しても来る。非常に積極的な試合だ。

そんな試合の中で聞こえる「ビバ!ビバ!」の声。めでたいなぁ、と思ったら「千葉!」だった。

山瀬のシュート。そして、得たコーナーキック。中沢が競り合う。激しくぶつかる。ゴールはならなかった。
「もう一回!」
「おっ、倒れてるぞ。」
「ジェフは3人倒れてるぞ。」
「中沢が3人やったぞ!」
さらに、次のセットプレーでも
「また中沢がやったぞ!」

那須がペナルティエリアのスペースにスルーパス。足下ではなくスペースへの積極的なパスが多い、この試合の決定打。山瀬が飛び込み、ゴールライン際まで侵入して回転する。そのハイスピードの回転が強力な磁場を生み出し、ジェフの選手達5名が引き寄せられる。その磁場からはボールだけがマイナスに飛び放たれ、グランダーで折り返される。遠くドフリーで君臨する上野は、精密にコントロールし、しかも弾丸の勢い。弧を描いて櫛野の手の届かないコースに美しく決める。

美がいっぱいに詰まった宝石箱は水曜夜の贈り物。

平日のジェフ戦にしては18000人の観客は上出来。その誰もが試合に酔う。これぞフットボール。両チームが、小賢しいファールをしない。だから、試合が中断しない。特に、前節に2度も「掴んだ」としてファールの判定を受けたハユマは、意地でもノーファールで突破の勝負を仕掛けてやろうという意気込みが見える。相手に掴まれても、肩をぶつけて抜き去る。そうなればファールをとられたくないので、相手も瞬間で握った手を離す。素晴らしいチャレンジだ。スピードとテクニックで粉砕するのだ。

そして、この試合を更に光らせたのは穴沢主審だ。いっときは、カード乱発型として悪評がたっていたが、この日の美の立役者でもある。厳しくファールはとるが、フェアなぶつかり合いは笛を吹かない。選手同士のフェアな信頼感と審判の支援があって一体で好ゲーム作られるのだ。後半にあったハユマのファールは警告が出されるかに見えた。だが、穴沢主審はハユマを呼び何事か注意、いや指示をした。それを受けて、ハユマは走ってファールを受けた選手のところへ向かい軽く声をかけ手を差し出し握手。スタンドは拍手喝采。

正面から実力をぶつけあって激突する良い試合じゃないか。

中沢が6人をやったこともありロスタイムは4分。

すでに、途中出場の林に同点弾を叩き込まれて引き分けが迫る。長いボールが多くなり焦りが出る。
「攻めろ!!」
「どうしても勝つんだ!!!」
「行け!」
「撃て!!」
自陣でのリスタートは素早く縦へ。ハーフウエーライン付近でボールを受けた山瀬は囲まれながらもドリブルで進む。前にいる坂田は左へ流れてフリー。パスが出る。止める。撃つ。ネットが揺れる。

飛び跳ねた。誰かの頭を叩いた。仲間が飛んできた。肩を組んで拳を突き上げた。目は血走り大きな天井が見えた。勝てる!これで勝てる!絶叫の中で首位へ向けて魂が走る。これが、トリコロールのサッカーなんだ。

新横浜のオープンカフェでビールを飲む。あまりに気分が良いので、予定外の行動だ。
「ねぇ、名古屋方面の新幹線って止まってる?」
「いや、動いてるよ。」
「ってことは、鹿島が3−0で負けてもお天道さんは驚かなかったってことだ。」
「ってことは・・・。」
「まだまだ鹿島は負けるってことさ。」
「ナゴヤダイスキ!」
すっかり上機嫌で帰ることにする。会計のために伝票を見ると、さっき食べたご飯ものの記載がない。
「なんか、良い試合で勝ったのに、さらに誤審PKで勝ったみたいだな。」
「ご飯ものは2つとも書いてないよ。」
「誤審PK2つで勝ったみたいだ。」
「なんて良い一日なんだぁ!!!!」


今日のポイント

●最後まで運動量が落ちなかった勝利の立役者は上野。
●新ルールだった副審。
●失点のときは中沢が前に上がっていたにもかかわらず、
 クロスの起点にプレッシャーが甘かった。
●山瀬の回転はルーレットのようなギャンブルではなく
 「美しきトリコロールパラソル」の回転。


今日の査定
石井和裕
これぞフットボール。これぞトリコロールだ。
マリオ・ハースのハイボールの競り方
300
山岸のドゥトラにマンマーク
300
恐るべし4トップ攻撃
700
いつでも攻撃枚数が揃っているオシム采配
600
撃ちに撃ったぜ22本
500
山瀬のトリパラターン
2000
上野のネットを揺らす弧
1800
やっぱり坂田が勝負を決めた
1700
松田の鉄壁守備と完璧タイミングのオーバーラップ
700
ハユマのビッグチャレンジ
1000
素晴らしい穴沢さんのジャッジ
900
攻めも柱だ那須の縦への意識
800
大島のポストでのターン
200
鹿島メルダ
300
11800

今野隆之

名古屋戦帳消し、得意のロスタイム弾きたぜ! 追加点が奪えていればそれに越したことはないが…これが横浜の勝負強さだ! 行くよ行くよ行っちゃうよ!

見どころ満載、全員よく動いた2バック対決
2000
久々ミドル炸裂、よく前へ出た上野 
1000
ニアを抜く坂田の技あり弾
1000
山瀬兄完全復活近し              
1000
頼れるボランチ那須
300
騙された久保
300
穴沢主審の好ジャッジ
700
2週連続鹿島メルダ〜♪合唱
500
平日から祝杯
priceless
7200

三沢まりの

市原のサッカーはほんとうに素晴らしい。しかし、その良さを消そうとするのではなく、自分たちの良さを出して勝った横浜のサッカーも素晴らしい。平日の夜にこんな極上のエンターテイメントが見られるなんて、ボクらはシアワセモノだ。

市原が披露した素晴らしい攻撃サッカー
1500
フェアに激しく攻め合うエキサイティングな展開
2000
前へ前へと攻めていく両ボランチ
800
サッポロルーレット(ベタ)から先制弾              
1200
ロスタイムの決勝ゴール
1500
生まれ変わった穴沢ジャッジ
300
7300

stan

フェアでアグレッシブ。小気味良いテンポで進んだ好ゲーム。両チームの志向するサッカーが噛み合ったのに加え穴沢主審の演出が光った結果。

ゆずピック貰えず
-100
平日JEF相手によく入った
300
好ゲーム
1000
2バックは中盤で勝たないと               
-300
前線の決定力不足
-200
物凄い運動量の那須
-500
山瀬の動き
500
上野!
1000
巻とハースに仕事をさせないDF
500
「この中だと林かなぁ?」的中
-200
交代で久保・奥
200
サンキュー坂田
1000
警告0
100
穴沢主審
300
4600

白火

時間の経過も忘れる極上の試合。こんな試合が見られるのだから、スタジアム通いはやめられない。

パスが繋がり途切れない両チーム
1000
お互い激しくもクリーンなチャージ
500
全得点がきれいなシュート!
2000
倒れながらも前に出る那須               
500
大島のポスト
300
素晴らしかった山瀬
1000
前半終了間際の松田の上がり
150
相手ゴール前で4人5人と倒した中澤
250
阿部と羽生の展開力
600
櫛野
300
危険な香りの相手にやられる悪癖
-300
サンキュー坂田
1000
裁定も効いていた穴沢主審
500
6800

奥田幸一郎

山瀬兄が真価を発揮し始め、上野もここにきて更に運動量が増えている。そして、ロスタイムに決勝点を叩き込む勝負強さ。我々は、確実に強くなっている。

素晴らしいジェフ
1000
クリーンな好ゲーム
1000
坂田やっとゴール
500
山瀬がフィットしてきた              
800
上野の忘れた頃にミドル
1000
勝負強さ復活
1000
5300

なかむ〜

面白い試合も引き分けては満足度も半減。しぶとく勝ちを拾う勝負強さが戻ってきたか。

基本給
1000
蘇生した上野の美しいミドル
1000
山瀬のサッポロ・ルーレットと2アシスト
1000
坂田決勝点         
500
比較的安定していた松田に安心
300
那須の中央突進
300
久保と中澤、一瞬の垂直2トップ
200
前節引分は鹿島敗戦への布石(嘘)
100
市原の走力サッカーと阿部の展開力
500
4900








上機嫌の試合後。お客さんが少なかったから、勝手にトリコロールカフェに変えてみた。
confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK