malicia witness 2階の目線2005
J1リーグ 05-06シーズン

7月17日 東京  味の素スタジアム

「なんで引くんだ!前から!!」
「プレッシャーかけろ!!」

自らのマークの曖昧さで失点した後、それまでの圧倒が嘘のように、ずるずると後ろに下がる。ここ数試合の好ゲームでわかるように、このチームの運命を左右するのは那須と上野だ。彼らが弱気になっては、勝負にはならないのだ。山瀬はトップと近い位置でプレーする。大橋はサイドのプレーで開眼した。となれば、大島がジャーンに勝ち、山崎が裏を狙ってガスのラインを混乱させ、中央のスペースを那須と上野が制圧することが勝ちへの条件だ。山崎は「何も足さない、何も引かない」という状態だったが、立ち上がりの中盤は完全に制していた。なのに、たった一つの失点で、何を恐れているのだ。

後半の立ち上がりも、悪くない攻勢だった。だが、弾丸シュートのノリオのフリーキックを、体一つ分も壁が逃げては哲也も止めることは出来ない。

ボールを奪う位置が低い。前からプレッシャーをたまにかければ、ボールは奪えるのに、それができない。奪っても中央に出来るぽっかりと口をあけた穴。サイドだけで攻めるから、パスの出しどころがなく囲まれて奪われる。

こんなチームに負けるな。

試合前に「Hop Step Champ !」というビデオを何回も流していたが、ガスの本音は「Hop Step 残留!」。何が何でも勝ち点が欲しいためか時間が進むにつれてラインが下がり始める。

「今、チャンスだぞ!!」
「前から行け!ガスは下がってるぞ!!」
「行け!ガスはビビってるって!!」
「苦しいけど、今、勝負しないでいつするんだ!!」

1失点してから75分まで、那須を下げようが久保を出そうが、トリコロールは何もしない腰抜けサッカーをしていた。劣勢になれば、セルフジャッジと手を使ったファールのオンパレード。責任回避の無駄なパスを連発。だが、そんな時間は終わった。やっと攻勢に出る。チャンスを作り、怒濤の攻め。

3失点目、4失点目、それが何だというのだ。1失点目も2失点目もミス。3失点目と4失点目は覚悟の上での前がかりだ。問題なのは、闘わずして無得点ということだ。ゴール裏中央部は、懸命にコールを続けた。4失点目のとき、選手の動きが止まった。ゴール裏も、ついに止まった。だが、両サイド、そこは、普段は座っていて跳ねたりはしないエリア、そこから、何カ所も自然にコールが始まった。

「エッフッマリノス!!!エッフッマリノス!!!エッフッマリノス!!!エッフッマリノス!!!エッフッマリノス!!!エッフッマリノス!!!エッフッマリノス!!!」

一瞬の遅れでゴール裏中央もコールを始める。途中で試合を投げたのはドゥトラだけ。中沢はドリブル突破で何人も抜き、松田はゴール前で勝負する。

松田は、すでに次を見ていた。試合終了後に、いち早くゴール裏スタンド前に看板を超えてやってくる。そして、顔を上げ、ブーイングするスタンドを見つめる。

「この試合はダメだった。だが、次は見てくれ。俺は次の試合で結果を出す。」

そう、語っているかのような姿勢、そして顔つきだった。だらだらとうなだれてやってくる選手達を急ぐように促すが、彼らは、なかなか追いつかない。もう、しかたない、と、半分くらいの選手が列に入ったときに、松田は深く頭を下げてメインスタンドの方へ先に歩みを始めた。

「松田!お前は最後まで良くやった!男らしかったぞ!」

思わず声が出た。


今日のポイント

●リスクを背負って攻めに出た結果の3点目と4点目はしかたない。
● 出て来ていきなり空中諸手突き。フェアなフィジカルコンタクトを

 する勇気がない久保。これでは限界がある。
● 何本も決定的な場面を防いだ哲也。失点の責任は無し。
●マグロンを補強ことでもわかる重要な中盤の勝負。
● 大差だったが、見苦しいファールで警告を受けるような
 自暴自棄が見られなかった。
●1点目も2点目も、こちらのミスが原因。
 むしろ問題は無得点だということ。


今日の査定

石井和裕
腰抜けサッカーのお手本のようだった。良い人キャラを脱皮しろ、那須!!
また10年語れる試合に巡り会った
100
難点も防いだ哲也
600
那須を追い抜いて守備をする中沢
100
ドリブル突破する中沢
300
無心で闘えば強さを発揮する松田
300
松田を見ていたら、まだまだやれるって思えて来た
800
2200

奥田幸一郎
人や時が変わっても変わらないもの、それが相性。哲也が試合を作っていただけに悔やまれる敗戦。
後手後手の前半
-500
明暗を分けた規郎のFK
200
0-2でも変わらない時間のかかる攻め
-300
トドメというには美しすぎる馬場のループ
200
これが相性
-500
東京に大敗した年は優勝するジンクス
3000
2100

stan

早めに先制したかったのだろうが崩せず前半の中頃にはまるで走れなくなり終了。理想を追う過程ではこんな事もある。切り替えるしかない。

大入り
100
無駄な緩衝地帯
-100
ゴール裏良い感じ
200
蒸し暑い
-100
パスミスだらけ
-500
榎哲
1000
-500
花火
10
-300
久保はまだリハビリ中
-100
点を獲りには行ってた
300
結果0-4
-300
松田の姿勢
300
吉田主審
100
-890

今野隆之

勝手に苦手意識を作って勝手に萎縮してりゃ世話ないな。気持ちの問題だろうが気持ちの。一週間空くから滝に打たれて来い!

GIアウェイは2階へ上がれない
-300
山崎どこへいた 
-100
水曜日の出来は幻だった那須と上野
-500
「誰かにお任せ」パスオンパレード              
-500
4失点で凌いだ哲也           
1500
100

なかむ〜

6年前と何ら変わらず進歩なし。お前ら、瓦斯相手に何回赤っ恥かけば気が済むんだ?

競らず、追わず、走らずの三無いサッカー
-5000
-5000














アウエー側のエリアは予想よりも狭かった。入場のときに、コンコースを歩いて気がつかずにエリアを突き抜けていってしまうマリノスサポーターが続出した。柵があるところでは何も注意されなかったし、柵の向こうの売店には、沢山のトリコロール姿が並んでいたからだ。もしかして、と思って、このユニフォーム姿で歩いてみた。警備員にもバイト君にも警察にも、注意もされなければ指導もない。結局、ホーム側のゴール裏まで行けた。バイト君はアウエーチケットで入れるゲート番号を覚えていなかった。案内のサインは小さすぎて話をしながら歩いていれば見過ごしてしまう。逮捕者を出して、その翌週の運営がこれ。逮捕者が出る理由が、よくわかった。
confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK