malicia witness 2階の目線2005
J1リーグ 05-06シーズン

8月20日 ジュビロ磐田  エコパ

失意の連続だった13連戦。リーグ戦が不振ならば山東に勝てばいい。山東に敗れれば浦和に勝って出直しだ。だがそれすらも叶わなかった。長い中断明けのHOT6。ガスには惨敗したけど柏にきっちり勝とう。やはり叶わなかった。

ここから再出発という一戦を、今季の横浜はことごとく落としてきた。それでも、まだ思っていた。磐田戦は、おそらく今季最後の再出発の機会だと。アウェイの磐田戦は3連勝中である。磐田相手ならそれなりの試合をするだろう……。

……試合後、カレンロバートに対して
「ワールドユースで点取れよ!」
などと言うのは苛立ち半分、負け惜しみ半分。ワールドユースで対戦したユース代表チームより、横浜の守備がお粗末だっただけのこと。

能力は高いがむらっ気がある二人。「代表より堅い」はずの守備は、お互いに悪い意味での持ち味を引き出しただけだった。どこまでも弱気な指揮官。中澤は夏場の中二日でへばるほどやわなのか。磐田は田中誠をフル出場させているのだ。

ファール気味に強く当たってくる磐田に対し、なす術がない中盤。これで「中盤からのビルドアップ」などとは片腹痛い。苛立ちを隠さないマグロン。隼磨の右サイドは、村井に好き放題に破られた。
攻撃に転じようにも無駄な横パスで磐田の時間稼ぎを助けるだけ。ロングボールを放り込むしかないのは序盤で明らかではないか。まともなクロスが一本も入れられない両サイドに目を覆う。それだけならまだしも、セットプレーの精度の低さ。

悪い材料を挙げていけばきりがない。だがしかしだ。

これらはシュートを打たない理由にはならないだろう。前線の数を増やして点を取りにいくはずが、ゴール前でうろちょろする人数が増えただけ。たとえ枠を外そうとも、ドゥトラはシュートを打っただけまだいい。密集したゴール前でのパス回しで崩すなどという芸当が可能なのは、レアルマドリーやバルサクラスだけだろう。こだわるほどの形が、保つほどのバランスが今の横浜にあるのか。身の程を知れ。

形だけの4バックは、チャレンジしているんですというポーズに思える。レギュラーで固定している点は変わらない。レギュラーで結果が出ない、中堅クラスの選手を試す余裕がない、ますますレギュラーに固執する、そしてまた結果が出ないという悪循環。

「これが現状の力」とは、指揮官が吐いていい言葉ではない。このチームには操舵手も砲撃手も、そして船長もいない。難破船のごとき岡田丸に海路は開けるのか。


今日のポイント

●踊るプーマのロゴがうざい磐田の選手紹介。

 得点シーンでもしっかり踊っていた。
●能活のミスやグラウのゴールをネタにするはずが、

 逆に河村のゴールというネタを与える。
●奥の投入直後はちょっとだけ流れを掴む。
●セットでなければ活きない大橋と大島。



今日の査定
今野隆之

いっそのこと、勝利給ならぬシュート給を導入したらどうだろう。目の色を変えてシュートを打ってくれるに違いないから。もっとも、遅きに失した感はあるが。

奥の復帰
500
悪い点は多すぎるので挙げません
0
500

stan

リーグ再開で勢いを付けたかったがギャンブル失敗。チーム内の競争は正しく行われているのか。決して良いとは思えない磐田に負けてリーグ終了。上が負けたのが救い?そんな時に勝たなくてどうするのか。

広場の芝生で玉蹴り
100
ジャガイモとソーセージ
100
蒸し暑い
-100
この時期にしてはそこそこの入り               
100
サブにDF0
-100
右っ側
-1000
前目
-300
個人としてのマグロン
200
チームの中のマグロン
-300
決して良くない磐田
300
そんな磐田に負けた
-500
GKユニ交換
100
元々流し気味の砂川主審だが…
-100
-1500












confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK