malicia witness 2階の目線2005
J1リーグ 05-06シーズン

10月29日 読売  国立競技場

一つ一つ、言葉を選びながら語る榎本達也。試合後のインタビューに彼が選ばれるのは、いつ以来だろう
「今日の榎本はよかったじゃないか。」
そんな言葉を口にしたのは、いつ以来だろう。今年は、これまでも、榎本達也は、止められそうにもないシュートを止めるが、止めるべきシュートを止められなかったり、クロスボールへの対応が危なっかしい(自分の気持ちが止められない)ゴールキーパーだった。だが、今日は、当然止めるべきボールをきっちりと止めた。完封の勝利に、ヒーロー選出は当然だった。
「よくやったぞ!!」
声が飛ぶ。

インタビューを終えたもう一人、中沢が、派手な「欽ちゃんジャンプ」でフィールドを横切り、大きく手を振り首を動かし、勝利の喜びをスタンドとともに味わおうとするパフォーマンスの後を追い、榎本達也は遠慮がちに、大きな身体を小さく縮めるように歩みを進める。それは「俺は、まだ、こんなところに身を置くのは申し訳ない」とキーパーユニフォームに包まれた身体で語っているようだ。それを見た中沢が「お前も来い!」と大きな手振りでトラックの看板外まで呼び込む。そして、大きく手を挙げる。ゴール裏ではお立ち台に上る。榎本達也は遠慮がちだった。深々と頭を下げる。

監督が、背番号1にチャンスを与え続けたくなる気持ちがわかるような気がしてくる。今日のヒーローは、君だ。

申し分のない守り。

それは読売戦での伝統。松田の安定ぶり。中沢は森本のドリブルもワシントンの空中戦も難無く止める。中西は、危ないボールコントロールがあったが、それでも実力を見せつける。連携も良く、決定的なピンチといえば、ワシントンのループと山田のヘッドの一連の攻撃だけ。
「緑の色の服なのに!」
主審も絶妙なポジションで読売のドリブルを遮る。

止まらない攻撃。

だが、それは単調に90分を連続する。両翼の突破は冴え、相馬のいない読売のサイドをズタズタに切り裂く。だが、あまりに単純。こぼれ球を久保が右脚でシュートするが、惜しくもディフェンダーに当たってコーナーキック。完璧なフリーで中沢がヘディングシュート。高木が弾いてクロスバーに跳ね返る。
左に流れたボールにドゥトラが走り込んできてクロス。久保はまったく届かず飛んだだけだが、向こうの上野の足下にドンピシャ、のはずだが宇宙開発。

「まずいなぁ。」

前線の孤立。楔はやっぱり入らない。中央高い位置に起点がないのだ。久保は決定機にストライカーらしい走り込みでシュートを放った。だが、中央での腰の引けた競り合いでの頼りなさは、エースにほど遠い。
「なんか変な形なんだよなぁ、飛び方とか。」
「久保は根性とかと縁遠い選手だからなぁ。」
久保が相手を突き飛ばすショルダーチャージで反則を取られる。だが、そこに拍手。反則でも良い。彼には勇気を持ったプレーが必要だ。
坂田の孤立は変わらない。いつもと違うことといえば、坂田自身のミスやファールで、自らを追い込んでいることか。
「読売って失点が多いから勝てないんだろ。」
「その読売から点が取れないうちって…。」

ボールは足下。それも悪いときの伝統。

「そうだ!ハユマ!!」
ハユマの前方にはスペースがたっぷり。走り出すハユマにパス。勢いを増してゴール前に殺到する選手達、のはずがスピードダウン。
「自分が足下にほしがるのはまだいいけれども、パスはスペースに出してやってくれよ。」
「あれが、足下に来たら、攻撃の勢いが止まっちゃうよ。」
ほんの数十センチのパスの違いかもしれないが、その数十センチを正確にコントロールできるのが上野のはず。
「上野が、もっと自分で前に追い抜かしていってくれないと、局面は打開できないよ。」
「なんで、今日は上野なの?」
「250試合出場だからだよ。」
「なんでマグロン使わないんだよ。中央でもっと仕掛けないと。」
「250試合出場だからだよ。」

山瀬は、得意の「消え」から、何度もゴール前に姿を現す。しかし、腰痛もあり、中央での強いプレーの期待まではできない。上野はいつものボール下げ過ぎ。「あいつのゴールはどっちなんだよ。」と、ぼやきも出る。

「基本的に相手合わせだからさぁ。」
とてつもなく悪いわけではないけれど、相手合わせ。だから緊迫感が無くなる。それなりの余裕を持って試合を進めていく。前節の新潟のスタジアム全体から吹き出してくる緊迫感と必死さが、この直接達決からは感じられない。
攻める、攻める。でも怖さを感じないのは、逃げの攻めだから。

久保のヘッド。鋭い弾道が、ゴールポストをかすめる。
それから、また単調な攻守が続く。
「なんとかならないのかよぉ。」
選手の停滞するプレーを、なんとかするのがサポータだ、というのも重々承知で声援をおくる。だが、スタジアム全体のテンションが下がっていくのは誰にでもわかる。限界はあるのだ。

読売の守備が、あまりに緩くなり両サイドは突破し放題。左の坂田からマイナスボールがグランダーに戻され、走り込んできて久保がシュート。
「入らないのか!!!!???」
直後にマグロン投入。崩れた読売の守備は、中央を突くマグロンのドリブルと、常に一対一を考えるグラウの登場で慌てたムードとなる。そこで、ついに、ドゥトラのフリーキック。中沢の頭が二段ロケットのように伸びる。空中で確かに伸びた。読売戦の歓喜は、こうしてお約束のようにやってくる。

右のグラウからグラウよりも中に入ったハユマがシュート。高木が止める。
ドリブルが増え、中央へ圧力をかける。このサッカーならば不満はない。
「いいぞ!」
「イケイケ!!」
「やれ!!」
声援が一段と大きくなり、屋根のない雨のスタジアムにも手拍子は響く。

待ちに待った勝ち点3を告げるホイッスルが響き、歓声があがる。
「よくやった!!」
「これで、残留は、ほぼ確定。」
ゴール裏名物の外人さん軍団「M.O.I.S.T.」達は、読売のJ2落ちを歌っている。スタジアムに陽気なムードが少し帰ってくる。

それでも、やや雰囲気が冴えなかったのか、中沢はいつもよりも大きく喜びを表現する。2つ目の欽ちゃんジャンプのとき、スタジアム全体に喜びが溢れ、大きな安堵感を超えた祝杯のムードとなる。
「さぁ、木曜日は本番だよ!」
重苦しいスタジアムよ、さようなら。


今日のポイント

● 今日もくさびのパスが入らないので攻めに変化が出ない。
● コーナーでキープしようとする一方で
 セットプレーは奪われるリスクが高いロングボール。
 考え方が統一されていない時間の使い方。
● 奥にストッキングを直せと無理な注文をした主審。
● 途中交代で出てきた東京の町田(しかも川崎からのレンタル)。
●中学受験の塾を袖スポンサーにして落ちるのはまずいだろう読売。


今日の査定

石井和裕
最低限の目標達成。自滅のファールの多さと単純なミスの連発には頭が痛いが、完封は、とてもよい結果だったと思う。
ミスがなかった榎本達也
300
松田貫禄の1対1
100
やっぱり記念試合起用采配
100
ドゥトラの突破
100
サイドはよかった山瀬
100
人間とは思えない中沢
300
マグロンでサッカーらしい攻め
200
健気に奥
100
残留
300
1600

なかむ〜

勝ったことは嬉しいが、他は全部すっきりしない。久保は復活にはもう数試合必要か。それにしても、必死さが伝わらない読売。

基本給
1000
残留に大きく前進
500
天皇杯に向けてマグロン温存
500
上野 250 試合
250
でも温情起用してる余裕あるのか?
-100
2150

stan

残留に向けて大きな勝ち点3を得た。それだけの試合。チャレンジしないリスク回避サッカー。意外性が無く平坦。だが今は仕方が無い。ただここに至るまでの過程を嘆く。あと一つ勝ったらもっとアグレッシブなサッカーで嘗ての高揚感を。

-100
東京相手に国立ホーム
-200
2万人切った
-100
上野250試合      
300
公式戦で久保のリハビリ
-200
蹴り合い
-300
ゴール前の精度の無さ
-300
どっちも駄目
-300
終了間際の見苦しさ
-100
読売相手に勝ち点3
3000
扇谷主審
100
1800






confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK