malicia witness 2階の目線2006
J1リーグ 06-07シーズン

3月18日 セレッソ大阪  日産スタジアム

「奥はマルケスがゲームを組み立てちゃうからやることなくなっちゃったね。」
「いや、やることないじゃなくって。」
「なんか、奥と吉田がしっくりこないよねぇ。」
連勝で強さがクローズアップされているトリコロール。異国での勝利の次節は、異国帰りの皆の表情が明るい。
「でもさぁ、わかんねぇよ。鹿島が酷すぎたんだよ。」
まだ、ここに油断はない。信じることと過信し気が緩むことは違うのだ。

試合開始早々にゴールを奪われる。だが、慌てる必要はない。途切れることなく続く応援の歌声。リードは一時的にセレッソに与えてあげたもの。その貸しをGKの吉田がしっかりと返す。前半のうちに追いつく。

後半はトリコロールの時間が続く。

ドゥトラが寄せてマグロンがボールを奪う。その前にいるマルケスは走り出し、ドゥトラはインサイドキックの丁寧なパスでスペースへ。マルケスが逆サイドへクロスを送ると、そこには、先ほどまでドゥトラの後ろにいたはずのマグロンがいる。トラップは完璧に足下に収まり振り抜いた脚はゴールにボールを送り込む。

さらには右サイド、そこは縦への動きが少なくていた指定場所だが、スペースに上野が走り出し、オフサイドギリギリのタイミングでボールは上野の前へ。ゴールライン付近まで侵入した上野が弾丸のようなクロスを送るとゴール前に飛び込んでいるのはマルケス。なんと美しい連携なのだろう。

いつものように吉田の時間は終わる。今日の終わりは見苦しく。

「吉田、てめぇ、押せ押せの時間に、なんでちんたら歩いてるんだよ!」
不満なプレーはある。例えば勝負せずにゆったりとした山なりのクロスを逆サイドに送ってチャンスを失ったときは失望した。そのときに飛んだ野次は、まだ愛のある叫びだ。だが、このちんたら歩きには愛を失う。

登場するハユマはボールを持つだけで声が飛ぶ。
「行け!」
「勝負!!」
そこには勝負に挑む男がいる。
「あ〜サイドって、こうやって前後に動くんだよね。」
「目の前を縦に走るヤツがいなかったから新鮮だね。」
これでこそ両サイドを活かした闘いだ。吉田にないものは、闘争する心と行動。テクニックの問題ではないのだ。残された試合は1試合しかない。浦和戦で、今の吉田が通訳と相対することは大きなリスクでしかない。最後のチャンスは古巣大分でのアウエー戦。

セレッソの攻撃は鋭さを持つ。

「気をつけないと!」
「攻めは鹿島よりも全然早いんだから。」
コーナーキックの流れからカウンターをくらいピンチになる。さらにマグロンが怪我でアウト。中沢がスパイクされる。
「まずいぞ。しっかりいかないと。」
クロスが入る。西澤のポストが収まる。シュートを撃たせない。だがペナルティエリア内の攻防は、いつでも紙一重だ。1点差では落ち着かない。

残り時間15分。怪我のマグロンを下げるかどうするか。

「マグロンはカードをもらってるから下げるべきだよ。ここは河合だろ。」
「久保が持つかだよねぇ。」
「でも、基本的に久保は何もしていないし。」

時間は、まだ15分ある。ドゥトラからのクロスは吉田の手をかすめる。抜けてきたボールに河合がライダーキック。押し込んだ。
「ゴー〜ル!!」
スタジアムナビゲーターが叫ぶ。
「よしっ!!」
「河合だ!!!」
しかし取り消し。歓喜のスタンドはざわめきに。
「やり直せ!!」
「ここが大切だ!」
「もう一回奪い取れ!」
一気呵成に突き放したい。しかし、セレッソは、ここで徳重を投入。
「ウ〜ン、嫌なのが入ってきた。」
「ここでミスター電装かぁ。」
徳重には苦い思い出がある。

何度も経験した甘い罠。その香りが漂い始める。

緩んでしまったようだ。スタンドの雰囲気は勝ちが決まったようなムードだ。まだ残り時間は長い。追加点は決まってはいない。それでも、フィ−ルド上では脚が止まる。
「前から行け!」
「誰か一人行け!」
「下がり過ぎ!」
「引くな!」
第一節のようにバイタルエリアでスペースを与え、ミドルシュートを撃たせる。
「下がるなよ!」
「油断するな!」
直後、ペナルティエリアにセレッソはフリーが2人。悲鳴が上がる。
「やられた!」
「あ〜!」
頭を抱える。
しかし、榎本と一対一の西澤が放ったシュートはクロスバーを越える。
「助かった。」
「油断するなって言ってんだろ!」
「下がってんじゃねぇぞ!」
さらに浴びるシュート。
「な〜んで、こんなにバタバタしてんだよ。」
「マグロンが抜けたからじゃないか?」
「そ〜か。納得。」
「ヤバいね。1点差じゃ。」

試合は動く。この試合に休みはない。ほんの僅かな劣勢が続く時間が一瞬にして立場を逆にする、その瞬間を河合が捉える。ここしかないタイミングと速さの角度を付けたスルーパス。縦105m×横68mのフィールドのココしかない絶妙のコースを斜めにボールは進む。
「凄い!」
その弾道だけで腰が浮く。美しきラストパス。いや、左脚で、得意の位置にボールをおいて間髪入れずに抜群の決定力を持った左脚がゴールネットにボールを撃ち込む、その姿は幻。目の前にいる絶対エースは、思わぬ方向に弾んだボールを器用に右脚で整えて、「シュートの自信がない右脚側にボールが跳ねてしまったので、マルケス様お願いします。」という気持ちを隠すためにか、これまた器用な右脚のインサイドキックで逆サイドのマルケスへ。久保のシュートを警戒して引き寄せられたセレッソのディファンダー達。マルケスを見ている者はいなかった。

そう、言い換えれば、こういうことだ。

久保は僕らを裏切り、でも僕らは久保を信じ。きっと裏切ることと信じることは、ずっとこのまま交互に2007年1月1日まで続く。今日、このとき、久保を最も信じていたのはセレッソのディフェンダー達。そして久保の裏切りを信じていた者、マルケス。久保のシュートを信じなかったマルケスは密集するペナルティエリアの中で孤独を得た。

「よしっ、今日もカタカナばっかりが並んだぞ!」
「すべてカタカナの「マ」から始まる名前ばっかだ。」

3−1。2点差がつく。
「これで安心だね。」
「雨も上がってきたようだし。」
「よかった、よかった。」
残り時間僅かになっての追加点。
自陣からドゥトラがドリブル。すると中央で疾走する大きなしなやかな影。
「久保だ!久保!」
「久保!久保!久保に出せ!!!」
「全力疾走だって!久保がマジだって!!」
ドゥトラからのグランダーのクロスは惜しくも距離が長過ぎる。
「惜しい。せっかく久保がマジだったのに。」
「なんで久保は急に走り出したんだ。」
「今日唯一のフルパワーでのプレーだったじゃないか。」
「雨がやんだからじゃないか。」
「意外と、それが理由かもね。」

ロスタイム4分。雨は小降りになり、本来であれば不要となるトリコロールのパラソルが花開く。コーヒールンバがなり手拍子を合わせる。さらにマルケスからドゥトラの突破。低くて早いクロスが入る。
「決めろ!」
「うっ。」
「あれっ。」
「外すなよ!」
ニアサイドでのヘディングはドンピシャのタイミングに見えたが、弾丸のようなシュートはポストをかすめてパラソル花開くゴール裏方向に飛び去って行く。
「あ、清水だぞ。」
「えっ、アブね〜。アブね〜よ。」
「ヤバいヤバい。」
「こんなとこで清水の貴重な年間2点のうちの1点を使ったら大変なことだよ。」
「3−1を4−1にするなんて、清水のゴールではもったいなさ過ぎる。」

気持ちのよい夜。
「今日は色々、吉田デーだったな。」
なんて会話したが、やっぱり勝ち点3とマグロンに乾杯した。


今日のポイント

●好調の上野あってのマグロン。
●久保の見せ場は副審との睨み合いだけだった。
●西澤との競り合いは迫力。勝利した栗原の実力。
●精彩を欠いた奥。復活の糸口はあるのか。
●動かない右。今のままだと上野とマグロン次第。
●10番がミスすると声を揃えて「ビンゴー!」。


今日の査定
石井和裕

緩すぎたスタンドの雰囲気と油断した選手達に少々不満。だが、突き放す3点目を獲っての勝利は大きい。私たちは悲観しすぎず、浮かれすぎず、試合を見て判断しながら応援しなければならない。

河合のスーパースルーパス
1500
2点目のマグロンのトラップ
1000
マルケスのタイミングをずらしたシュート
600
吉田デー
300
2点目のブラジル3人の動きだし
800
今日も勝負だ鋭い隼磨
200
久保の存在
300
守備も攻撃も一級品の上野 
200
上野の右サイドでの飛び出し
300
セレッソの1点目
500
栗原の高いヘッド 
300
6000

今野隆之

出鼻をくじかれる失点に悪い予感がよぎる。しかし、内容が悪いなりに勝点3を拾った今年のチームは、かなりしぶとそうだ。平均年齢なんか関係ない。ブラジルトリオだけでどうにかできてしまうことに懸念を感じないでもないが、それは贅沢な悩みというものだろう。ますます円熟の境地に達した上野の働きは見逃せない。若手はよっぽど奮起しないと出番がないぞ。

森島にやられた
-100
マグロンのピンボールのごとき同点弾 
500
ブラジルトリオによる美しい勝ち越し弾
1000
河合が押し込んだけどハンドだった幻弾
300
久保の弱気なアシストからマルケス落ち着いてだめ押し弾
1000
縦横無尽の上野
500
抜けたときが怖いぞマグロン
500
マルケスに負けるなちょっと目立たない奥
200
大分戦で奮起しろ吉田
100
先発は近いか隼磨
500
空気を読むジロー 
200
ルーズだった終盤
-300
拍子抜けだった蝶野の登場
100
4500

三沢まりの

左からのみの攻め。ブラジルトリオのみの攻め。偏りは、いずれ解消するのか否か。上を目指すには、ピッチ全体の調和が不可欠。もっとがんばれ日本人。もっとがんばれ右サイド。

スバラシイぞマグロン
1000
スバラシイぞマルケス
1000
マグロンまさかの2試合連続2ゴール
1500
河合−久保−マルケスの駄目押し
900
奥さんの居場所が見当たりません
-200
ハユマ待ち(65分間)の右サイド
-600
ハユマ明け(25分間)の右サイド
200
決定機をきっちり外してくれる清水
300
吉田さん(C大阪)もしっかりしてください
-300
とっても彼らしかった森島の先制点 
300
拍子抜けの蝶野
-500
3600

白火

いずれ左からばかり攻めるわけにはいかなくなるだろうとは思う。吉田と隼磨の奮起を期待。でも、今は、左サイドが奏でる極上のハーモニーをただ味わいたい。

森島はやっぱり手怖い
200
だから油断しちゃいかんと
-300
なんか中途半端な3人吉田
-300
完全に主力のマルケス
1000
負担も軽減されイキイキしてるドゥトラ
500
ものが違いすぎるマグロン
1000
その3人で獲った2点目
1500
上野も河合もすばらしい
800
競らない久保
-100
追わない久保
-100
でも最後に仕事する久保
500
ファウルしかできないのかセレッソ
-300
いたのか相手の10番
-50
4350

なかむ〜

締まらない入り方をしてもしっかり勝ち点を取るあたりは、期待してよいのかもしれない。前半で追いつくのも毎度のうちらしくなくてよろしい。

基本給
1000
マグロンは今年の象徴            
1000
ブラジルトリオだけでの得点を予言
1000
今年の上野は一味違う
500
新聞にネタを提供した久保のアシスト     
300
モリシ相変らず元気             
300
雨のおかげでデッレアルピっぽかったスタンド
100
4200

stan

相手が大量失点続きで守備から入ってくると意識しすぎたか試合の入り方が軽く早々に失点するも慌てず押し切った。雨で精度を欠く中マグロンの技術と嗅覚がひと際輝いた試合。やはり森島が下がると点が入る。

-100
屋根の御蔭で快適
100
緩かった失点シーンの寄せ
-200
また森島か
-100
吉田を外せば交代枠が増える
-100
互いにパスミスが多かった
-100
今年は相手GKに恵まれてる
200
マグロンの嗅覚
300
ブラジル人だけで点が取れちゃった2点目
700
マグロンの落ち着いたシュート
300
上野が効いてた
300
久保は今日も置物だった
-100
栗原と西澤
300
ぬか喜びだったハンドゴール
-100
森島を下げてくれるのはありがたい
100
3点目でようやく役に立った久保
100
いろんな所に顔を出しつつ点も獲るマルケス
500
持ち堪えられない相手
300
3点目以降の相手の明らかなトーンダウン
200
3点目以降の久保の明らかなトーンダウン
-100
清水らしい外しっぷり
100
吉田主審
-100
3人居た吉田はどれも今一つ
-100
内容が悪くても勝ち点3
500
2900








美味しくご飯を食べよう。今日はマグロンDAYだ。

confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK