malicia witness 2階の目線2006
J1リーグ 06-07シーズン

3月25日 浦和レッズ  日産スタジアム

はたして「きょうのレッズのディフェンスは、本当に素晴らしかった。」のか。選手も監督も、そして観客席の私たちも、エンゲルスが仕切っていた頃の浦和を、昨年の千葉や大分の厳しい中盤を忘れてしまったのか。全盛期の鹿島の守備の厳しさは、この程度だったのか。この試合は、間違えなく勝てた試合なのだ。私たちは、今年の本命、浦和の幻影に怯えていたのではないのか。

全てはこの瞬間に狂ったのだ。右からのクロスは吉田にとってイージーなボールに見えた。外側にいる通訳の姿を確認した後に、頭を大きく振ってコーナーキックに逃げる。
「おい、おいおい。」
「そりゃねぇだろ、吉田。」
通訳との距離は遠かったし、榎本との間に障害もなかった。ワントラップして振り向いてクリアすることすらできるタイミングと距離感だ。前半の残り時間は、あとわずか。サッカーのセオリーで言えば、失点してはならないが、簡単にコーナーキックを与えてはいけないのは当たり前だ。
「絶対に守りきれよ!!」
声は飛ぶが選手達は気持ちを切り替えられてはいなかったのだろう。失点。
この試合のプランは全て狂う。序盤とはいえ、4連勝のチームを追う立場の本命浦和。前半をスコアレスで折り返せば、後半には前がかりになるはず。そこに、付け入る隙を見つけて逆襲することが、勝利への方程式のはずだった。立場は逆転した。

プレジーズンマッチからの大量得点で、トリコロールのサポーターも「爆発的攻撃力のF・マリノス」に強さの幻影を描いている。だが、考えてみてほしい。セットプレーからの得点の比率を。それは伝統の持ち味ではあるが、けっして崩して得点を重ねてきたのではない。むしろ、持ち味は中盤の守備。第一節のビデオ見直してみればわかる。中盤での囲い込みの厳しい守備。そこには、久保やマルケスも前線から参加している。ただし、終盤になると運動量は落ちている。

だからこそ、浦和との試合でトリコロールの爆発的な攻撃力が披露されていないとしても、それは問題ではない。きちんとした中盤の守備で浦和の攻撃を完封していれば、それで十分に持ち味を発揮している。後半の早めにセットプレーで得点し、前がかりになった浦和の裏をついて追加点を獲ればよいのだ。浦和の終盤は固く守ることを選んだ。闘莉王、坪井といった代表クラスの選手さえも、止めたボールを繋ぐことなくクリアーに徹する。これは、けっして堅い守備に支配されている試合ではない。ゲームはトリコロールのモノのはずだった。

そもそも、岡田監督は先発の布陣でスムーズに得点できるとは思っていない。なぜなら、2失点したとたんに、「反撃するのに先発の布陣では無理」と判断して選手を慌てて入れ替えていることが明白な証明だ。であれば、1失点した時点でも状況は変わらないはずだが。

結局、トリコロールのサッカーを行なったのは、54分から73分までの、極めて短い時間だけ。上野を失い、ボールはマグロンを経由しない。松田は全く無意味の中盤をさまよい、マルケスにまでポジションを指示する始末。松田不在の右サイドにはワシントンがポジションを取り、そのケアのために下がったハユマは攻撃参加のチャンスを完全に失う。右に開くのは久保だが、ドリブル突破もクロスも成果なし。では、清水は、どこへ行った。ハユマだけではワシントンを止めきれないために、やはり右サイドの守備的なポジションをとらざるを得ない。これで、なにをしようというのだ。

さらには、榎本は、なかなかボールを前線に蹴りださない。
「なんなんだ、この間は!!!?」
「いや、榎本が悪いんじゃないって。フォワードがちんたら歩いてるんだって!」
見れば3人もオフサイドポジションを歩いているではないか。それが繰り返される。

2階自由席バックスタンド側は、沈黙する。なんとかしてほしい、なんとか手拍子しコールしなければ、という気持ちがあっても、眼下に繰り広げられる絶望的な選手の配置に意気があがらない。このようなことはめったに起きない。これだけの観客がスタンドを埋めているのにもかかわらず、あきらめのムードが広がる。

キープに入ったと思われたサイドのボール。だが長谷部に戻ってきた瞬間に、それはゴールヘのチャンスボール。
「撃ってくる!!」
叫ぶも栗原の詰めは遅い。他の選手達もコースを塞ごうとするものはいない。
「馬鹿やろう!!」
「撃って来るに決まってるだろ!」
「見え見えのコースじゃないか!」
「油断してるんだよ。」
油断。だが、考えてみれば、そこにいるべきなのは、本来は松田のはずだ。

たった一つの臆病なプレーをきっかけに、すべてが狂った。それを立て直すチーム状態ではなかったことを判明した。ただ、負けたのではない。勝てる試合を失い、勝てる支柱が不在なのを露呈した。なぜ、松田は、あの場所にいることが許されるのか。なぜ、2失点目の直後に慌てて選手交代をするのか。いまのトリコロールには大人の年齢だけがある。しかしそこには、大人のコミュニケーションは存在しない。だが必ず、夏は来る。ここ数試合ですら、終盤には脚が止まっている。今のサッカーは子供の心の大人には荷が重いサッカーだ。本来は、その夏に向けての解決策が必要な今、どうするのだ。


今日のポイント

● 「痛い」を理由に休んでいた方がよいほど何もしなかった久保。
● 久保同様に体調が悪かったのか機能しなかった小野。
● 大きなミスはあったが決定機を何度も防いだ榎本。
● 2点差になって下げられるなら奥と吉田を先発起用する意味は不明。
● 下がって守る相手に策がなかった右サイド。少ないサイドチェンジ。



今日の査定
石井和裕

勝つために必要な行為がなされなければ勝つことはできない。

気分が悪いのにもほどがある運営
-1500
何しにきたのか吉田
-100
自覚がない松田
-500
再三、ピンチを凌いだ榎本
400
試合を生き返らせた清水
300
孤立してもスキルを見せたマルケスのクロス
200
ワシントンの技術
300
長谷部の戦略眼
200
あの吉田に押し込まれた序盤の通訳はヤバい
100
-600

今野隆之

ブラジルトリオ任せのツケは早くも表れた。リーグ戦は17番の覚醒を待つ場でもなければ9番の試合勘を取り戻すための場でもない。真剣勝負にこのような温情を持ち込む指揮官には速やかに去っていただきたい。まだ序盤だなんて思ってないだろうな?

交替してわかる上野の存在感
300
どうして後半最初から久保と替えないのか大島
300
試合前のダンマクに対する対応のまずさ
-500
17番ユニ永久封印決定
-1000
意固地になって先発メンバーを固定する指揮官 
-1000
松田の好き勝手を許すチーム
-1000
お好み焼き
3000
100

なかむ〜

自滅。2nd ボールを拾えなかったり、球際の競り合いでことごとく負けてたのは、技術云々ではなくて、精神面の甘えと奢り。この敗戦を11月のリベンジに繋げるか、11月に降格争いをするかは、それこそ選手にかかってる。

基本給
300
競り合いはほとんど勝ってた栗原
1000
積極的に攻めてた上野
500
大島の意地の1点
300
プランぶち壊しの吉田のクリア
-300
下らない3失点目
-500
久保、奥、吉田を使った選手起用
-1000
5万観衆を前に下らない試合
-300
0

stan

久し振りの敗戦。結果的には大分戦の先発で臨むべきだったか。守備的に行くのか攻撃的に行くのか中途半端になって然程強さを感じなかった浦和に自滅して負けた感がある。この試合で出た課題をどう生かすかが今後の鍵。メンバー構成には再考が必要。

春の日差し
100
横断幕で広告を隠されたまま
-100
相手を恐がり過ぎて受けに回った
-200
腰の引けた右サイド
-200
左だけでは苦しい
-100
それでもほぼ互角だった前半
500
1点目は仕方無い
-100
キックミスで自作自演の榎本
-100
それ以外は良かった榎本
500
点目が痛かった
-200
小野が下がったのも痛かった
-100
早過ぎる中盤省略放り込み
-300
放り込んでも久保の所で失う
-200
清水は良かった
500
大島も良かった
300
大島魂のゴール
500
あっさり3点目献上
-100
5万人越え
100
浦和に負けた
-1000
判定にぶれのあった片山主審
-100
-300





日産の広告の上に貼られた浦和の横断幕。再三の抗議にもかかわらず、前半終了までこのまま。


ハーフタイムにめくり上げられた横断幕。この横断幕の主は氏名も明白。

試合開始前には、本来はルールとして浦和側の横断幕が貼られてはならない場所に浦和の横断幕が貼られ、横浜の横断幕がはがされる。これは、ルールを守らない者が優遇されるという異常事態。この光景を見て心地よい思いをした横浜市民はいるだろうか。子供に理由を質問された親は、どのような説明をしたのだろう。スタジアムは無法地帯であってはならない。そして、ここで高まった緊張状態のために、本来あれば横浜市民が座って観戦することができるはずの座席をアウエー側コーナー2階に作ることができなくなった。この不手際をクラブは真剣に反省しなければならない。有料観客動員が落ち始めた昨年からクラブの対応は焦りばかり。前節の蝶野招聘など不手際が多い。そもそも、チケットの売り上げが少ない試合にエンターテイメントイベントを実施することの効果は少ない。そのイベントを目当てにチケットを買う人は多くない。むしろ、浦和戦のように開門が早く、待ち時間が長い試合にこそ、退屈をしないエンターテイメントイベントを投入し、早くから来場した観客が満足し、また友達を誘って来場してくれるようにすべきなのだ。クラブは横断幕問題をサポーター「メンツの問題」と捉え、重要視しないだろう。だが、本来は、来場者の満足向上、再来場促進の上でも大問題であることを理解すべきだ。


満員のホーム側自由席スタンド。通路も最上段もびっしり。


美味しいお好み焼き、にも浮かぬ顔。封印決定につき、これが最後の17番ユニフォーム姿。

confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK