malicia witness 2階の目線2006
J1リーグ 06-07シーズン

7月23日 アビスパ福岡  日産スタジアム

それは珍しいことだった。試合後のゴール裏に向かった選手達に、拍手がこれっぽっちも聞こえず、激しいブーイングがこだました。引き分けで勝ち点は1つ得ている。だが、その内容が酷すぎたのだ。ワールドカップがあけても、同じ試合を見せられるとは、誰も思っていなかった。


前半の45分を終え、ロスタイム。
「まずい!」
「押さえろ!」
「足りてない!!」
この試合で唯一、福岡がゴール前に人数を殺到させた瞬間。まったく守備の陣形はとれず、圧力をかけられ、ゴールネットは揺れる。しかしオフサイド。天を仰ぎ、頭を抱えた私たちはため息をつく。

前節の89分に、今季何度目かの89分失点で敗れ、今日は前半のロスタイムで危うく失点しかける。
「45分早いよ!」
「だからオフサイドで済んだんだよ。」
何の見所もなかった前半は、無失点で終える。だが、一つのことを証明したのだ。

このメンバーのこの調子では得点の望みは薄い。
このチームは、相手が本気になる瞬間には持ちこたえることが出来ない。

終わってみれば、無得点で無失点。
「根拠のない期待」を自重すれば、失意のダメージは少ないが、あまりに虚しい。

「まだリーグ戦って半分も過ぎていないんだよな。」
「あと20試合もあるぞ。どうするんだよ、こんなの毎試合、20試合も見ていられないよ。」
「この試合でベテラン偏重をされても、何も生まれないよなぁ。」
「今日のツートップじゃ、何にも出来ないって。山瀬を待つなら、山瀬が入ることを想定して、同じトップ下の選手で試合しておくとかさぁ。」
「監督は良い時の選手が揃った幻を見て試合やってるようなもんだもんな。」
「そりゃ、良い時のマルケスならば、トップ下も兼ねてツートップが出来るけどさぁ。」
「はっきりしたトップ下がいないと、試合に変化が出ないよ。」

会話は弾まない。私たちは長い消化試合に慣れていない。


今日のポイント

●中央をドリブル突破する怖さがない。
● 無駄でも良いから囮の動きをゴール前でする選手がいない。
● ロングボール以外にテンポを変えるアイデアがない。
● マイクには放り込み以外にやらせるつもりがない。
● 後半が始まったのにボールボーイがいない。


今日の査定

石井和裕

この選手起用だったら勝てないと思うよ。

後半始まってタッチを割ったらボールボーイがいなかった
200
福岡のゴール裏はセリエBの南からきたチームみたいだった
100
見たくないチーム状況だった
100
400

三沢まりの

ミヒャエル・エンデの「ネバーエンディングストーリー」を思い出しました。そう、セバスチャン少年の活躍によって、すべてを覆おうとする[虚無]から世界が救われる物語。その物語のように、どこからかセバスチャン少年がやってこないか、ボクらの心の[虚無]を食い止めに。そんな妄想を抱きながら、膝を抱えてピッチを見つめた試合後でした。この試合はまさに虚無だ。

中断明けならではの試合前のワクワク感
800
気力を振り絞らないとブーイングもできない虚無感
-2000
スコアレスドロー
0
帰り際の雨
-200
800

今野隆之

誰か岡田の信じ方を教えてくれ。殴られようが蹴飛ばされようが何度でも言う。「名将」のメッキはとっくに剥げている。

何もねえよ
0
0

stan

変わったのはフォーメーションだけ。それも中澤の怪我の副産物でしかない。中身は何も変わっていない。負けなかったことだけが救い。

古賀が元気で良かった
50
442?4231?いや、2701
-1000
ブラジルトリオ
-500
累積が気になってきた
-200
2万人割った
-100
西村主審
50
勝ち点1
300
-1400








ドイツ土産は「バイエルンミュンヘン・グミ」。



マイスターシャーレやカップ戦のカップなどのカタチのグミが沢山入っている。
confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK