malicia witness 2階の目線2006
J1リーグ 06-07シーズン

9月23日 名古屋グランパス  日産スタジアム

「名古屋って、いつもこうなのかなぁ。」
あまりに早いリーグとカップの敗退に、ついつい名古屋サポーターの心情を投影する。それでも、彼らは、アウエースタンドにやってきている。私達もホームとはいえ、ここに、今週末も帰ってきている。

「えっ!」
なぜかフリーの体勢で大島はゴールをヘッドで打ち抜く。喜びと驚きと疑念を混ぜ合わせながら、カップ戦敗退のショックを忘れさせる先制ゴールは、私達のところへとやってきた。
大島の目の前では、極悪な反則プレーでおなじみの古賀が、宙を舞いながら、荒川静香のように上体を後ろに逸らして、見事な飛型を魅せていた。
「いやぁ、古賀は素晴らしいな。」
「きれいなイナバウアーだった。」
「このゴールは芸術性が高いね。」
これには、年俸1億円のゴールキーパーもなす術がない。

中盤に運動量が、いつも増して、いや増していない、少ないのだ。

トリコロールにはトップやトップ下がボールを受けるための動きが少ない。ジェフやガンバの試合をビデオで見ればよくわかる。一度崩壊したチームを立て直す過程において、今は我慢するよりほかない。そういう状況だけに、裏への飛び出しができる坂田の不在は痛い。一方の名古屋は、いつものように中盤の運動量が少ない。

「あれって逆だろ。」
「いや、あいつに渡したってダメなんだって。」
「何でわからないかなぁ。」
「何で名古屋は藤田にボールを預けないんだ?」
「何で藤田が後ろで中村が前なんだよ。」
「こんなの、藤田がいたって意味ないじゃん。だったら、くれ!藤田くれ!」
見た目の通り機能しなかった中村は、90分を待たずにフィールドから消えた。

前半の名古屋には覇気も動きもなく、試合は停滞する。運動量がさほど多いとは思えないトリコロールが、この試合を制圧している。
「もう、さっさと息の根を止めてやってくれ!!」

後半の開始は緩慢だ。最近のトリコロールの特徴でもある。前半には鳴りを潜めていた金の個人技に翻弄され、最後はヨンセンに決められる。
「いや、高い。」
ここから、試合の流れが変わる。名古屋が良いのか、トリコロールが悪いのか、それとも、現役ノルウェー代表のヨンセンが凄いのか。
「ヨンセンが、ここまで戻って守備しているぞ。」
「ヨンセンがここからゲームを創っているぞ。」
「ヨンセンがサイドにいるぞ。」
「ヨンセンが裏に飛び出した!」
「ヨンセンが・・・。」
「ヨンセンのパスは高すぎ。」
「ヨンセン、日本人は、そんなにデカくないって!」
「ヨンセンのパスはノルウェーサイズだったな。」
「マジで、ノルウェーのサポーターってヨンセンより、みんなデカイんだぜ。」
動かない名古屋の中で、全てをこなす大型で勤勉なヨンセンに感心する。勝ち進むことは難しいサッカーだが、ヨンセンは偉すぎる。

ゲームは、楢崎が間に合わない無理な飛び出しをして決まった。運良く吉田が躊躇したために、最初のボールには間に合ったが、クリアが甘く、ハユマに山なりのボールを蹴り込まれる。なんとも絞まらないゴールが決勝点となる。

「今日のMVPは、どう見ても上野だったなぁ。」
「来年も上野頼りって訳にはいかないよなぁ。」
今は、緊張感を持って、一つ一つ課題を解決し、年末の本番に備える長いプレシーズンマッチ。何はともあれ、勝ちを得ることはできた。それは収穫。
「でも、なんかスッキリしないよなぁ。」
「消化試合なのに消化不良って感じ?」


今日のポイント

●ストライカーらしくシュートを放っていった坂田。
●中盤からの飛び出しが少ないと手詰まりになる大島のワントップ。
●極悪ぶりは例年通りの古賀。
●リードで安心したのかシュートが少なく変化のなかった前半。
●パス出しに迷いが見えてもったいない河合。
●ちょっとやそっとじゃ止めないつもりなのがよくわかった主審。


今日の査定
石井和裕

スタンドに入ってすぐに指を指されて笑われた。あまりに低いテンション。でも、試合が始まると気分は高揚した。ありがとう、古賀。

ランディ・オートンのポーズのような古賀イナバウアー
1500
ハユマのシュートが飛んでいる長い時間
200
がんばりがよくわかるヨンセン
300
予想以上に巧かった金
100
2100

今野隆之

水沼監督は、選手に自分でモチベーションを上げるように言ったという。我々も自分で上げなきゃいけないのかもしれない。天皇杯に向けて、是非スタンドのモチベーションも上がるような試合をしてください。いつまでも勝ってよかっただけでは、ね。

テンションの低さを吹き飛ばすいきなりの大島ヘッド
1000
…のはずだったのだがその後ぐだぐだ
-500
捌いて走って点決めて、ヨンセンの一人三役に頭が下がる
500
上野の働きばかりが目立つのはいいことなのか
500
ネタとしては最高なんだけど…隼磨のループ          
1000
スカッと決めてほしかった坂田
300
2800

なかむ〜

電光石火の先制点。相手の助っ人外人で失点。最後に代表選手が得点して勝利。興行的には面白い試合だったと思う。内容には不満も多いけど、疲労度を考慮すれば満足すべきか。

基本給
1000
電光石火の大島ゴール(アシスト古賀) 
700
田中の特大ループ(アシスト楢崎)
700
上野、奥、松田と頑張るベテラン
500
坂田の強引にシュートを打つ意識
100
何しに出てきたのか判らない17番
-100
ヨンセンいい選手
200
あいかわらず怖かった藤田
200
3300

stan

暑くも寒くもない。そんな気候のような試合。全体に緩かったが、それでも勝てたのは相手がより緩かったから。だがナビスコ敗退直後で勝てたのは大きい。

あれが入っちゃうの?「その1」
500
緩いなぁ
-300
お約束の初物ご祝儀ゴール
-500
あれが入っちゃうの?「その2」
2000
東城主審
-100
久々に名古屋に勝った
500
勝ち点3、白星先行
1000
IK○A渋滞
-100
3000







confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK