malicia witness 2階の目線2008
J1リーグ 08-09シーズン

3月7日 浦和レッズ  日産スタジアム

「シーズンあけましておめでとう。」
「今年もよろしく。」
前売り完売という事前情報もあって、いつもに増して早い出足でE25に仲間が集まってくる。昨年開幕の不安と比べれば、圧倒的に期待が大きい。そしてマリノスタウンの開業もあって、練習試合を見ることも増え、新外国人選手や選手に関する生の情報が入手しやすくなったことも大きい。この街にあって、トリコロールが話題の舞台に登場するシーンは比べられない程に増えた。

メンバー紹介。
ワシントンもポンテもいない。これといった強みが見えないメンバーに、思わず感想が。
「このメンツのレッズが相手なら、こりゃぁ勝たなきゃだめだろう。」
そしてキックオフ。
「叩き潰せ!!」

山田が後ろから中沢に身体を当て倒す。バックスタンドの目の前だ。
「後ろからじゃねぇか!」
「お前!主審が家本さんだったらカードだぞ!!」

右サイドでキープをされてシュートを撃たれる。しかし、コースを大きく外れる。枠に向かう気配のないシュート。
「今、撃ったのは誰?」
「7番?」
「えーと7番って・・・高原。」
「あれ、高原かよ。」
もの凄い違和感だ。

全体的には様子をうかがいながらの応援だ。ボランチの松田、スリーバック、ロペスとロニーの新外国人。最初にロペスがフェイントでかわしてパス。受けてターンをするロニー。ウワッと歓声が沸く。なかなかいいじゃないか、という反応だ。特にロペスはラグビー・サモア代表選手のような風貌とはギャップのあるテクニシャン。しかもフィジカルコンタクトに強い。「強くてでかいラモス」は、これまでのトリコロールにはいないタイプだ。

小気味よくサイドでボールを動かしハユマがクロス。ゴール前にスペースにはロニーがフリーで走り込んで来ている。
「来た!!」
「やった!!」
「あたー!!」
「やっちまった!!!」
どフリーだが、超低空で放ったヘッドは狙い過ぎか、ゴールポストのわずかに外。
「でも、いいじゃないか。去年までは、ゴール前に誰もいなかったんだから。」

サイドに預けて中央のロニーにパス。ロペスを経由して走り込んで来た山瀬がワンタッチで相手をかわしにかかる。
「いいよ。」
「ナイスプレー」
「山瀬が孤立してないからイイよね。」
「今年は去年とはずいぶん違うみたいで楽しみだなぁ。」
そんな感想をプレーが途切れる度に交換し合う。そんな流れの中で、ボールが哲也に戻される。トラップに手間取り相手に距離を詰められる。かわそうと試み、躊躇して蹴りだすことを選択。ボールはタッチへ。
「う〜ん、ここは、今年も変わってないみたいだな。」

守備をしない(といっても前評判よりも、ずっと守備をしていた)ロペスと比べるとロニーは真面目だ。中盤まで下がってボールを引き出す動きをしたり、ワンツーで山瀬を活かしたり、献身的な働きが目立つ。そんな真面目さが裏目に出て、ドリブルする相馬を倒してしまって警告。これが、後に大きく響いた。

前半はスコアレスで終了。
「まぁ、まずまずなんじゃないの。」
「最低限って感じだね。」
「これは絶対に勝たないとダメなしあいだな。」
「浦和が悪すぎる。」

後半開始。浦和の両サイドの縦への動きが激しくなる。ボールまわしが大きくなって試合が動き始める。決定機を迎えるが、いかんせん高原の出来が悪く、シュートにまで至らない。そこでしびれを切らせた闘莉王がドリブルで攻め込んでくるが、それをしっかり止める中沢。見応え十分だ(その後で、また高原は倒れていた)。

50分を過ぎて、ロニーが相手を掴んで止めてしまう。徐々に運動が落ちる。
「こりゃ、ロペスを下げて坂田だろ。」
「いや、ロニーに退場されたらまずいから、ロニーを替えないと。」
などと話をしていると、ハユマがハユマらしくないワンタッチで相手をかわすプレーで余裕をもってクロス。坪井が、足がつっているわけでもないのクリアミスし小宮山がシュート。
「やった!!!」
一瞬で総立ちになるスタンド。身体をぶつけて倒れる仲間もいる。拳を突き上げ頭を叩く。
「よくやった!」
「これで闘莉王が前に出てくるからカウンターだぞ。」
「ここで、ロニーに替えて坂田投入だ。」
ロニー退場は必然だったが、その前に選手交代がなかった。結果、10人に。そして、すぐに浦和は永井を投入。緊急事態だ。
「まだ20分あるぞ。」
「でも、ロニーが、それほど守備をしていたわけじゃないから。」
「すぐに、ここでロペスを下げて清水を入れなきゃダメだろ。」
「坂田でもイイ。」
「前から守備のチェックをしてカウンターを狙わないと。」

ここで、浦和の猛攻・・・となるはずだったのだが、浦和の攻撃にスピードアップがない。とにかく高原とエジミウソンにボールが収まらない。収まったとしても二列目からフォールーをする動きがない。さしたる脅威も感じないままにロペスに代わって坂田を投入。

次にオジェックが打った手は田中達也の投入。下げられるのは堀之内。中盤と終盤を削って、田中達也、永井、エジミウソン、高原の4枚を並べる。
「これって、やっちまったんじゃないか。こんなにフォワードをたくさん入れて後ろを削るって、カウンタ食らって負ける典型的なパターンじゃないか。」
「なんか、オランダ対アイルランドで見たような気がする。」
「田中達也がドリブルするスペースなんてないだろう。」
ますます機能しない浦和。見れば、永井が行き場を失い、最終ラインからパス出しをしている。

「マテウスかベッケンバウアーみたいだな。」

コーナーキックを得る。ニアを狙って跳ね返され、もう一度コーナーキック。
「いいぞ、10回くらい繰り返してやれ!」
繰り返された3つ目のコーナーキックは松田のシュートで終わる。枠を大きく外すが拍手だ。
「いいぞ、下手なカウンターを食うよりはずっとマシだ。」

80分を超えると、浦和がサイドからクロスを入れられるようになる。しかし、中央に怖さがない。闘莉王は上がってくるスペースがない。たくさんの赤いユニフォームがゴールエリア内に侵入するが、中沢、栗原、松田らと空中戦を挑むには役者の力量が違いすぎる。シュートを撃つ高原は前半と同様に越しが回らない宇宙開発。かなりコンディションの悪さをうかがわせる。そして倒れる。
「浦和は凄いの獲っちゃったなぁ。」
再三にわたるコーナーキック獲得。経過する時間。3分間のロスタイムを経て、歓喜はトリコロールに訪れる。

試合後、浦和の選手交代に話題が集まる。
「俺は、最終ラインでパスを捌いていた永井の気持ちを聞きたいよ。」
「いや、俺は、あの状況でわけもわからず引っ込められた堀之内の気持ちを聞きたい。」
いつもの居酒屋へ行く。予約してあった座敷だが席は一番奥だった。最も遠い席に浦和サポーターのグループ。間の座敷席は緩衝帯として、誰も通されることはなかった。


今日のポイント

徹底してコーナーキックを獲得した坂田
熱くなりそうな開幕戦を見事に裁いた吉田主審
昨年は「決まり事が多くて窮屈」と不満を漏らしていた浦和選手たち
 今年はどうする?
何度も倒れていた高原


石井和裕

翌日に声が出なくなった。前半手のひらから出血した。試合前に脚がつった。1人減っても完勝だった。

浦和に久々の完勝

600

松田経由でワンツー山瀬がゴール前へ

200

なんでも止める中沢

200

エジミウソンの万歳

100

高原っていう人のミス連発

200

ロペスのキープ力

300

ロニー印象深いお披露目

600

大島の浮き球トラップ

200

6万人を超えた大観衆

300

小宮山ゴール

600

高原のドリブルをピタリと止めた中沢

300
3600

今野隆之

練習試合で抱いた不安は、もっとよくなるという確固たる期待へと変わった。浦和の内容は関係ない。1試合勝っただけだが、このカードには1/34以上の重みがあるんだ。

当たっていた哲也

500

間に合った佑二と勇蔵のセンターは磐石

700

ボランチ松田の初戦はまずまず

500
小宮山と裕介の併用が成功した左サイド
500
途中までよかったけど終盤は昨年通りだった隼磨の右サイド
300
強くてうまいロペス
700
次に期待、ほろ苦退場デビューのロニー 
200
さらに進化中の大島
500
途中出場でペースを作った坂田
500
積極性の賜物だ小宮山のファインゴール
1000
桑原采配お見事
500
浦和の"Scramble Attack"不発
500
バーができた
500
未央ちゃん女神になる
500
7400

ゆっか

勝てば天国負ければ地獄。浦和に勝つっていい気分。「復活」への期待が高まってきました!

浦和ざまみろ!

500

「そこで打っちゃえ!」とわめいたらこみたんシュートが決まったので、みょーに嬉しい                     

3000

開幕恒例!?9番にカレー券2枚 

-1000
捻挫は気合で治すもの!                 
2200
やっぱりロペスとロニは当たり              
100

カレー屋のトッピングのカツができてなくて、縁起わる…

-200
牧歌的な大画面でのオフサイド案内             
100
釜本さん実況のTBS録画忘れ
-500
9600

三ツ沢まりの

我が愛息(5か月)のスタジアムデビューを勝利で飾ったぞ。「あの赤いのは悪いひとたちだぞ」と情操教育もバッチリ(?)。なんて良い開幕だろう!このままの勢いでひとつ・・・開港150周年は3冠だ!(今年の目標はごにょごにょ)

思い切った小宮山のJ初ゴール

1200

エヂミウソンを完封した田中ユのCBぶり

800

活躍しそうな気配がするロニー 

500
ロペスはちょっとアヤシイかも…
-200

ますます上手くなっている大島

800

去年とは大違いの松田ボランチ

700

見ていて安心する榎本のセービング

600
浦和に勝った。
2000
ヘボい浦和。
-200
攻めてこないトゥーリオ
-200
今年の目標は「・・・ゆうしょう」(小声) 
500
スタジアムデビューを勝利で飾る我が子
500
赤ちゃん休憩室オープン
600
ただいまのホイッスルはオフサイドです
200
7800






リニューアルされた飲食店はスタジアムでの楽しみの一つになりそう。


ついにスタジアム内にBARが出現。これからの展開に期待ができる




confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK