malicia witness 2階の目線2008
J1リーグ 08-09シーズン

4月26日 大分トリニータ  九州石油ドーム

「シュート何本打った?」
「勝つ気あったのか?」
「今季最低の試合を見てしまったなぁ。大分まで来て!」

試合後には辛辣な言葉が飛び交う。昨季リーグ戦で3−0、5−0の大差をつけた大分は、この試合を「リベンジマッチ」と位置づけ、試合を盛り上げてきた。はたして、見事にリベンジをされる結果となってしまった。

試合前、大分のスタメンを見る。ウェズレイも高松も外れ、西川がゴールを守るのは厄介なものの、普通にやれればどう考えても負けるメンツではない。
「このメンツで負けたらかなりヤバいねぇ。」
だがしかし、このときトリコロールのスタメンをみて気づくべきだったのだ。開幕戦と全く同じということは、ここ数試合の良さを消しかねなかったということを。

試合開始早々、ビッグチャンスを迎えるトリコロール。小宮山が絶妙のスペースに折り返したボールを、大島がトラップ一発で裏に抜ける。が、西川の果敢な飛び出しに防がれてボールは枠の外へ。この試合最大のチャンスをものにすることはできなかった。

「7番相変わらずだねぇ」
位置取りが中途半端で一部からは厳しい評価が下される隼磨だが、この日も前半から引き気味に位置してしまう。癖なのかリスク管理のつもりなのかは不明だが、マイボールがセンター近くに来てウィングバックが自陣に居るとはどういうことなのか?

そして8番。久々に登場したロペスは、開幕戦でこそ抜群のキープ力で攻め上がりに貢献したが、味方がいい位置に居る状況でも1テンポ遅れてパスを出そうとするので、攻撃がスピードに乗らないこともしばしば。さらには、山瀬に守備の負担が増えることや、ロニーとの相性が実はあまり良くなさそうなのもあって、効果的な起用とは思えなかった。

失点は完全な油断。

ノープレッシャーで放たれたシュートは、コースはきわどかったものの、スピードはそうないものであった。後でビデオを見ると、哲也は逆側に体重をかけていたので難しいのだが、そちら側は一応中沢がケアしていたから、やはり油断から状況判断を誤ってる。
「キーパーの差が出ちゃったなぁ。」

ここからが大分の守備は集中していた。前節の清水のようにひきこもるわけでもなく、しっかりプレスをかけてくる。山瀬には二人がかりで止めに入る。トリコロールはサイドを使って広く攻めるわけでもなく、人が多いところで止められる。時折らしいパス交換は見られたが、ペナルティエリアに侵入し、いい形で打つことは非常に少なかった。

後半も、事態は大きく変化しなかった。
「ロペスもういいだろ。兵藤でいいじゃん。」
「7番も清水あたりに変えたほうがいいんじゃない?」
すると監督が手を打ったのは隼磨に変えて山瀬弟。札幌戦では一応実績のある手だったが、この日は独特のドリブル突破も大分の守備の前に通用せず、チャンスを作り出せない。すると、何を考えたのか、監督は大島に変えて坂田を送り出す。
「前線で受けるやつ居なくなったなぁ・・・」。

そして、やっとロペスが兵藤に代わる。
「前半だけで十分だったろう!」
残り10分で何をやれというのだろう? 結局、決定的なチャンスを作り出すことなく、トリコロールは完封負けを喫した。

「久々に文句言いまくっちゃったよ。」
「鹿島や名古屋では内容あったけど、今回は内容もダメダメだ。」

自分は開幕戦以来の生観戦だったが、それと比較しても内容の無い負け方であったのが気になるところ。連休中は連戦になるので、引きずらずにしっかりホームで立て直してほしい。


今日のポイント

ロペス復帰で振り出しに戻る。
●スタジアム全体で勝利を奪いにきた大分。
●失点後は完全に気迫負け。
●穴子の刺身はちょっと鯛に似た味がする。


なかむ〜

基本給

300

負けてるのに攻めてるふり

-1000

謎なうえに遅い交代策

-200

西川

300

初九石ドーム(故・黒川紀章デザイン)  

100

あなご料理+とり天        

3000
2500

yamamoto

キーパーの差+チームの意識統一の差

西川

3000

うちの1番

-2000

大分のダブルボランチ

1500
3バック右のストッパーなら申し分ないポジショニングのうちの7番
-3000
勝っているなら申し分ない後半のパス回し
-1500
某社の試合寸評に【(マリノスの)後半の猛攻】とあったことに笑った
300
1300

stan

詰まらない試合。 互いに見るべき所が無く漫然と90分が過ぎていった。 失点シーンは防いでほしかったが負けたのは監督の差。スタメン・交替にロジカルな説明が出来ない。まともな監督相手のゲームは今後も厳しいだろう。

体の重いロペスが戻ってふりだしに戻る

-200

日本人だけの方がマシじゃないの?

-500

油断が招いた失点

-500
西川上手いなぁ
300

バックパスしに出てきたかのような山瀬弟

-200

こっちの監督

-1000

逆ジャッジが目についた松村主審

-100
-2200

この試合の感想や意見はこちら









この日はセントレジャー城島高原スペシャルデー。なんと1993年にゴール裏のコールをリードしていたマリーシアの永野君が、このリゾート施設の要職に就いている。


フォトセッションに収まる永野君。残念ながら挨拶は彼ではなく社長。マリーシアメンバーから「永野が挨拶じゃなかった。」と速報が電話で入る。
confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK