malicia witness 2階の目線2008
J1リーグ 08-09シーズン

8月17日 清水エスパルス  日本平スタジアム

前節の結果を受け、勝てば入れ替え戦枠から抜け出せる状況。アウェイといえど、ここで勝たなくてどうする。

先発は監督交代後ではベストと思われるメンバー。サブに本職FW選手が居ないというのはどうなんだろう?ロニーを気前良く放出して怪我人が出たから致し方無い面もあるが、先発でリード出来ないと厳しい陣容。場合によっては守り倒して勝ち点1を拾いに行くつもりかもしれないが、この直接対決にそんな弱気で臨んでいてはやられる。

暑さを危惧していたが、思ってたよりも気温が落ち着いた事もあってか、試合開始から積極的に攻める。

相手に付かれると簡単にボールロストしていた大島だが、今日は見違えるようにボールが納まる。堅実なポスト、キープしての受け渡し、相手が緩いと見た時の反転、好調時の大島が戻ってきたか?坂田も前節に続いてキレのある動き。やっとちゃんとしたFWが戻ってきた。

2トップがまともだと良いリズムが生まれる。

山瀬兄との位置関係が若干整理されたのか、単にコンディションが戻ってきたのか、今年初めて河合のポジショニングとボールの散らしが効果的に見える。

サイドは小宮山が積極的に攻め上がり、隼磨は抑え気味。隼磨は損な役回りにも思えるが、今の段階では逆にするよりも小宮山に思いきりやらせた方が良いだろう。カバーするCBとの組み合わせ的にも松田と組むWBが高めになるのは理解出来る。

個人的には松田と中澤の位置は逆にしてほしい所だが、栗原が居ない内はスピードに対処出来てフィードの精度が高い方をWBのフォロー役にして真ん中で弾き返させるというのは分からなくもない。

問題は中央のMF。

トップ下の兵藤は運動量でかき回させるつもりだろうが、如何せんトップ下として使うには物足りない。兵藤はパサーでもドリブラーでもシューターでもないが、機動力のあるモダンなMFだ。使う位置はもう1〜0.5枚下かサイドだろう。

そして山瀬兄。

誰が山瀬兄をボランチで使い続ける事を望んでいるのか。サッカーセンスは素晴らしいものがある。危機察知能力も高く献身的だから、やって出来ない事はない。

だが。

山瀬兄が輝くのはトップ下としてプレーした時なのは誰もが認める所。その輝きを消してまでトップ下に別の選手を置くなんてのは馬鹿げている。プレーの幅を広げる為に、なんていうのは無理矢理納得させる為の方便だ。

この二人の配置が逆ならば、現状のベストと言っても良い布陣なのだが。

兵藤は良い所までは行くものの、中途半端な印象が否めない。山瀬兄は低い位置からドリブルでかわそうとするが距離が有り過ぎて途中で止められてしまう。

折角2トップが頑張っているのに、最後の精度を欠いてしまうのは勿体無い。

それでも前半は運動量で勝り、相手の元気の無さも手伝って押し気味に進める。

山瀬兄のCKが久々にゴールに繋がった。中澤も漸く決めてくれた。多分に相手の元気の無さに助けられた部分はあったにせよ、前半を1点リードで折り返したのは内容的にも妥当な所だろう。出来ればもう1点獲ってからハーフタイムに入りたかったが、守りきれれば勝ち点3なのだからここまでは悪くない。

最近完封出来ていない。判で押したように毎試合失点するのはどうしたものか。相手のある事だから、致し方無いと思える失点もあるのだがこう続くとそうとばかりも言ってられない。

点を獲らなければ勝てないが、点を獲られなければ負けはしない。当たり前の事だけれど、もう一度整理して残留に向けて状況に応じた対応が出来るよう意思統一をすべきだ。

後半開始早々、CKから失点。一体何をやっているんだ?あまりにもあっさりと決められてしまった。振り出しに戻っただけだと言えばそうだが、時計の針は進んでいる。またしても失点してしまった事で、後ろの選手は消極的になり前の選手は焦りが目につくようになって、プレスは効かず間延びしてゆく。後手後手に回って相手ペースになるものの、相手のブラジル人っぽくないプレーぶりのブラジル人のお蔭でなんとか助かっている。

これなら何とか耐えてもう1点獲れるか。甘かった。すっかり油断してた。

ゲームの趨勢には関係無く残り30分になったので兵藤からロペスへ交代。ロペスをどうしても出すなら兵藤を下げるのは致し方無い所か。

だが、これで悪い流れが決定的になってしまった。体は重いがプレーは軽いロペス。守備をせず競り合わず相手プレスの格好の餌食になりボールロストしてカウンターの起点にしかなっていない。偶に出すパスは相変わらずアウトサイドを多用した受け手の事を考えない気まぐれで横柄なもの。

それらは今に始まった事ではないが、この日はひと際酷かった。

次に大島を下げて狩野。

何がしたいのか分からない。狩野のプレースキックを期待するなら大島はターゲットとして残すべきだし、河合が疲れてボールを受けてからゆっくり考える悪癖が出てきた所にプレス要員足り得ない気まぐれなロペスと狩野で組む中盤。山瀬兄の位置を1つ上げたつもりかもしれないが、そんな守れない中盤を放っとけるわけもなく、結局どっちつかずになってすっかり後半は相手ペース。それでも狩野はちょっと逞しくなって前より頑張れる選手になってきた。プレースキックも可能性が格段に上がるのだから、ポジションを掴んでほしいものだ。

3人目は器用貧乏に育てたいのか前回とまた違う位置に隼磨に替えて金井。危機感があるとは思えない交代だ。育てたいなら残留を決めた後にしてくれ。出てる間失点していないというのはセンスがあるという事かも知れないが、勝ち点3を獲りに行くようにも勝ち点1を守りに行くようにも見えない。

最後は気力で攻めた感はあったが、届かずドローに終わった。

後半の内容だけ見ればドローで充分なのかもしれない。だが、そもそも良い流れに乗っていたのに同点に追いつかれてから悉く悪い方向へ的確に導いて行くその采配はチームを残留に導く将のそれではない。

この期に及んで多くは望まない。普通の事が普通に出来てくれれば良い。3-5-2でも4-4-2でも構わない。適材適所、先ずは得意なポジションで普通にやらせてみてほしい。ユーティリティ?応用?そんな事は基本が出来てからやるものだ。

魅力的なサッカー?そういう事は安心出来る勝ち点を積み上げてから言ってほしい。


stan

勝たなければいけない試合、勝てた試合。引き分けたのは謎の選手交代に尽きる。出た選手は国籍の違う1人を除いてよく頑張っていた。先発はまともになってきた。次は選手交代、ってサカつくじゃないんだから。

なんとかもった天気

100

パルちゃんショー

300

ボールが納まるようになってきた大島

200
ちょっと元気になってきた河合
200

やっと決まった山瀬兄CKからの中澤ヘッド

500

支配した前半

1000
いろんな意味で粗くなってた清水
-300
桜エビかき揚げ丼
600
後半立ち上がり早々にお約束の1失点
-300
修正されちゃった
-200
よーし、じゃあテンパって謎交替しちゃうぞ
-1000
適当で助かった相手の右サイド
200
双方のブラジル人らしき選手
-500
狩野がポジション獲れればいろんな事が解決する
100
平等に下手だった田辺主審
-200
いーかげんだった廣嶋副審
-100
選手はよく頑張った
1000
いや、ロペスは頑張ってなかった
-500
勝ち点1
500
清水までのシャトルバスの余計なドキドキ感
-100
1500

この試合の感想や意見はこちら







confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK