malicia witness 2階の目線2009
J1リーグ 09-10シーズン

3月7日 サンフレッチェ広島  日産スタジアム

「シーズン明けましておめでとうございます。」
「今年もよろしくお願いします。」
開幕戦ならではの挨拶。さすがに開幕戦ということで、大阪、島根、福岡、台湾からも仲間がやってくる。M cafeは開幕の喜びに大いに盛り上がり、ゴール裏Fever隊との交歓も。。
しかし、試合後は、その喜びは、どこかに消えてなくなってしまう。ひとまず、開幕はしていなかったことになってしまった。
「まぁプレシーズンマッチだから。開幕は11月だっけ。」

3バック対策というのは単純なものだ。素人でも知っている。両サイドのウイングが開いて3バックの横のスペースを使う。ストッパーをサイドに引き出して、2列目からのアタッカーが中央に飛び込む。または、3バックの前にいる両翼の選手のポジションを押し込んで5バックにしてしまう。そうすれば、中盤はスカスカになるので試合を支配できる。トリコロールの2失点目は、まさにその典型的な型にはまった失点。広島側の立場に立てばしてやったりだろう。

試合開始早々から両ウイングに圧力をかけられ3バックは5バックに。
「これは厳しいねぇ。」
コーキチ的には3トップを自負しているので3−4−3のフォワードの3の両翼と4の両ウイングで数的優位を作り4を守備のブロックとして裏を取られない守備をするつもりだろうが、ご存知の通り3トップというのはインチキで、実際は3−4−2−1なので両サイドは常に数的不利。

中盤の守備はアーリアと小椋の2人だけ。ともにボールを奪おうと前に出て軽くかわされる。
「アーリアの守備は酷いけれど、このポジションをこの2人でやらせることがダメだろう。」
「使う方が悪いよ。」
「あの軽い切り返しはないよなー。」


ハーフタイムに気が付いた。これは去年と同じなんだな、と。

後半が始まる。選手が出てくる。
「おっ山瀬がでるぞ!」
「誰が下がるの?」
「アーリアだろ。」
「俺はアーリアを下げるとは思えないぞ。」
「おーボランチ二枚換えかよ。」
「それってコーキチ戦術の全面降伏じゃないか。」
「それっていいのかよ、コーキチ。」
「とにかく、ここからだ!」
「これまでのことはなかったことにしてやる。ここから勝負だ。」
後半が始まると、ボールも人も動き出す。収まらなかったボランチにもボールが入るようになる。

その動きも山瀬の打撲でストップ。あとはやられるだけ。金が入るも何をやろうとするのかわからない。足下のパスばかり。ディフェンスラインの裏にグランダーのスルーパスを通す意図も感じられない。攻めてはいるものの、ゲームを支配しているのは、前半と同じように広島。前にボールが進まないのだ。

ホイッスルが鳴る。試合は終わった。歓声も罵声もない静かな空気に包まれる。厳しいシーズンであることを多くのサポーターは覚悟をしていたが、その厳しさを一層感じさせられる90分間の惨事。だが、これに打ひしがれているわけにはいかない。
「我慢だね。」
「おっガスが3点差で負けた。」
「大島が、うちを最下位から救ってくれたぞ。」
「山形頑張ってるぞ。」
「よし、降格圏脱出だ。」
「次はデレオかぁ。」
「どうするんだろうね、ボランチ。」
「山瀬も出られるかどうかわからないしなぁ。」

新横浜の街に繰り出して新年会。まずは「完敗〜!」というお約束の乾杯。それは「惨敗〜!」「いまのところ全敗〜!」とエスカレートして行く。そして今後の展望について語り合う。振り返ってみれば収穫は渡辺のセンターフォワードらしいゴールだけ。良いところを思い出すのに苦労する。それでも話題は尽きることがない。やっと待ちに待ったシーズンがやってきたのだ。語りたいことは山ほどある。

私たちがトリコロールと時を刻む日々は元旦まで続く。


今日のポイント

●動きすぎずチャンスを待つ本格派ストライカーの初ゴール。
●栗原のキックを見逃した副審。
●アーリアが埋められないポジションを前に出て埋めようとした松田。
●不用意な切り返しでボールを奪われる選手達。
●全く付いていけなかった中澤のところから1失点目。
●選手入場前のビデオが復活。手拍子でゲームへの期待を表す2階席。


石井和裕

アーリアにとっては気の毒な起用法だった。そして、今年も去年と同じ戦術だということに驚いた。戦力は大幅ダウンしているのだから正直苦しい。

あけましておめでとうございます。

2000

哲也やっちまった

100

広島の2点目

500
見事に前を向いてシュートを放った新人ストライカー
200
早くて鋭しコーナーキック
100
アーリアを追い抜いていく松田
300
3100

三沢まりの

これがプレシーズンマッチだったらよかったのに。内訳をご覧のとおり、プラス要素は「『明日につながる内容』を空想して評価する」という手法でしか見いだせないような、とっても淋しい試合でした。そして、落ち着いて試合を見られるのはいつの日か・・・(ブーイングに怯える1歳5か月児を抱えていたもので。笑)

渡邉カズマのJ開幕ゴール

1000

右サイドの穴

-1000

終了寸前に垣間見た流麗なパスワーク

500
ウチがやりたいサッカーを相手が見せてくれた
300
後半はウチの子が泣かなかった
500
1300

なかむ〜

前年にも増して多難なシーズンの幕開け。収穫は、采配・用兵に問題があったことを監督自らが認めていることか。

新シーズンのごあいさつ

500

楽しかった3分間

-1000

コーキチが監督という現実の87分間

-500
渡辺初ゴールご祝儀
1000
やられっぱなしだった左サイド
-100
スッカスカの中盤の底(前半)   
-100
練習してなさそうなリスタート
-100
シュート打て
-200
浦和よりは上で、降格圏外
100
1100

今野隆之

ある意味、シーズンが始まったと実感した試合だった。開幕戦から腹括ったぜ!

前半3分まで

2000

前半3分以降

-1000

素人並に安っぽい選手紹介映像

-500
500

ゆっか

客席の入りも、中盤もすっからかん。

開幕特有、試合前の高揚感

2000

いきなり先制

1000

いきなり4失点

-4000
コンディションのよさがわからない
-290
-1290

stan

登録とユニで名前変えてる人たちは色気づいてないでもう少し頑張りましょう。

好天

100

久々の本格派っぽい渡邊

300

名古屋に行った田中の穴

-1000
テクニックを遣う所を間違えている
-500

普通だった柏原主審

100
-1000

この試合の感想や意見はこちら







新春に乾杯。


M cafeに仲間が集まってきた。苦しいシーズンだとわかっていても、夢や希望は尽きることがない。
confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK