malicia witness 2階の目線2009
J1リーグ 09-10シーズン

4月26日 名古屋グランンパス  瑞穂陸上競技場

落ち着かないゲーム。狩野が不在だった事、終始強い風が吹いていた事。どちらもゲームプランを大きく狂わせる要因となったかもしれない。だが、相手もそれは同じ事。水曜のACLでマギヌンを欠き、強風の影響は双方にあった。

何がゲームの趨勢を分けたのか。

指揮官の差、控えの差、そしてGKの差。

前半、強風の下風上を取ったが、あまり効果は得られなかった。ボールが落ち着かない。互いにキープが出来ず中盤を省略した展開が続く。これは後半厳しくなるな…そう思った前半終了間際、坂田が抜け出し久々のゴールを挙げる。

理想的な展開。

相手はACLを消化し後半の運動量に不安がある。風下に立つ後半は前半に挙げたゴールを守ろうと引いてしまうのではなく運動量を維持して前からのプレスを仕掛けて押し込めれば勝ち点3が見えてくる。

だが。

休養充分のはずが、強風の影響もありプレスが掛からずじりじりと押される。杉本を投入されてからは守勢にまわるシーンが増える。指揮官は交代枠を使い切ると宣言していたが、控えの層を考えると押し返せるような選手は見当たらない。強いて挙げれば左の小宮山だが、左は田中対田中でやりあっていて、守備を考えると代え難い。ここは動かず我慢した方が良い。

ここで指揮官の打った手は、右に小宮山。

小宮山の右が良かったのを見た事が無いが、サイズで守れていたキムに守備は任せようというのかもしれない。大体、右利きなんだから右サイドだって遜色無く出来る…なんて事は無く、やっぱり切り込んでシュートの撃てない小宮山には迫力が無い。

どんどん押し込まれる。

そうこうする内、セットプレーから失点。嫌な流れだ。

守りきれれば、と思ったが甘かった。この展開で押し返してゲームを制するだけの力があるか。いや、寧ろ勝ち点1を持ち帰る選択をした方が良いか

主審の判定で明らかなCKがスローインになったシーンがあった。今度は逆にゴールキックがCKに。どちらも判定が覆るはずもなく、どちらも釈然としないシーン。どちらも判定に不満を持った側は切り換えられずにいたが、ゴールに繋がったのは後者。

GKが簡単にクリアすれば良いボールを繋ごうとして相手に渡り、冷静さを欠いてしなくて良いファールを犯して与えたFK。薄い角度からで合わせてくると踏んで中途半端なポジショニングのGKを嘲笑うかのように、ボールは直接ゴールに吸い込まれていった。

本調子でない中、セットプレー2発で逆転。昔そんなゲームをよく見た気がする。あの頃はつまらないと言われても強かった。

万事休す。

この展開で追い付く力は無い。このまま余計な交代をしなければなんとかなるかもしれないが、これまでの指揮官の行動を考えればそんな訳が無い。予想通り、指揮官は余計な交代をしてきた。強い向かい風の中、軽い選手をピッチに送る。

これで押し返せる程相手は甘くない。結局、交替で入った3人はピッチを漂っただけだった。

パワープレーに入っても、あーでもないこーでもないと1人で時間を使うGKもいただけないが。

弱くなった。

指揮官のせい?交代選手のせい?GKのせい?DFのせい?MFのせい?FWのせい?チーム全体がきっと勘違いをしている。己の力を過信し、責任転嫁していないか。何故勝てないのかと疑心暗鬼になっていないか。

チーム力というものはトータル・コーディネイトの結果だ。その結果が勝ち点に反映される。その責任の多くは指揮官が占めるが、選手にも責任はある。

去年残留を果たして、大きな上積みもなく迎えた今シーズン、優勝を目指すと言って迎えた今シーズン。これからのゲームは、足元を見つめて着実に勝ち点を積み重ねる闘いにシフトすべきだ。

育成をテーマに掲げている?そんな悠長な事を云っている状況ではなくなった。若手の出場機会など、残留を決めてからにしてくれ。若ければ出場出来るのは年齢制限のある大会だけでいい。若いだけで出場出来ていると思われたくなかったら、若手は結果を出せ。若さは大きな武器かもしれないが、免罪符ではない。

指揮官とて同じ事だ。

大風呂敷を広げて、未だ結果の出ない状態で、それでも勝ち点を度外視して育成枠交代を続けるのか。残された時間はあまり無い。指揮官は結果が出なければ自ら辞すると言っていた。

ならば、指揮官を信じよう。


今日のポイント

●田中対決は痛み分け。
●どっちも風に翻弄された。
●どっちもジャッジに翻弄された。
●いろんな部分で大きな差を感じた。


stan

天候やジャッジに左右されるのはナイーブだから。いろんな意味で若さがマイナスに出た。勝ち点に拘ったゲームをしてくれ。

強風

-200

狩野の不在

-500

坂田久々の「らしい」ゴール

500
バタつく展開
-300

休養充分で走り負け

-500
状況を考えない指揮官
-1000
状況を考えないGK
-300
浮遊する交代選手達
-500
茶目っ気たっぷりだった西村主審
-200
-2500

この試合の感想や意見はこちら





confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK