malicia witness 2階の目線2009
J1リーグ 09-10シーズン

5月9日 大分トリニータ  九州石油ドーム

「うちも運が無いほうだが、大分のほうがもっと運が無いなぁ」

試合後は、勝ち点3という結果に安堵しながらも、内容自体は大分のほうが勝っていたことは忘れてはならない。大黒柱の外国人選手が負傷退場し、ともすれば一気に崩れそうなチームを、ハーフタイムで立て直したその手腕。やはりシャムスカは素晴らしい監督である(今はツキがないけど)。

スタメンの発表は、もはや今シーズンの観戦において最初のドキドキの瞬間。期待でも驚きでもなく、心配とともに発表されたリストに目を向ける。報道の通り松田が復帰し、現時点でベストと思われるメンバーがスタメンに名を連ね、ひとまずは安堵。ただ、試合が始まると狩野が前目に出てきたりと、やはり素直に継続をしないのは、現監督の真骨頂というところか・・・。 一方、バックアップ層は決して厚くない。松田が持ってくれるのを祈るのみ。

大分は4−4−2の布陣だが、守備のときは中盤の右が下がって5バック気味になる守備的布陣。試合後のコメントを読むと意図したものではないようだが、結果的にはサイドの守備を強固にしていた。そして、中央をエジミウソンが睨みを利かせ、狩野・山瀬・兵藤から成る中盤を機能不全に陥らせる(運動量が決定的に不足していた、というのもあるが)。序盤は完全に大分ペース。

失点は、油断というよりも、相手の執念か。

守備に、攻撃に獅子奮迅の活躍を見せるエジミウソン。失点のシーンは、カウンター気味の展開からペナルティエリアまで上がってきてのシュートだった。DFの影に入ったり、手前でイレギュラーしたり、飯倉にとって不運もあったろうし、うちの油断もあったろうが、あの、残留争いによくある、「執念」を感じた得点だった。湧きあがるビッグアイ。

ただし、大分は、あきらかに無理をしていた。特にエジミウソンの働きは、特筆すべきものではあったが、明らかにオーバーワーク。90 分は持たないだろうし、前半になんでもいいから同点に追いつければ、流れはこっちに来ると踏んでいた。

そして、それは現実のものとなる。

同点弾はセットプレーからだった。千真の素晴らしいヘディングシュートは、一度は西川に止められたものの、中沢がそれを押し込んで同点とする。さらに、エジミウソンが負傷すると、流れは一気にこちらへ。治療中の間に松田からのロングフィードで田中がゴール。前半のうちに逆転するとは望外の結果だ。

その後、エジミウソンはそのまま退場してしまい、大分が厳しい状況に追い込まれたところで前半終了。
「先制点を取られたときは、どうなることかと思ったよ。」
「攻守の要が抜けて、これに負けたら本当に恥だ。」

東京からの電話でも、安堵の声が出る。あとは、監督が色気を出した采配で試合を壊さないことを祈るだけだ。そう、目下最大の敵はベンチに居る男の中に棲んでいる。

後半は、大分がコンパクトな陣形を保つように修正してきたのもあるが、押し込まれる時間帯が続く。こぼれ球を拾われては前に運ばれるが、松田・中沢・金の3バックが、大分の急増攻撃陣に対する格の違いを見せつける。

流れが変わりかけたのは後半20分過ぎ。運動量が五分になったのか、中盤で拾ったボールを最後まで運べるようになり、何度かの決定機もあった。しかし、決めて試合を決めてしまえないところが、今のチームの弱さでもある。

こうなると、ベンチの動きが気になってくる。

1枚目の交代は、坂田に代えて斎藤と、無難な交代。得点の可能性は減るが、攻めてるふりはできる。2枚目の交代は、残り5分で狩野に代えてアーリア。これまでの、交代後の所在の無さからして、今回はどこになるのかと心配だったが、おそらくサイドの前目に入ってボールを追う役目。抜かれてもサイドなので致命傷になりにくいし、後ろに祐介と金が控える。どうやら、相当考え抜いたうえで配置と見た。3枚目の交代は、ロスタイムに入って渡辺に代えて金井。前線から追って守り切りを明確にする。

攻め手を減らす交代には異論もあろうが、現時点では無難な選択であろう。今回は交代や監督采配で試合を壊されずに済んだと、終了のホイッスルとともに安堵した。



今日のポイント

●ファミリー Join デーでホーム側自由席は大入り。
ビッグアイの荒れた芝。
松田の復帰。
やっと、無難で安全に徹してくれた交代采配。
大分の運のなさ。



なかむ〜

勝って一安心。今は無駄に勝ち点を失うことはできない。

勝利

1000

最終ラインに松田と中沢

1000

裕介今期初ゴール

500
アウェーで逆転勝利。どちらも今期初
500

全員お疲れのご様子で

-100
獅子奮迅のエジミウソン
300
ビッグアイの芝
-200
3000

yamamoto

1人選手が違うだけで、こんなにチームが変わるものなのか。両チームに言えることである。

天気がいい

1000

松田の奮闘

2000

エジミウソンの奮闘

500
ピッチ状態
-500

足もとの悪い中の学のドリブル

300
K林さん曰く「ピッチの彷徨い人」
-29
変な学校紹介
-100
3171

stan

やってる事はまともなのにアクシデントで要を失う。あまりの暗黒ぶりに相手が心配になった。何よりホームであの芝は辛い。日産スタジアムのピッチのなんとありがたい事か。相手の状態はどうあれ、勝ち点3に変わりはない。追い詰められて、理性が働いての配置は好材料だが、これで一息ついて、元に戻らない事を祈る。

連戦最後にこの暑さ

-100

まともなスタメン

300

まともな配置

300
攻守に松田復活のありがたさ
300

攻守に松田復活のありがたさ

-500
何でもやるエジミウソン
200
田中の穴は田中で埋めるのが正解
300
大分を覆う暗黒のフォース
500
綺麗でなくともゴールはゴール
500
みんな疲れてるなぁ
-300
終盤ちょっとどきどきした
-200
ゲームをクローズ出来る配置
300
勝ち点3
1500
肝心な所が見えてない岡田主審
-200
でもこのゲームは流し目にならない岡田主審で助かった
200
3100

この試合の感想や意見はこちら







confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK