malicia witness 2階の目線2009
J1リーグ 09-10シーズン

5月16日 FC東京  日産スタジアム

今シーズン、リーグ初のナイトゲームは不幸にも肌寒い日に当たってしまった。試合開始30分前にバックスタンンド2階でいつものように仲間達と会話するが、カクテルライトの華やかさやナイトゲームならではのピッチの芝の鮮やかさよりも、幾分の寂しさが先に立つ。
「じゃぁ、試合後に合流ね。」
今日は、メインスタンド中央から試合を見る。日産スタジアムでは、あの場所からトリコロールを見たことがない。スタジアム全体が、どのような雰囲気で選手達を後押ししているのかを見てみたかったのだ。
「会えるかどうかは結果次第だな。」
そう切り返されて、私はメインスタンンド中央、貴賓席のすぐ目の前の座席に向かう。

バックスタンドで寂しさを醸し出していたのは、ナイトゲームにしては気温が低かったからではない。明らかに観客数が少ないからだ。空いている印象だったバックスタンド2階はガラガラ。ゴール裏にしても両サイドはスカスカになっている。バックスタンドのアウエー側は小学生チームのご招待席。ガスのゴール裏が7割くらい埋まっていることを考えれば、おそらく、この時期においてのトリコロールの観客動員力は15,000人を切るくらいしかないということだ。

ガスサポーターのブーイングに、突如の逆ギレ挨拶で応えた中田市長。スタジアムの雰囲気は盛り上がったが、その期待は試合の序盤で腰砕けとなる。左右を突破されコーナーキックを何本も許し、飯倉がファインセーブで失点を防ぐ。それだけのことだ。

多くのサポーターは、攻撃的な4バックに期待を抱いていた。そして、子どもでも解る3バックの両サイドのスペースを埋められなかったこれまでの守備の問題点をも解消してくれる期待すら抱いていた。しかし、それは、機能すべく準備が整ったシステム変更を行なえばこそ、というもの。

4バックの課題というよりもワンボランチへの対応が出来ていない。

中盤に人がない。松田の両脇を、攻めも守りもどうすればよいのか解らない。攻守の切り替えで山瀬や狩野が下がってきてボールを受ける場合があるが、ボールタッチし前を向いたその時、他の選手達を見て考えて次の展開を決めなければならないようだということが手に取るように解る。攻撃に時間がかかる。両サイドバックも前に行って良いのかどうか、おどおどしながらうかがっている。松田に催促されて猛ダッシュで裕介が前へ走り出すこともあったが、そこにボールが出るわけでもない。

どういうサッカーをやれば良いのか解らない、というのは正直な感想だろう。今日も狩野はコーキチと握手することも視線を合わせることもなくベンチに下がった。これはいつものこと。

コーキチの選手交代には哀愁が漂う。彼が現役時代におかれた立場がそうさせるのか、そのコンプレックスのようなものを加味した仮説を立てる方が、彼のロジックを想像しやすい。そして、その方が、まだコーキチを擁護できるともいえる。

「相手を助ける交代してどうするんだよ!」

いや、きっと、コーキチの中では、今日の試合において、相手の状況や試合の流れは、判断材料の優先順位としては位置づけが低い。きっとただ、それだけのことなのだ。鹿島や浦和は優勝という高い目標をクリアするために若手選手も切磋琢磨して確実に戦力を上積みしている。トリコロールとの差は開くばかり。それでも、ずっとこのような試合が続く。私たちはトリコロールを見捨てることはないが、誰もがそう思っているわけではないことをクラブは気づいているのだろうか。大多数のファンは簡単に見捨てる。そして、そのツケは、資金面にも響き、更なる悪循環でクラブを蝕んでいく。

今日は、ネタの良い寿司屋で見習いの職人に握りを食わされたような気分だ。そして試合後に、バックスタンドの仲間達と合流することは出来なかった。

私たちがトリコロールと時を刻む日々は元旦まで続く。



今日のポイント

●ただ焦ってプレーしていた斉藤。ひた向きさがなくなっていく。
棒立ちで弾道を見送った失点。
守備崩壊中のガスから完封を食らう。
●難しい歌詞のチャントの声はアウエーサポーターのコールよりも
 音量が明らかに小さい。

 だから世界中のチャントは単純なものが多いのだろう。



石井和裕

平山がいなかったら0−5くらいで終わりかねない試合。

飯倉の反応とポジショニング

500

放り込みを指示するように見えたコーキチの後ろ姿

-3000

平山

50
必死に試合を動かそうとする松田
500

ゲータレードを配布するマリノス職員に直接試合の感想を言いに行こうかと思ったくらいに気分が悪かった。

-500
-2550

今野隆之

横浜開港150周年に相応しいサッカーで、中田市長も満足して帰ったことだろうよ。

記念ユニフォーム購入中止

-15000
-15000

stan

ロジカルな結果。幾ら相手の状態が悪いと言っても、時間の無い中チームのベースを弄って勝ち点を得られる程甘くは無い。如何に消化するか、如何に昇華させるか。道程は遠いが、可能性は感じる。問題は、何故今なのか?という事だ。

相手の状態の悪さ

200

松田ボランチだと簡単には失わない

200

でも中盤の運動量が足りずプレスが効かない

-200
ゲーム勘が戻っていない栗原
-200

連携?熟成?結果が出なくても使うって決めてるから

-400
キムは拗ねていい
-200
何故あんなにCKを与えたのかを考えてほしい
-200
何故あんな失点をしたのかを考えてほしい
-300
練習としては沢山駄目出しが出来て良かった
300
公式戦じゃなければ良かったね
-1500
普通だった村上主審
100
-2200

この試合の感想や意見はこちら







confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK