malicia witness 2階の目線2009
Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ

6月3日 アルビレックス新潟  東北電力ビッグスワン

これで波に乗ってくれると良いのだが。

落とせばナビスコカップが終わってしまうゲームできっちりと勝利した事を今は素直に喜びたい。

だが、この感じは何だろう。サッカーの質では相手に分があった。相手の状況が極端に悪化した事で勝利を手繰り寄せる事が出来たのはきっとチームがどん底から抜け出しつつある証左なのだろう。

そうだ、この既視感はアウェイ大分戦で感じたものと同じだ。
主審との噛み合わせ、相手の自滅、安堵。

変則的なグループリーグとなっているナビスコカップ予選、最終節にゲームが無い為、トーナメント進出には勝ち点3が必須な状況。可能性を信じて平日夜に新潟に集ったトリコロール・サポーターは少ないながらもとても良い雰囲気を作り出していた。(ハーフタイムに少し問題はあったけれど)

ゲームのスタートは、新潟に押され気味。戦局は小宮山のサイドを中心に展開される。チームとしての完成度は相手の方が上だ。多勢に無勢の様相で不利な展開も、真ん中の力関係で抑え込む。この辺りまでは田中は蚊帳の外。

耐える展開から、次第に押し返してきたと思っていた矢先の相手CK。全員戻っていた中で、前への意識を伺わせるぺナより外に位置取りしていた 坂田にボールが渡る。ゴールまではまだ65m。だが、坂田に広大なスペースが与えられれば…。

危険を感じ取った相手10番が坂田をファールで止める。普通なら、プロフェッショナル・ファールと言っても良いかもしれないが、早い時間に既に1枚目をもらっている選手のする事ではない。2枚目で早々に相手のキープレイヤーがピッチを後にした。

ゲームはまだ1/4を経過したばかり。まして10番を失って1人減った相手に臆する必要はない。

攻めに厚みの無くなった相手を尻目に、偏っていたゲームの局面は両サイドにバランス良く分散する。サイドと3トップの関係も小宮山と坂田、田中と山瀬の距離が近くなり、好循環に繋がる。中盤もプレッシャーが減り、前線へ進出する機会が増える。

ゴール前の混戦から、兵藤が決めて前半の内に先制。

此方のファールで相手が傷んでいる選手に構わず早いリスタートを仕掛けて、此方がカットしてカウンターに入ったと思ったら、傷んだままだから外に出せという要求。ゲームが止まると何事も無かったかのように復帰する傷んでた相手。これは心象が悪い。このゲーム、東城主審が新潟に騙される事は無いだろう。

相手は思うようにいかず、ナイーブになっているように見える。

このゲームはもらった。

後半、山瀬の推進力が発揮される。

後半開始早々、山瀬が右サイドに進出し、相手DFと対峙。相手の当たりに持ち堪えて一旦引いたと思ったら当たってきた相手DFが倒れている。前半から、大した当たりでもないのに転がっていた新潟。矢野が不在でも、プチ矢野がそこかしこに居るイメージのせいもあってか、東城主審は全然笛を吹かない。

ぽっかり空いた穴を山瀬と渡邉は見逃さない。

構わず山瀬の上げたクロスに渡邉がきっちりと反応し、アウェイ初ゴールを決める。相手の自業自得とはいえ、隙を見逃さずに結果を出すのは素晴らしい。

攻勢の中、小宮山と狩野が気掛かりだ。

小宮山は、一発決めてやろうと気負い過ぎている。シュートの意識を高く持つのは良いのだが、パスの選択肢を何処かに忘れたようだ。狩野は逆に、無難に捌く事を意識し過ぎているのか、ギラギラしたものを感じない。

山瀬と共にリズムを作っていた坂田に代えて水沼。水沼が入って左右入れ替わった山瀬が魅せる。左奥深くに侵入した山瀬は緩急とボディバランスで相手を置き去りにして左奥深くに侵入した山瀬は緩急とボディバランスで相手を置き去りに。受けとった小宮山がマイナス気味の速いクロス。渡邉に合わない、と思われた先に田中が猛ダッシュで詰めていた。最前線でチャンスの意識を共有して生まれた、綺麗に相手を崩した美しいゴール。

これで決まった。

少しペースを落としても大丈夫だ。相手には跳ね返す力は残されていない。

指揮官もきっとそう思ったのだろう。手持無沙汰になっていた小椋と、多分少し無理をしている狩野を休ませ、長谷川と田代を投入する。

時折センスを感じさせる独特の間合いのパスを前線に供給する長谷川。数少ない競り合いの場面で負けん気の強さを見せる田代。そうだ。こういうプレッシャーの少ない場面で彼らを使うべきだと思っていた。ちゃんと長所が出せているじゃないか。

追加点こそ奪えなかったが、心の折れた相手に危なげなく勝利。

リーグアウェイ大分戦と似ていると思ったけれど、大きく違う点がある。あの時の大分の心は折れていなかった。そして、決して諦めていなかった。

翻って、此方はどうか。

山瀬の好調により、前線の閉塞感が減ってきた。相手の自滅があったとはいえ、ポジティブな要素は増え、上向きと言って良いだろう。

だが、まだ何も成し遂げてはいない。
気を緩めず、次の大宮に勝利して天命を待とう。





今日のポイント

●433はまだまだ時間が掛かりそう。

●矢野の影響力ってすごいんだなぁ。
●栗原のパスが良くなってきた。
●サンキュー坂田、サンキューリシャルデス。
●山瀬好調維持。


この試合の感想や意見はこちら







confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK