malicia witness 2階の目線2009
Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝トーナメント1回戦

7月15日 ガンバ大阪  万博競技場

梅雨明けで日差しが強く暑かったが、陽が落ちると思いの外涼しくなった。浦和戦以来勝利が無く、リーグ前半戦を負け越して迎えた ナビスコカップ決勝トーナメント第1戦。

何かを変えなければ。

いや、幾らなんでも変え過ぎじゃないのか?

スタメンは前線を大幅に弄った4231。攻撃のキーマンだった狩野・坂田・渡邉に代えて小椋・長谷川・キム。登録上は424だが、4トップと言っても本職FWは1人も居ない。小椋を起用した事からも、相手に押し込まれる事は織り込み済みで、前半スコアレスで凌いで後半に賭けるという事か。

案の定押し込まれる展開。だが、意外にも此方の左サイドではなく右サイドから攻め込まれる。執拗に右サイドを突いてくる。中澤・小宮山・松田よりも栗原・田中・小椋の方が与し易しという事か。

右サイドで捏ね繰り回されて左サイドに振られるが、小宮山が頑張って難を逃れる。基本押し込まれる展開からの攻撃はキムのフィジカル次第。だが、これがフィジカルの弱いDF相手だと結構ハマる。

こんなにポストプレー上手かったっけ?

と思う位、キムへのフィードが山瀬・兵藤・長谷川に繋がる。ただ、なかなか其処から次への展開が無い。特に長谷川に渡った時は相手にとっては格好の狙い目。あっと言う間にボールを失うのだが、あの位置ならば距離があり、小椋と松田が構えているのでピンチにはならない。

山瀬の仕掛けは読まれているのか、あまりチャンスに繋がらない。その分兵藤が素晴らしい運動量でチャンスの一歩手前まで創るが、なかなかフィニッシュには至らない。

これは厳しい。あの無駄に高いラインは坂田と狩野が居れば面白そうなんだけどなぁ。

ところが。

思わぬ形で点が入る。

スローインからぺナ内の兵藤にボールが渡ると、遠くて何だか判らないけどPKゲット。一貫してセンシティブなジャッジだった西村主審だが、この時ばかりはとってもありがたかった。そのまま兵藤が蹴るのかと思ってたら山瀬が決めた。意外と相手GKの読みを外した感じのふわっとした弾道。これを切っ掛けに、相手がバタついて急にこっちのペース。無駄に高いラインを嘲笑うかのようにこっちが右サイドから仕掛ける。オフサイドにはなったが、長谷川のフィニッシュまでの展開はちょっと気持ち良かった。

良い雰囲気で前半終了。

前半の流れのままで後半の入りは交代無し…かと思ったら山瀬と兵藤を下げて狩野と坂田。確かに、狩野と坂田は効果的だろう。特に坂田にとって、あの広大なスペースは延髄もののはず。だが、ゲームの流れってもんがあるだろーに。

ふわっとした後半の入り。前半の終盤は無かった事のように押し込まれる展開が続く。飯倉の頑張りで何とか凌いでいたが、CKのこぼれから相手の中澤に決められ同点。

相変わらずセットプレーの守備に問題がある。なんであそこでフリーにさせてるんだ。だが、こりゃあ不味いぞ、とは不思議と思わなかった。何となく、この相手ならまだ点が獲れそうな気がしたからかもしれない。

程無く。

なんでそーしたかったのか分からないが、二川を下げて佐々木。イヤらしいボールの出所が遠藤1人になって的が絞り易くなってこっちは随分と楽になった。対面が疲れちゃったんだか何だか判らないけど思い切って上がれるようになった田中が右サイド深くに侵入しマイナスのクロス。相手の何を根拠にそんなに上げてるのか分からないラインのお蔭でゴール前で数的優位。松田の更にファーに走り込んだ坂田がゲット。

あれ?なんか気持ち良いぞ。

後半開始時点では、あと1枚の交代枠はキムに代えて渡邉だろうと思っていたが、相変わらずキムのポストは有効で、運動量も落ちていない。どっちかとゆーと長谷川の方がバテてきてるか。松田の運動量もそろそろ心配。

3枚目のカードは…田代。

3ボランチ?4321か?それはちょっと消極的過ぎないか?いつか決壊するぞ?と思ったら然に非ず。なんと、トップ下松田の4231。

これが実は効果的。後半消え気味で存在感が無く守備も期待出来なかった長谷川に代わって存在感有り過ぎで守備出来ちゃう当たり負けしない松田が上がった事で相手はそのギャップに付いて行けない。

45分限定という事で狩野と坂田も前線からの守備を怠らない。本来楽に持てる所に松田が睨みを効かせる。キムの運動量は落ちない。ロングフィードも確実に納めて繋げる。何だろ?この鬼のような前線守備。こぼれてきたボールは小椋と田代で処理。中澤も栗原も楽だろうなこれ。

坂田のスローインからキムがすらしたボールが松田にボールが渡る。ごりごり突進する松田。相手DFの当たりをものともしない松田。生粋のFWのようにゴールに流し込む松田。

おいおい、何だこれ?すげー気持ち良いぞ?

意気消沈した相手に、跳ね返す元気は無く、そのままゲームを終えた。

アウェイゴール3、特失点+2、勝ち点3。

相手の調子が悪かったかもしれないが、三ツ沢での第2戦に向けて申し分の無い結果。何より、浦和戦から遠ざかっていた勝利の味は格別だ。梅雨明けと共に、どんよりとした行き詰まり感は消え去った。守備をベースとした相手にどれだけ通用するのかは未知数だが、相手を考え、それなりにロジカルで柔軟性のあるゲームが出来た事は大きい。



今日のポイント

●スタメンにびっくり
●キムのフィジカル・ポストの成功率にびっくり
●交代選手が効果的でびっくり
●松田トップ下にびっくり
●終わってみれば腑に落ちる采配にびっくり


この試合の感想や意見はこちら







confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK