malicia witness 2階の目線2009
J1リーグ 09-10シーズン

7月26日 ジュビロ磐田  ヤマハスタジアム

夏休み、18時キックオフ。好条件が重なったからか、ヤマハスタジアムのアウェイ側自由席はいつになくてっぺんまで溢れていた。

スタメンのFWはキム。

前夜のキクマリでゴールを決めたいと語っていたキム。その意思表示をするかのように、ゲーム前のシュート練習では鋭いシュートを放っていた。

本当はDFなのに、ひたむきな選手だ。

現状の4231なら、フィジカルでボールが収まる分、渡邉よりも向いているのかもしれない。

右サイドがマズい。

序盤こそ攻め込むシーンが見られたものの、次第にジウシーニョにやられるシーンが目立つように。さして大きくもないジウシーニョにヘッドでいとも簡単に入られ、ゴール前まで折り返される。

失点も右サイドから。

松田からの右サイドへのボールがキープ出来ずに奪われてボールサイドに栗原が寄ってって空いたスペースにスルーパス。イに抜け出されてあっさり失点。

ちょっとこれはどーなんだ。パスも受け手も奪われた後の守備も全部緩かった。ミスが重なっての失点。注意してたはずのイにやられたのも痛い。

それにしても右サイドが脆弱過ぎてゲームにならない。というよりも、天野とジウシーニョとのマッチアップにかなり無理がある。

え?

堪らず狩野がフォローに入った時、ジウシーニョが崩れ落ちた。そんなに厳しくいったようには見えなかったが、ジウシーニョはピッチの外に出て治療。 程無く戻ってきたのだから大した事は無かったのだろうと思っていたら、今度は栗原と絡んで自爆気味に崩れ落ちる。これは膝をやっちゃったかもしれない。

ピッチを退くジウシーニョ。

アクシデントとはいえ、これでちょっとは楽になるか。それがあんまり楽にはならない。右サイドにボールを廻しても厳しいという判断からか、さっぱり右サイドにボールが来ない。でもキムは積極的だ。分の悪いクロスにも飛び込んでゆくキム。一度相手DFと絡んで興奮したのか、ちょっと揉める。なんかやっちゃったのかなぁ。この後はキムにボールが渡る度に磐田ゴール裏からブーイングが出るようになった。

お互い様のように見えるプレイは大体キムのファールを取られるようになっているが、それでも果敢に競り合うキム。

久し振りに天野にボールが回ってくる。抜け出した天野のクロスからキムがネットに突き刺す。ゴール、かと思いきやオフサイドの判定。

んー、残念。決まったと思ったけどなぁ。

観てた位置からじゃオフサイドラインなんててんで見えないけど、狩野も副審に食い下がってた位だから微妙な判定だった気がする。これはキムに点を獲らせてやりたいなぁ。

程無く前半が終了。

きっと坂田を入れてくるんだろうなぁ。後は右サイドをなんとかしないと。

今日は結構分かり易い。

兵藤と天野を下げて坂田と小宮山を入れてきた。右サイドには田中がスライド。そりゃそうだろうなぁ。

後半に入って、前半が嘘のようにペースを握る。

左サイドに山瀬が侵入する。
ドリブル。
抜ききって上げたマイナスのクロスをキムが今度こそビシッと決めた。

素晴らしい。

殆ど山瀬が御膳立てしたようなもんだが、ぺナの中に入ってあれだけきっちり合わせるのも大したもんだ。

ついでに山瀬のドリブルに付いて行けず崩れ落ちた西が動かない。

ん?

なんと×印。

これまた膝でもやってしまったのか、ピッチを後にする。これで楽にならないワケがない。田中も小宮山も良い動きをしている。押せ押せの時間が続く。だがゴールは割れない。

そうこうする内、だんだん松田が疲れてきた。パス精度が落ちて、カウンターを浴びるシーンが増える。だが、3人目の交替は狩野。ナビスコアウェイガンバ戦のように松田をトップ下にもってくるのはリードした時の話のようだ。

渡邉を入れて打開を図るが、的が分かれて出所が減った分、チャンスは減り、折角得たセットプレーもゴールには結びつかない。

暑さの中の消耗戦で終盤は互いに脚が止まってしまった。

ロスタイムに中澤と栗原でボール廻ししていたのは勝ち点1でOKという事だったのかもしれない。

ゲームを終えて倒れ込む選手が多かった。それだけ厳しいゲームだったという事なのか。いや、勝ち点3が獲れていればきっと元気に立ってただろう。暑さの中、ナビスコも闘いつつアウェイで勝ち点1は頑張った方なのかもしれない。だが、後半の両サイドでスタートしていれば…と思わずにはいられない。

後半型に組み替えて、実際後半にゴールしているが、前半に失点してはゲームプランが崩れてしまう。前節と同じような展開、同じような結果。気の抜けたような失点、相手が此方のシフトチェンジに付いて来れない内の同点。

これで前に進んでいるのか、果たして。



今日のポイント

●18時キックオフは暑いって。
●またふわーっとやられちゃったなぁ。
●また後半の早い時間帯に同点。
●相手の主役が2人傷んでなんとかドロー。


stan

暑さの中追い付いてのドローだが、今年前半と先発/交代が入れ替わっただけで交代枠を無駄にしているのは変わらない。夏場、松田の電池切れ対策を施さないと厳しい。

だからこの時期18時キックオフは暑いっての

-200

キムの気合い

200

前半右サイドやられ過ぎ

-300
失点シーンの緩さ
-500

気持ち良かったキム幻のゴール

300
坂田のスピード
200
キラリと光った山瀬のアシスト
1000
きっちり決めたキム
500
バテバテの松田
-200
飯倉頑張ってたなぁ
200
勝ち点1
500
不安定だった東城主審
-200
1500

この試合の感想や意見はこちら





confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK