malicia witness 2階の目線2009
J1リーグ 09-10シーズン

8月16日 FC東京  味の素スタジアム

試合を象徴するかのように、ゴール前で栗原が左脚のボレーシュートを空振りし、長い長い90分間が終わると、なぜか表情がにこやかになっていた。しかし、心中は穏やかではない。それでも勝ち点1がとれたからか、笑顔が止まらない。ただ、それは、いわゆる苦笑いが緩んでしまった状態であって、心の底から笑えるわけではない。その証拠に、口から出る言葉は、みなぼやきばかりだ。
「枠内シュートあったっけ。」
「しかし、シュートを撃たないなぁ。」
「飯倉が止めなかったらえらいことになっっていたね。」
「なんだかよくわからないけど、全然ゴールの気配がなかったぞ。」
「どうやったらインサイドキックでクロスバーの上に外せるんだよ。」
「俺は40年間以上もサッカーを生で見てきたけれど、コーナーキックを「クナンが入った意味がなかったしなー。」
「それはいつものことじゃん」
「あと、裕介のあれって退場だろ。」
「あれ、完全に報復だったからな。ただ、目の前にいた第4の審判が、炉ロスタイム3分の数字を合わせるのにいっぱいいっぱいで手元しか見ていなかったからバレなかったよ。」
「あれは助かったね。」
「次節は松田不在かぁ。」
「でも、柏戦やジェフ戦にいないよりはいいんじゃない。」
「そうだね、それは確かにそうだと思う。」

ハーフタイムを終えて選手が出てくると声が飛ぶ。
「後半は勝負していけよ!!」
「ガスも勝負してこいよー!!」
笑う。
「ホームだっていうのに、あんだけ引き込まれちまったら、なんにもできないよ。ちっとは攻めて来てもらわなくちゃ。」

後半もスコアは動かず。勝ち点1を獲ったものの収穫らしきものはない。サイドの連携は乏しい、選手交代をすると戦力ダウンしていくのもいつもと同じ。栗原と小宮山は集中力を欠いたミスも目立った。ただ、時間を90分間浪費しただけにすぎないゲーム。虚しさだけが残る。

「この後、3連勝しないとな!」

私たちがトリコロールと時を刻む日々は元旦まで続く。



今日のポイント

●試合前のアップで痛めた選手がいたガス。
●平山で助かった。
●丁寧だったアウエーの選手紹介。
●簡単に倒れすぎ、運動量が少なすぎ。


石井和裕

勇気がないね。

まさか!4度も決定機にパスをしたアーリア

-500

裕介の追い越す走り

100

坂田の裏への動き出し

100
小宮山の仕掛け
100
飯倉が防いでくれた
100
-100

今野隆之

継続性がないのはいつものこととしてだ、シュートを打たないのは采配云々という問題じゃないよなあ。シュートを打っても浮かせるのは単に技術の問題だよなあ。5割復帰5割復帰と言っているが、普通は勝率の定義は(勝利数÷試合数)だよなあ。主力4人を欠いた相手に収穫なきドローで、5割復帰は霞むばかり。

ゴールまで何cmになったらシュート打つんだよ!!!

-1000

どうしたアーリア、パスばっかり狙うな!

-200

浮かせる方が難しいだろ裕介! 

-300
ああ勝点1かよ
500
-1000

stan

上位相手にアウェイでの勝ち点1に不満なのは押してたゲームだったから。メンバーが揃わず極端に守備的なホームチームを攻めあぐねての痛み分け。痛みはどちらが大きかったか。

蒸し暑い

-100

全然Movingじゃない相手

-200

心もスコアも動かない

-200
長谷川ちょっと力強くなってきた
100

田中が決めてれば相当気持ち良い流れだった

200
坂田をもっと長く見たい
100
高さとスピードが揃った時にパサーが居ない
-200
次節松田出場停止
-200
河合が戻ってきた
200
完封
1000
勝ち点1
500
気にならなかった松村主審
200
怪しかったバック側副審
-100
1300

この試合の感想や意見はこちら






2階の目線TV
confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK