malicia witness 2階の目線2009
J1リーグ 09-10シーズン

10月24日 ガンバ大阪  万博記念競技場

引き分けだったのに、なぜか清々しいのは、おそらく理に叶わない采配がなかったからだろう。常識的なスタメンに、無難な采配と、めずらしく、起用でストレスを感じない試合であった。

個人的に、ゴール裏が舗装の立ち見になってからは初となる万博。モノレールの駅を降りると、以前とはちょっと違って非常に画期のある雰囲気が漂う。珍しくダフ屋も現れて、当日券売り場は完売。なんだか、人気クラブっぽいじゃないか、ガンバ。

スタメンを観ると、CBにはクナン。普通にやればそうなのだが、ここで田代や金井を使ってくる(そして田中CBとか)のがコーキチの真骨頂なので、見るまで油断がならなかったのだ。2トップは坂田・千真で、ほぼ現時点のベストメンバー。やはり進退がかかれば冒険はしてこないらしい。

試合は押され気味で進んでいく。

高い守備ラインでコンパクトに陣形を保ち、遠藤と二川を起点にボールを運んでくるガンバに対し、トリコロール守備陣も体を張って対応する。

「さすが、国家代表。違うなぁ。」

特筆すべきは、やはりクナン。
速い、高い、強い。危なかったシーンは、混戦からペドロ・ジュニオールに抜け出された1回くらいで、残りはガンバのFWを完全に封じ込める活躍。おかげで、中澤が前に出て勝負に行けるようになり、持ち味を発揮する相乗効果も生み出した。勇蔵が悪いわけではないが、能力差を感じずには居られない試合だった。やはり放り込み要員のFWで使うのはもったいない。

攻撃は、相手に合わせて空回り気味。

「繋ぐサッカーに付き合わなきゃいいのに。」
「同じことやったら、ガンバのほうが上手いんだから。」

ガンバに合わせたというわけではないだろうが、繋いで運ぼうとしては、途中で奪われることを度々繰り返す。この試合は千真へのボールの収まりも悪く、押し上げも中途半端になって苦しい場面を作ってしまっていた。スタンドで見る限り、ガンバ守備ラインの裏には広大なスペースが広がっているのだから、裏に蹴りだして坂田を走らせ、疲れさせればなぁ、とは思うのだが、そういうシーンも少ない。

結局、お互いに散発的にチャンスを作り出す、ゴールの匂いがしない展開に終始。

後半こそ、運動量が落ちてきたガンバに対して、攻め込む時間帯も作れたものの、決定的なシーンを作るには至らない。

「こうなったらベンチが手本を見せるしか!」
「ちゃんと練習してきたんだろうなぁ?」
「おっ、ボールが行ったぞ。」
「西野が蹴ってもいいんだぞ。」
どうにもゴールの予感がしなくなってからは、前節、素晴らしいゴールを叩き込んだピクシーの話をネタに盛り上がる。

結局、双方に決めてを欠いてタイムアップ。

総じて、ボールを繋いで攻め込んでいたのはガンバのほうなので、横浜が凌ぎきった試合とも言えるのかもしれない。今年の順位・チーム能力からすれば、満足すべき内容だったと思う。

余談になるが、会場を後にするときに思ったのは、やはり披露するサッカーを魅力的にして行かなければ、なかなか客は増えないということ。ここまでの道のりはともかく、昨年のCWCでマンU相手に撃ち合いを演じたガンバのサッカーが、これだけの客を集めているという事実は、参考にすべきだと思う。観客は結果同様に、内容もしっかりと評価しているのだ。


今日のポイント

●まともなメンバーさえ選べば、このくらいはやれる。

●CBはクナンと中澤でいい。
●ガンバのキープレーヤーはヤットではなくて二川。
●交代もまともだった(足を引っ張らない、という点において)。

なかむ〜

メンバーがまともなら、個々の連携だけでガンバに渡り合える。これで監督がまともならば・・・。

勝ち点1

500

安定感のあるCBコンビ

1000
切れの良い坂田
800
松田おしいシュート
500
無難なスタメン、無難な交代
200
シュートに消極的なアーリア
-300
ガンバのパスワーク
200
3000

stan

守備から入ったゲームでの完封は好印象。特にフィジカルエリート・キムと中澤のコンビは相乗効果で安定感たっぷり。狩野が退いた後、ゴールの香りが消えたのが悔やまれる。

坂田好調維持

300

危険な香りを放つ狩野

200

速いなぁキム

200
高いなぁキム
200

強いなぁキム

200
キムと組んで前に出る持ち味発揮の中澤
500
相手左サイドの大きな穴
300
もう少し精度が欲しい河合のパス
-100
沢山あったセットプレー生かせず
-200
兵藤入っていきなり累積4枚目
-100
終盤機動力だけにしちゃって失速
-300
完封
500
勝ち点1
500
良い時の岡田主審っぽかったミクルスキ主審
200
2400

この試合の感想や意見はこちら






confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK