malicia witness 2階の目線2011
J1リーグ 11-12シーズン

4月29日 清水エスパルス  日産スタジアム   (石井和裕)

後半に入って清水の守備が前線から積極的に。両チーム共に散発的にゴールを奪うチャンスを得るが、お互いにボールをゴールに叩き込むまでにはいたらない時間が続く。前節と比較するとトリコロールの442は4と2の距離は近い。反面、前節よりも攻撃がスローモーに見えるのは、おそらく俊輔がサイドの高い位置にいない時間が多いからだろう。彼が中盤の深い一に下がってくるということは、つまり前線でボールを受ける選択肢が一つ減るということだ。ボランチや守備ラインから縦に速いボールが入らない。


試合が突然変異するのはPKを与えるシーン。

スタンドで見る限りでは「えっ」という感じだったが、ビデオで見ればどちらの判定となっても主審の主観次第と素人目には見える。何が正解かはわからないが、いずれにしても、不運な失点で、今シーズン初のビハインドとなる。

残念だったのは、この失点の前から木村監督が狩野の投入を準備していたことだ。あと少し早く狩野の投入が出来ていたら、ひょっとすると違った展開のゲームになったのかもしれない。クナンと狩野が投入されるのは失点直後となる。しかし、2人の投入は、すでに準備万端。反撃体制は整っている。

さらには失点がスタンドにスイッチを入れる。なんとなく緩やかな空気が流れていたホームスタジアムに一転して緊迫の空気。布陣は442から343か352のように移行する。

兵藤の頑張りでボールを繋ぎ、狩野から俊輔へ。

俊輔は狩野の投入で左の前線にポジションをとっている。ここで大きな切り返し。幻惑された清水の選手が2人ダンンスし、ゴールまでの視界の開けた俊輔が見事なクロス。ゴール前には5人が待つ。4人の前を横切ったボールは大外へ。それが再びダイレクトでゴール前に戻り、ポストの跳ね返りを谷口が執念の折り返し。それを兵藤がぶち込む。主審は、一瞬、気が付くのが遅れたが、副審が即座に旗を振ってゴール。同点だ。
さらには、クナンのヘディングは惜しくもポストの外。
「行け!一気に逆転しろ!」
「勝つぞ!」

ロングボールをクナンに。胸トラップでボールを収めようとすると清水ディフェンダーがプッシングしてしまう。笛がなれば、昨年から蘇ったセットプレーで得点の気配が高まる。さらには左サイドに張り付いた俊輔が魅せる。長いサイドチェンジをピタリと止めて素早い仕掛け。半身の体制でドリブルしディデンダーを起き去りにしてクロス。これこそが俊輔の持ち味だ。大外から飛び込んできた小林がゴールを狙う。ダイナミックな攻撃にスタンドが沸く。手拍子は屋根に反響するほどの大音量に。

狩野と小林の頑張りがフリーキックに結びつく。距離は長い。30mはある。狩野も得意とする場所だ。
「決めろ!」
「直接だ!」
思い切り踏み込んだ思い切ったフリーキック。俊輔の放った速いボールがゴールに向かって飛んでいく。
「入ったか!?」
「行った!」
・ ・・カーン・・・。
大歓声の中で響き渡ったのは乾いた金属音。ボールはクロスバーに当たって遠くへ。ゴールネットは揺れなかった。
「ぐぁー。」
立ち上がる。頭を抱える。

試合は終わる。なかなか席を立てない。あと数分のアディショナルタイムがあれば勝てたのではないか、そんな思いからなのか、席を立てずに座っている。勝てる試合を落としたか、負ける試合に追いついたのか、その判断は人それぞれだろう。ただ、終盤に見せてくれた闘いぶりを見れば、今年のチームの可能性が感じられる。難しいことを排除し、適切な場所に選手を配置すれば、ある程度までの闘いは出来る。選手個々のポテンシャルは高いのだから、チーム戦術の熟成を見守ろうではないか。


今日のポイント

● どうやらリーグ全体の申し合わせらしい流し気味の判定。
● 動き出しに工夫が少ない千真。
● 素晴らしいシュートを放った大前。
● アディッショナルタイム4分表示のときに1万人以上は思っただろう「のびちゃうよ」。









試合の写真や意見交換はfacebookで。まずはココから。みなさんのご参加をお待ちしています。「いいね!」を押せば最新情報が届きます。


試合直後のストレートな感想は2階の目線TVでご覧ください。こちらもfacebookpageから。

confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK