malicia witness 2階の目線2011
J1リーグ 11-12シーズン

11月26日 川崎フロンターレ  等々力陸上競技場   (石井和裕)

川崎は、リーグ序盤に攻撃力を爆発させていた。両サイドバックが攻撃に参加し、ペナルティエリアの中に多くの人数を殺到させ沢山のゴールを奪ってきた。しかし、夏になり、その運動量が必要なフットボールは破綻をきたし、あっという間に下位に低迷した。相馬監督は理想のフットボールを封印し、攻撃の枚数を限定。残留争いに参入してからは守備的な布陣で闘い、確実に勝ち点を積み重ねてきた。それは、監督として当然の取り組みだった。そして、その成果と過程が評価され、来季も指揮を執ることが発表されている。

さて、迎えた等々力での一戦は、ジュニーニョのラストゲームということもあり、満員の川崎サポーターでスタンドは溢れた。

序盤は川崎にシュートを撃たせる場面がない。中盤でボールを奪い支配する。しかし、トリコロールもシュートを撃てない。せっかくのフリーの場面で谷口は枠を外してしまう。自ら仕掛けてゴール前で危険な飛び込みを見せるのは大黒だけ。とにかく攻撃のスピードが遅い。

30分をすぎると川崎の攻勢を受ける。ここ数試合、JFLにすら翻弄されている金井は、明らかに迷いが見える。前で奪うのか、待って敵を受け止めるのか、スタンドからでも躊躇が見える。そして、突破されることを恐れてか、ドリブルする相手へ詰める距離が遠い。だからただ立っているだけにしかならず、逆に守備として成立していない。
「金井!詰めろ!!」
「撃たれるぞ!」
予想通り、目の前で簡単にクロスを入れられ大ピンチを招く。

時間が進む。劣勢の時間が続く。
「まぁ、もう終わってくれ。」
「前半はスコアレスで良しとするよ。」
前半を終える。

今日も攻守に機能していないのは明らかだった。選手たちは、何をすれば自分たちのフットボールになるのか、心の拠り所を見失っている。それゆえ、どんどんと攻撃は遅くなり、前線と最終ラインの守備の連携も崩れる。

谷口は奮闘している。しかし、その姿は哀しさを帯びる。センターフォワードのポストプレーをダイビングヘッドで行う選手などいるだろうか。普通では考えられない。そのようなプレーをするのは、そもそも間違っている。確実にパスを繋げるわけがない。しかし、谷口、精一杯のプレーが、このようなプレーを選択させてしまっている。まさに不慣れなポジション。適材適所ではない。

中央でボールが収まらないので、縦へのパスが少なくなる。一昨年のバックラインでゆっくりとボール回しするスタイルに、幾分か回帰している。選手にもスタンドにもフラストレーションが溜まる。

失点は金井のオウンゴール。不運なゴールではない。
「金井!外すな!」
ラストパスが出る前に叫ぶ。金井は外に膨らんで走り込んでくる相手選手のマークを外してしまい、距離をとられている。これがオウンゴールの原因。もっと、しっかりと相手選手をマークしていれば、あんな場所でボールに触ることはなかった。そして、あのコースにパスが入ってくることもなかっただろう。金井のマークが外れたことで、あのラストパスが生まれた。

「なぜ、金井を使い続けるんだよ。」
「ずっと狙われ続けていて、しかもやられてるんだよ。」
「こんなに毎試合やられて、プレーにも迷いがあって、これじゃ使われる方も自信を失うだけじゃないか。」
「なんで、波戸を使わないんだよ。」

「まだ同点だぞ!奪いに行け!」
何としても勝って4位を確保しなければならない。スタンドは熱くなるが、ピッチ上は冷めていく。パスをもらう動きも乏しく、ますます攻めてを失い、単調で雑な浮き玉のパスが増える。浮き玉のパスは悪だ。
「無駄なんだからバックラインでパスなんて回してるなよ!」
「どこかで奪われて逆襲食らうだけだぞ!」
誰もがわかっていることだが、それをベンチもピッチ上の選手も修正できない。選手交代は森谷からユウジーニョへ。中盤で、唯一、パスをもらう動きを繰り返し行っていた守谷を失い、ますます、パス回しは停滞する。

案の定、バックラインのパス回しの中でボールを失い失点する。直後に交代で入るのは千真。小林が下がり、いよいよパスコースがなくなり、前線の選手の個人力頼みとなる。そこで、さらに失点。

やることが全て裏目に出る。

言葉を失うほどの惨敗。試合を積み重ねるごとに失速していく。あの失点を、ミスと言い切ってしまった良いものだろうか。失点に至るまでにいくつかの必然は生まれていなかったのか。その検証なくして、このクラブに前進の道は見えない。



今日のポイント

● 自らアクションを起こしたのは中村大先生、大黒、森谷、千真のみ。
● 序盤の怪我のアクシデントで選手交代が難しくなった面がある。
● とはいえ、谷口のトラップミスにはビックリ。









試合の写真や意見交換はfacebookで。まずはココから。みなさんのご参加をお待ちしています。「いいね!」を押せば最新情報が届きます。


試合直後のストレートな感想は2階の目線TVでご覧ください。こちらもfacebookpageから。

confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK