malicia witness 2階の目線2010
J1リーグ ヤマザキナビスコカップ10-11シーズン
グループB

6月5日 ヴィッセル神戸  ホームズスタジアム神戸   (stan)

暑い。
日向の待機列は初夏のような陽射し。
これは今日のゲームは厳しくなるな。

予選リーグ6ゲーム中、全チームが4ゲームを消化した時点で勝ち点7。
上に行くには、最低でも勝ち点1は確保する必要がある。
相手は苦手の三浦サッカー。
アウェイという事もあり、先ずは安全に守備から入るのが得策か。

対する神戸は、引き分け以下で終了。
勝ち点3を獲りに序盤からプレスに来る。
その為に、労を厭わない吉田をFWに配したのだろう。

前半、相手の策に見事に嵌る。
暑さを考慮していないかのような前線からのプレスに、
ボールが落ち着かない。

CBに配された小椋にも時間を与えてくれない神戸。
運動量で随所に顔を出すが、前への繋ぎで拾われる清水。
松田にボールが入ると、少しボールが落ち着くが、
精度を欠く一発を狙ったロングフィードが多く、
坂田は追い付けず、渡邉の落としも相手に拾われる苦しい展開。

兵藤に至っては、特に何もしていないように見える。
そもそも、其処までボールが渡っていないという見方もあるかもしれないが、
それならボールを引き出す動きをするなり、守備で貢献するなり、
何か変化を付けなければ。
ただ漫然と与えられたポジションで待っているだけでは何も起こらない。

スターターは、学と坂田を入れ替えただけ。

マイナーチェンジで湘南戦とこうも違ってしまうのは、
神戸がまともというのもあるが、湘南戦での快勝が対神戸では
逆ドーピングのような効果になっているからかもしれない。

もっと簡単に前を向けたのに。
もっと簡単に裏を取れたのに。
こんなに前からプレスに来なかったのに。

失点しないで済んでいるのは、飯倉と栗原の頑張りと、
相手のフィニッシュの拙さが大きい。

後半、湘南戦を思い出せと言うかのように坂田に代えて学。
これで少しボールが回るようになってきたものの、
神戸の守備は湘南のように軽くはない。
押し込み始めるが、決定的シーンには至らない。

メインスタンドの影が伸びてきたとはいえ、日向のピッチは随分暑いだろう。
スコアレスドローでも仕方が無いかな。

弱気は良くない。

3月の対戦と同じような位置での相手FK。
キッカーはポポ。

スコンと決められる。

3月のデジャブのような失点。
嫌な空気が流れる。

ずっと凌いできたのに、あんな失点でナビスコが終わるのか?

そんなの嫌だ。

選手交代。
松田に代えて狩野。
守備面ではカバーリングを中心に機能していた松田だが、
攻撃面では精度を欠いて効果的ではなかった。

狩野が入った事で、守備が不安という意見もあるかもしれない。
だが、1点獲れなければ終わってしまうのだから、そんな事は言ってられない。

メッセージが伝わったのか、或いは最初っから狩野を使っとけば良かったのか
分からないが、前半とは見違えるようにチームが連動し始める。
有機的にパスが繋がり、相手を崩してゆく。
瀬戸際で食い止める相手守備陣。

押し込む。

跳ね返される。

時計の針は進んでゆく。

焦れる。

前半からのハイプレスが祟ったのか、神戸の選手の脚が攣る。
最初に居なくなったのはエジミウソン。
なんだ、エジミウソンなら大分に居た時からよく脚が攣ってたぞ。

ともあれ、厄介だったエジミウソンが居なくなったのは大きい。

程なく、右サイドから崩す。
狭い所を繋いで繋いで最後にマイナスのクロスを押し込んだのは学。

恐らく、今日のゲームでスコアラーとして一番チームが活気付く選手。

ハイプレスに音を上げたのはエジミウソンだけではなかった。
三原も脚が攣って交代。
(三浦サッカーで2人も脚が攣るなんて、神戸の選手は大宮の選手よりもひ弱なんじゃないだろうか。)

貪欲に。

相手は相当凹んでいる。
一気呵成に逆転ゴールを目指す。

ハーフコートゲームのような展開だが、あとひと押しが足りない。

最後のひと押しを担って兵藤に代えて水沼。
学が決めたのだから、自分もと意気込んでいるに違いない。

ペナ付近で良い動きをするが、最後の所で弱気にパス。
何故自分で撃たない?

勝ち点1を分け合って、ゲームは終了した。
ナビスコが終わってしまった神戸の選手は倒れこんでいる。

翻って、此方は最低限の結果を得た。
可能性はまだ残っている。

他力本願?
ホーム&アウェイでこそないけれど、リーグ戦なのだから
そう見えるのは巡りあわせの妙でしかない。

ナビスコの予選、苦手な相手とのアウェイゲームで
「サイトウ」がゴールを決めて勝ち点を得た。
これもデジャブのようじゃないか。

1つも勝っていない?
ホームで全部勝ってるじゃないか。

どういう思いでゲームに臨むか。
きっと、それが大切だ。


今日のポイント

●御崎公園は親子連れも楽しめる良い環境。
●近隣小中学生無料のはずが、6000人ちょっとの入場者とは。
●ボッティはやっぱり良い選手。
●狩野をもっと長く見たい。
●ちょっと細かかったが気にならなかった井上主審。


[今日の査定]一次リーグの突破が見える。












confidential 秘密 message 伝言 photo&movies reference 参考 witness 目撃
scandal 醜聞 legend 伝説 classics 古典 index LINK